ターコイズステークス2017結果・ミスパンテール優勝

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

先週の土曜日は中山競馬場で牝馬限定のGⅢ、

ターコイズステークス2017が開催されました。

 

冒頭画像は2着に入ったフロンテアクイーンですが、

優勝したのはミスパンテールで重賞初制覇となりました。

このミスパンテールの画像が無かったのでフロンテアクイーンを掲載致しましたが、

同馬も僅差の2着に入り、賞金を加算しました。

 

ハンデ戦らしく大混戦になったターコイズステークスですが、

まずははしくれの予想からご覧頂き、

結果の回顧へと参りましょう。

 

<ターコイズステークス2017予想 印&買い目>

◎バンゴール

○ラビットラン

▲ペイシャフェリス

買い目・・・単勝◎、ワイド◎~▲ボックス各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<ターコイズステークス2017結果 全着順&払い戻し>

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎バンゴールは10着・・・。

中々良い走りをしてくれましたが、上位入線はなりませんでした。

それでは早速、レースの回顧へと参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

大体そろったスタートになりました。

一塊という感じで早くも混戦の予感があります。

この中から誰が行くのか周りを窺う各馬でしたが・・・。

内から6番のリエノテソーロが先頭に立ちました。

 

 

はしくれの▲ペイシャフェリスはこれを見て2番手に控えます。

3番のオートクレールがこれに続いて3番手、

外からは先行馬ディープジュエリーが続きます。

ペイシャフェリスが逃げなかった事以外は、

大体予想に近い展開で前が流れていきます。

 

 

最初の600m通過は35秒9という時計で、

特段速い流れにはなりませんでした。

これも予想通りの展開でしたが、

何分、◎バンゴールは位置取りが後ろ過ぎましたね。

包まれていますので最後苦しくなりそうでした。

 

 

4コーナーの状況です。

スローペースで流れたために馬群は一塊になり、

横一線に広がっての最後の攻防に入ります。

現時点ではバンゴールの進路は殆ど有りませんので、

石橋騎手はここから外に進路を切り替えてスパートします。

 

 

赤丸で囲ったのがバンゴールです。

ようやく進路を確保した時には既に前との差が広がっていました。

ここから良く追い込んできますが、

横一線の大混戦で内に切れ込む事ができません。

この坂を上るところで、先行集団が飲み込まれて行きましが、

届く距離ではありませんでした。

 

 

最後もご覧のとおりの大混戦をミスパンテールが差し切って優勝。

鞍上の横山騎手も、「やった」という感じでした。

2着にはクビ差でフロンテアクイーンが入りました。

外の3着には外差しが得意なデンコウアンジュです。

 

今回のレースが終わってまずはしくれが思ったのは・・・。

「ああ、面白かった」という、率直な感想です。

馬券としては外れてしまい、皆さんには申し訳ございませんでしたが・・・。

これが正直な気持ちです。

 

やはりハンデ戦というのは横一線こそ醍醐味ですので、

ハンデキャッパーの評価はかなり当たっていたと思います。

最後の50mなどは本当に大混戦で、

一体どれが何の馬なのか良く分かりませんでした(^^;)

 

予想家としてはこういう紙一重のレースを的中できると嬉しいのですが、

今回は残念ながら力が及びませんでした。

予想を的中された方はおめでとうございます。




さて、優勝したミスパンテールはこれで重賞初制覇でしたが、

やはりマイルはソウルスターリングの2着もあるだけに強力でしたね。

3歳牝馬でハンデも軽く、末脚も武器になるのでキャラは合っていたようです。

この馬はやや重馬場の桜花賞を除いてしまえば、

実績的にはマイル戦で全連対と優秀です。

これからもこういう条件では無視のできない存在になりそうです。

 

そして2着のフロンテアクイーンも、やはり素質上位の馬です。

もう一度冒頭画像をご覧頂きますと・・・。

 

 

ちょっとぼやけてしまっていますが、

まだ前走(ユートピアステークス)時は、

仕上がり途上だったのがお分かり頂けますでしょうか。

 

少し冬毛が目立っており、馬体も緩かったですから、

今回馬体がしっかりしてきて好走に繋がったのでしょう。

実は今回ははしくれは私用でパドックが見られませんでしたので、

この点はっきりと解説できずに申し訳ございません。

 

ただ、伸びしろを考えたとき、同馬の好走は予期できたかなと、

反省をしています。

 

そして3着デンコウアンジュは、走破タイムがぴったりでした。

同馬が今回記録した1分34秒2は、

ヴィクトリアマイルで2着した1分34秒1とはコンマ1秒しか違いませんし、

アルテミスステークスを制した時もこの時計でした。

 

今回、全体の走破時計はもう少し速くなると読んでいましたが、

スローでこの時計というのは、

結果的にこの馬に向いた展開になったと思います。

もし同馬が出走した際、ペースと全体のタイムが読めるのであれば、

この事実はこれからも役に立つかもしれません。

 

◎バンゴールはまだ見限れない走りでしたし、

○ラビットランも良く4着に入ったと思います。

▲のペイシャフェリスは休養明けが響いたようです。

今後この馬たちの動向にも注目が必要ですね。

 

ということで今回のターコイズステークス2017の結果は、

ハンデ戦らしい横一線のゴール前となりました。

優勝したミスパンテールと横山騎手も合っていそうで、

このコンビの次走以降も非常に楽しみですね。

 

来春のヴィクトリアマイルに向けて戦いは始まっています。

各馬順調に冬を越して元気に春を迎えてくれる事を願っています。

 

*優勝したミスパンテールの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。おめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「ターコイズステークス2017結果・ミスパンテール優勝」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です