京都金杯2018予想・本命はレッドアンシェル

 

☆京都金杯2018予想・本命はレッドアンシェル

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

一年の始まりを告げる東西の金杯ですが、

この京都金杯2018は今年のマイル戦線を占う上で重要な一戦です。

 

暮れの阪神カップではイスラボニータが引退の花道を飾りましたが、

同馬が抜けた事によって、

マイル戦線は新たな主役の登場を待ちわびています。

 

そんな中はしくれの本命◎は5枠7番のレッドアンシェルですが、

先行力とローテーションから有力と判断しました。

今年の京都開幕週は例年とは馬場も違いそうで、

その点を考慮しながら予想致しました。

 

詳しい根拠は予想印と買い目の後にお伝え致しますので、

早速予想をご覧頂きたいと思います。

 

<京都金杯2017予想 印&買い目>

◎レッドアンシェル

○ラビットラン

買い目・・・単勝◎100円、複勝◎・○各100円、馬連◎ー○100円、計400円。




本命◎はレッドアンシェルです。

この京都金杯2018を予想するにあたってまず重視したのは、

京都競馬場の芝状態の回復具合です。

 

昨年11月末までひどい荒れ馬場で施行されたあと、

12月の一ヶ月でどれだけ回復できたかが鍵になります。

例年この時期はAコースの開催となり、

内ラチ沿いが芝目がきれいでインコース有利が定説です。

 

かなり荒れた芝状態を回復する為にとられた措置は、

洋芝を育てる事でカバーするというものですが、

こうなると馬場全体が力を要する馬場になりそうで、

芝が生きている内と外では、より内有利となりそうです。

 

更に前日金曜日には冷たい雨がぱらついており、

完璧な良馬場とはまずいかないと見るべきでしょう。

これらの事からまず内枠の馬に絞って検討しました。

 

そして気になるペースですが、

外枠に入ったウインガニオンが外から被せて行きそうですが、

最初の直線が長いので、自然と前に出るでしょう。

こうなるとあまりペースは上がらないと予想します。

 

これらの事からインコースで先行でき、

前走リゲルステークス勝利で実績も上げた同馬は、

十分勝負になるだろうと判断しました。

この京都金杯2018の本命馬として相応しい一頭だと思います。

 

次に対抗○にはラビットランを指名です。

この京都金杯2018はスローでインコース有利と見ましたが、

同馬は今回2枠2番で切れ味ある4歳馬です。

 

差し脚質がどうかという点だけが気になりますが、

インを果敢に攻められれば逆転も有り得る存在です。

というのも、直線の坂は無いものの、

ローズステークスを制した阪神1800mに似たコーナー2回の外回りで、

ダート上がりの馬だけあってパワーも兼備しているからです。

 

外から差してくる展開だと届かない事が予想される為、

先行できない差し馬にはせめて内枠が欲しいところです。

その点今回は後入れの良い枠を引き当てましたし、

先行馬も多くないので直線は前もばらけそうです。

 

外回りコースなので最後の直線も長いですし、

じっと内で我慢しながら最後の爆発に期待します。

 

買い目は本命◎レッドアンシェルの単勝と、

ワイドの代わりに2頭の複勝、馬連で絞ります。

 

好メンバーのリゲルステークス勝ちの◎レッドアンシェルが勝てば、

これからの視界も大きく開けてくると思います。

この世代の馬たちには成長力がありますから、

更にパワーアップした姿を見せてほしいと思います。

 

*中山金杯2018のはしくれの無料予想は下記リンクからご覧ください。

中山金杯2018予想




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「京都金杯2018予想・本命はレッドアンシェル」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です