朝日杯FS2017予想・本命はタワーオブロンドン

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今週の日曜日は阪神競馬場で、

GⅠ朝日杯FS(フューチュリティステークス)2017が開催されます。

 

朝日杯FSと言えば、

暮れの2歳チャンピオン決定戦という位置付けでしたが、

今年から新たにホープフルステークスがGⅠに昇格したため、

「2歳マイル王決定戦」

という趣旨に変化した一戦です。

 

この一戦ではしくれの本命◎はタワーオブロンドンに決定しましたが、

同馬には距離適性の不安なども囁かれています。

それを承知で本命に推した今回の一戦ですが、

まずは出馬表からご覧頂き、

予想の根拠をお話していきたいと思います。

 

<朝日杯FS2017出馬表>

 

<朝日杯FS2017予想 印&買い目>

◎タワーオブロンドン

○ステルヴィオ

買い目・・・単勝&複勝◎、馬連&ワイド◎ー○各100円、計400円。




本命◎はタワーオブロンドンです。

今回、予想するにあたってはしくれが最重視したのは、

馬体のつくりそのものです。

 

今年の2歳世代の馬には特徴のある馬が多く、

中でもタワーオブロンドンは、一目惚れした一頭でした。

 

 

見て下さい、この発達したトモの筋肉。

大きくて丸みがあって、こちら側に張り出しています。

これは京王杯2歳ステークスを完勝した際のパドックですが、

この仕上がりでさえまだ完璧に仕上がっているとは言えません。

 

この時点で他馬よりも既に垢抜けた存在でしたが、

まだ全体的な緩さや幼さが残っている体型でもあり、

それだけにまだ伸びしろがあるのは間違いないと思います。

 

この京王杯2歳ステークスでは、

函館・小倉両2歳ステークスの覇者を切って捨てましたが、

それだけに距離の壁も囁かれています。

(京王杯2歳ステークスの結果はこちらから)

 

そこで、はしくれはこの距離説をどう見ているのかと言いますと、

マイル戦までなら十分、こなせておかしくないと思います。

というのも、

同馬は全体的にむっくりとした肉付きが良い馬体のタイプで、

それでいてお腹はきっちり絞れてくるタイプだからです。

 

こういうむっくりした馬体のタイプは距離の壁もよくありますが、

この馬に限っては全体のバランスが特に良好です。

全体的に丸みが強すぎる事も有りませんので、

多少距離を伸ばしたとしても、カバーできると思います。

 

また、馬体だけでなくデータ面からも後押しがあり、

過去3回の阪神開催のこのレースの特徴的に、

直線で適度にバラけて末脚勝負になりそうです。

 

 

これは過去3年分の朝日杯FSの結果ですが、

赤枠で囲った上がり3Fの数字を見て下さい。

赤い背景の数字が上がり最速馬の記録であり、

青い背景の数字が上がり2位馬の記録です。

 

どうでしょう、

過去3年では上がり1~2位馬がワンツーフィニッシュを決めており、

いかに瞬発力が大切であるかを物語っています。

となれば過去4戦で3回の最速上がりをマークしている、

同馬の瞬発力が更に勢いを増しておかしくないです。

 

阪神コースはききょうステークスを3馬身差の楽勝でしたし、

ルメール騎手が乗る事からも、勝機だと思います。

 

次にはしくれが注目したのが、

対抗○のステルヴィオです。

 

 

こちらはタワーオブロンドンと違ってまだ華奢な感じですが、

バランスとトモの筋肉に優れた、将来性豊かな馬です。

 

こういう絞れた馬体のタイプは瞬発力に良いものがあり、

実際同馬は3戦中で2戦が最速、1戦が2位を記録しました。

特筆すべきはサウジアラビアロイヤルカップでの末脚ですが、

レース上がりを1秒2も上回る、33秒5という数字を記録しています。

(サウジアラビアロイヤルカップの詳細はこちらから)

 

このレースではダノンプレミアムを捕らえられずに2着でしたが、

今回は更に末脚が生きる舞台設定が追い風です。

レコード決着の反動も、

前で運んだダノンプレミアムよりは少ないと思いますし、

乗り替わりのC.デムーロ騎手とも合うと思います。

 

買い目はタワーオブロンドンを中心に、絞った馬券で狙います。

 

さて、今回の朝日杯フューチュリティステークス2017は、

はしくれにとってもタワーオブロンドンに期待を寄せる一戦です。

かつて藤沢厩舎に所属していた、

名馬タイキシャトルのように活躍し続けて欲しいものです。

 

まずはこのマイル戦の距離が鍵になりますが、

同馬の追い風になれるよう、

精一杯応援したいと思います。

 

それでは、皆さんの日曜日が楽しいものになりますように・・・。

グッドラック☆



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「朝日杯FS2017予想・本命はタワーオブロンドン」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です