中日新聞杯2017予想・本命はスズカデヴィアス

皆さんこんにちは、はしくれです。

土曜日は中京競馬場で、

GⅢ中日新聞杯2017が開催されます。

 

昨年までは春に施行されていたこのレースですが、

大阪杯のGⅠ昇格に伴い、

金鯱賞と入れ替える形で年末の施行となりました。

 

出走メンバーは一癖ある馬が多いメンバー構成ですが、

そんな中はしくれの本命◎はスズカデヴィアスに決定。

その予想の根拠をこれから説明したいと思います。

 

それではまずは中日新聞杯2017の出馬表からご覧頂き、

予想印と買い目、予想の根拠へと参りましょう。

 

<中日新聞杯2017出馬表>

 

<中日新聞杯2017予想 印&買い目>

◎スズカデヴィアス

○マウントロブソン

▲マキシマムドパリ

☆ミッキーロケット

買い目・・・ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計300円。



本命◎はスズカデヴィアスです。

同馬はこれまで重賞勝ちの実績こそ有りませんが、

3歳時にはダービー(9着)にも出走、

早くから実力の片鱗を覗かせていた、

現在6歳の晩成馬です。

 

オープン昇級後は中々、

結果が出ない時期が続きましたが、

今年は大阪杯を除く6戦で掲示板を確保しており、

安定感と充実振りで他馬を凌いでいます。

 

当レースの年末への施行時期の変更により、

レースの傾向が変わってしまうことも考えられますが、

この中日新聞杯というレースは、

近走安定した実績を残してきた馬が、

好走する傾向が多い一戦です。

 

GⅠやGⅡばかりを使われてきた実績からも、

陣営の期待の高さが窺われる同馬ですが、

オープンやGⅢではやはり格上の存在と思われ、

その期待に応えるだけの実績を近走では残しています。

 

後は内枠2番という枠を、

藤岡康太騎手がどう捌くかに注目ですが、

最後内から外に切り替えて勝負に出ると予想します。

これがはまれば最後の直線は、抜け出しが決まるでしょう。

 

対抗○にはマウントロブソンです。

同馬は現在4歳ですが、

昨年の菊花賞後に休養期間があった為に、

現在合計12戦と消耗が少ないのが特徴です。

 

今年の夏に福島テレビオープンで復帰しましたが、

長期休養もなんのその、

見事優勝を果たしました。

 

堀調教師は馬を大事に育てて、

実力を開花させる事にかけては超一流の調教師ですが、

同馬は元々GⅡスプリングステークス勝ちの実績もあり、

素質的にも他馬には全く見劣りしない一頭です。

 

枠も内目の4番枠と良いところに入りましたが、

何分今回は位置取りが後ろになりそうなのが不安点です。

先行馬が多い割にはあまりペースも上がらなそうで、

差して競馬をする同馬には、この点が課題になるでしょう。

 

ただ、それを差し引いても、

本命と迷うほどの力量馬と考えられ、

直線で前を捌ければ逆転もあると思います。

 

▲にはマキシマムドパリです。

同馬は前走・エリザベス女王杯を経由してきましたが、

この大舞台で4着と、

人気に反してあっと驚く快走を見せました。

 

スローペースと荒れた馬場を考慮しても驚きましたが、

今年はGⅢマーメイドステークスの優勝もありますし、

実績と勢いからも軽視のできない一頭です。

 

特に今回はそのマーメイドステークスと同じ2000mで、

距離適性を考えても好走確率は高いでしょう。

展開的には先行集団がごった返して、

少し外目を回らされそうですが、

スタミナ的にはその状態でも最後まで持つと思います。

 

スタートを決めてなるべく早くポジションを取りに行きたいところで、

それが叶えば最後はスムーズな競馬ができると思います。

 

☆にはミッキーロケットです。

この馬は昨年秋から大舞台ばかりを使われて来ました。

その皮切りになったのが神戸新聞杯ですが、

ここをサトノダイヤモンドの2着と健闘しています。

 

サトノダイヤモンドがその後の有馬記念で、

キタサンブラックを破った事から、

この時点での同馬のレベルが高かったことは間違いないです。

 

ローテーションも一流馬と同等のローテーションが敷かれており、

そんな中でも善戦を繰り返している辺り、

実力は高いです。

 

あとは外にもたれる癖がきちんと直れば良いのですが、

直線の短い中京ですし、

前走の天皇賞で左回りは経験しました。

これらが吉と出た時には、あっさりがあってもおかしくないです。

 

馬券はスズカデヴィアスからの流し馬券で、ワイドで的中を狙います。

 

さて、今年から開催時期を入れ替えたこの中日新聞杯2017ですが、

本命スズカデヴィアスには、頑張ってもらいたいです。

かなり絶妙なハンデになった印象もありますので、

最後は横一線の大混戦が想定されます。

 

はしくれもパドックをきっちり確認していきますので、

結果を回顧する際もぜひ、お楽しみになさって下さい。

 

それでは、皆さんの土曜日が、

充実したものになりますように・・・

 

グッドラック☆



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です