阪神ジュべナイルフィリーズ2017予想・本命はラッキーライラック

 

未来を見据える牝馬18頭が、

一堂に介した阪神ジュべナイルフィリーズ2017。

予想は本命◎ラッキーライラックとなりましたが、

同馬は前走アルテミスステークスを快勝しての参戦です。

 

ファンタジーステークス優勝馬ベルーガの骨折は残念ですが、

それでも十分楽しみな顔ぶれになった一戦だと思います。

どの馬が逃げ、どんな展開が予想されるのか。

今回もじっくり予想しましたので、ぜひご覧下さい。

 

それではまずは出馬表からご覧頂き、

予想と買い目の発表へと移って参りましょう。

 

<阪神ジュべナイルフィリーズ2017出馬表>

 

<阪神ジュべナイルフィリーズ2017予想 印&買い目>

◎ラッキーライラック

○ロックディスタウン

▲コーディエライト

☆ラテュロス

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。



本命◎はラッキーライラックです。

今回同馬を本命に推した最大の理由は、

前走でタフな馬場を経験し、そこで結果を出してきたからです。

 

前走のアルテミスステークスの結果は、

こちらの2017アルテミスステークス結果に記述しましたが、

あの天皇賞秋の極悪馬場に変貌する直前の、

雨で馬場が重たくなり始めた、力を要する一戦でした。

 

今回のレース当日は雨予報も出ているところで、

この予報がどうなるにせよ、

実力を発揮できるであろう同馬に魅力を感じます。

 

馬場状態を気にせずに済み、

得意のマイルで瞬発力にも持久力にも秀でた同馬は、

例年の上位馬と比べても素質は全く見劣りません。

 

先行各馬を見ながら運べる中枠11番も良い枠と言え、

デビューから手綱を取る石橋騎手にもチャンスです。

外回りの長い直線も東京で経験済みで、

ローテションにも余裕の有る隙の無い本命馬です。

 

対抗○にはロックディスタウンです。

同馬は今回ラッキーライラックと人気を2分する存在ですが、

それもそのはず、牡馬に混じって札幌2歳ステークスを完勝してきました。

 

このレースからは3ヶ月間の間隔が開いていますが、

ハープスターの登場に沸いた4年前の当レースでも、

終わってみればここを制したレッドリヴェールの優勝でした。

 

大外枠の18番も決して不利とは言えない枠で、

最後の枠入れになる事からもスムーズにスタートを切れるはずです。

位置取りも不問で器用さがあり、

こちらもラッキーライラック同様、晴雨兼用タイプだと思います。

 

それというのも力を要する洋芝で適性を見せていますし、

重馬場で強いルメール騎手が騎乗するのも好感です。

このルメール騎手は現在当レースを2連覇中と得意にしており、

同馬は遠征も苦にしないので上位を狙えると思います。

 

▲はコーディエライトです。

今回の一戦がどういう展開になるのかが鍵ですが、

ハナに立つのはおそらく同馬だろうとはしくれは予想しました。

 

最内枠にダッシュ力のあるサヤカチャンも控えていますが、

こちらの陣営のコメントでは「逃げなくても良い」と発言があり、

最後の長い直線に備えて控える姿勢が感じ取れます。

 

先行馬が多い為に無理は禁物と言えそうですが、

外枠に入った同馬としては、早めに位置を取りたいはずです。

なぜなら同馬はこれまで殆ど、逃げる競馬しかしてないからで、

無理に他馬に合わせて行くよりいつも通りが吉と出そうです。

 

GⅠの大舞台でいきなり戦法を変えてみるのは、

まだ若い2歳牝馬には酷な事でもあります。

各馬が他馬の出方を窺う今回のような時にこそ、

自分の競馬に徹するであろう同馬に一票を投じます。

 

最後☆にはラテュロスです。

この馬はアルテミスステークスで3着と善戦しました。

勝ち馬ラッキーライラックとは少し差をつけられましたが、

3戦連続マイルを使われ、全て馬券圏内の堅実派です。

 

今回は先行馬が多く、それでいてペースは上がらなそうですが、

インに潜んで一伸びを狙える、絶好の枠を手に入れました。

更に他馬にない強みとしては阪神マイルを2戦しており、

経験の面では他馬を確実にリードしている事です。

 

特に初戦の新馬戦では不利がありながら僅差の2着で、

タイムも1分34秒1と出走馬中1位の持ち時計です。

GⅠで全体的な流れが速くなるのは必至ですし、

それでいて抑えが利く気性の良さも武器になります。

 

人気の盲点になっていますがパフォーマンスの高い馬です。

馬体も仕上がりやすいタイプで、好位差しに期待です。

 

・・・馬券は的中の重複を狙って、ワイドボックスを選択です・・・

 

2歳戦はデータが少なく難解と言われますが、

当レースも無敗馬が5頭、全連対馬が9頭と、目移りする一戦です。

来年の桜花賞へ向けて試金石の一戦ですから、

一瞬たりとも見逃さず、レースに集中したいですね。

 

この阪神ジュべナイルフィリーズ2017を見事に制して、

本命ラッキーライラックが更なる進化を遂げてくれるよう、

はしくれは願っています。

 

それでは皆さんの日曜日が、

素敵な一日になりますように・・・。

グッドラック☆

 


投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です