有馬記念2017結果・優勝はキタサンブラック

(*画像:http://www.jra.go.jp/レース結果より)

数々の名シーンを届けてくれたキタサンブラック。

多くのファンが詰め掛ける中発走した有馬記念ですが、

沢山のファンの期待に応えて終始先頭を譲らぬ走りで、

見事引退の花道を勝利で飾りました。

 

鞍上の武豊騎手の巧みなリードもさることながら、

実に様々な思惑が交錯した今年の有馬記念でした。

はしくれの本命◎スワーヴリチャードは残念ながら4着という結果でしたが、

キタサンブラックの雄姿はいつまでも忘れる事はないでしょう。

 

それではその偉業達成となった有馬記念2017の結果を、

まずは予想から振り返り、回顧して参りましょう。

 

<有馬記念2017予想 印&買い目>

◎スワーヴリチャード

○キタサンブラック

▲ミッキークイーン

買い目・・・単勝◎100円、馬連◎ー○100円、ワイドボックス◎~▲各100円、計500円。

 

結果はこちらです。

 

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎スワーヴリチャードは4着・・・。

早速有馬記念のレースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

ほぼ揃った飛び出しになりました。

はしくれの◎スワーヴリチャードはちょっと出負け気味になりましたが、

全体的には中々良いスタートだったと思います。

 

ここからキタサンブラックが早速先頭を窺いますが、

思った以上に他馬が絡んでいく素振りは見せません。

 

 

1週目のスタンドを通過する際にも特に動きは見られず、

キタサンブラックを除く人気各馬は殆ど後方に位置しています。

キタサンブラックが先頭で外にシャケトラ、

インでヤマカツエースが脚を溜める展開です。

 

 

1000mの通過タイムは1分1秒6でしたが、

誰よりもペースが読める武豊騎手に楽に逃げられては、

後続にはひとたまりもありません。

 

2週目に差し掛かりますが、

緩い流れになったここでも各馬動きは見られずに、

赤枠で囲ったスワーヴリチャードもまだこの位置です。

 

 

馬群が凝縮したまま迎えた勝負どころの600m、

外からまくるように進出する人気各馬ですが、

キタサンブラックは持ったままです。

持久力勝負に持ち込みたかったカレンミロティックなどは下がっていきます。

 

 

4コーナーです。

巧みなスローペースで捌いた武豊騎手の絶妙なリードで、

キタサンブラックが内から悠々先頭に踊り出ます。

後続各馬もスパートをかけますが、

中々追いつく気配がありません。

 

 

そうこうしている内にキタサンブラックが更に後続を突き放しにかかり、

2番手以下は追い比べの大混戦になります。

赤丸のスワーヴリチャードも良く追い込んできましたが、

中からはシュヴァルグラン、

そして更に内を割ってクイーンズリングも突っ込んできます。

 

 

熾烈な2番手争いを尻目に、キタサンブラックと武豊騎手が堂々逃げ切ってゴール。

有馬記念の逃げ切りというのはダイワスカーレット以来9年振りです。

う~ん・・・本当に素晴らしいですね。

 

今回はしくれが予想した際最も重視したのは

「キタサンブラックへのプレッシャー」でした。

これほどの歴史的名馬が簡単に逃げを打てるだろうか、

という懸念がありましたが、

これは全く杞憂に終わり、予想家としての実力の無さを痛切に反省しています。

 

そもそもこの結論には社台グループの思惑も考慮したのですが、

それは「他牧場生産馬に簡単に勝たせるだろうか」という疑問からでした。

ただ、キタサンブラックはブラックタイド産駒ですし、

社台スタリオンステーションで種牡馬入りも決まってますから、

それほど気にする内容ではなかったのかも知れません。

 

ダイワスカーレットとは違い、直系の社台系とは言い難いですから、

逃げられるかを憂慮していましたが、これではっきり結果が出ました。

 

また、このレースでのパドック予想の配信結果はというと・・・。

 

 

こちらでした。

このところ予想印は2頭に絞る事が多いのですが、

今回は仕上げが僅差で4頭に印を回しました。

着順的には4→3→1→2着ですが、4着以内を独占です。

 

当ブログ予想で▲に推したミッキークイーンを外しましたが、

同馬は体が細化しており、推奨する事はできませんでした。

スワーヴリチャードは前走よりも良かったですし、

シュヴァルグラン、キタサンブラックもJC同様に良い仕上げでした。

そしてクイーンズリングですが、

この馬がエリザベス女王杯を勝った時と同等に仕上がっていました。

 

やはりパドック予想の方が精度が高くなってしまいますが、

データ予想ももっと精度を上げて行きたいと思います。

因みにはしくれのこの有料メルマガ配信「はしくれのパドック」は、

新たなスタートに向かって現在、様々な見直しを行っています。

来年以降新たな形でスタートさせたいと思いますので、

どうぞ皆さんご期待ください。

 

さて、キタサンブラックの優勝により終焉した有馬記念2017。

皆さんはいかがでしたか。

はしくれの予想を参考にして下さった皆さんには、

重ねてお詫び申し上げます。

そして、優勝したキタサンブラックの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆さんに、心よりお祝い申し上げます。

 

今年はこれで終わりではなく、

ホープフルステークスを残しています。

この一戦も全力で予想して参りますので、

どうぞお楽しみになさってください。

それでは。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です