ステイヤーズステークス2017結果・アルバート優勝

*画像はアルゼンチン共和国杯出走時のアルバートです。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

日曜日は中京競馬場でチャンピオンズカップが開催されましたが、

土曜日は中山競馬場で、

冬の風物詩・ステイヤーズステークス2017が開催されました。

 

日本競馬の平地競走では最長距離を誇るこのレースですが、

今年も優勝はアルバートが飾り、

これで同馬は同一重賞3連覇を達成しました。

 

道中から余裕の手応えで最後も貫禄の勝利でしたが、

果たしてはしくれの予想は的中したのでしょうか。

まずは予想から振り返り、

結果の報告へと参りましょう。

 

はしくれの予想は、以下の通りでした。

 

<ステイヤーズステークス2017予想・印&買い目>

◎アルバート

○フェイムゲーム

▲シルクドリーマー

☆シホウ

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)




はしくれの本命◎アルバートが優勝・・・!

トリガミにはなってしまいましたが、

予想の結果としては本線の的中という嬉しい結果となりました。

 

それでは早速、

ステイヤーズステークス2017の結果を振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

揃った飛び出しとなりました。

さすが歴戦の古馬たちですね、

落ち着いたスタートです。

 

ここからまずは何が行くかの探りあいになりましたが・・・。

やはり内からグランアルマダが他馬を制して行きました。

 

 

これはもう、読めていた展開というか、

他に逃げそうな馬も居ないので、

まず予期した通りの先行策でした。

 

2番手には▲シルクドリーマーが付け、

各馬もこの後ろに隊列を作り、

序盤はゆったりとした流れになります。

 

 

1週目のホームストレッチです。

このステイヤーズステークスでは3600mを走りますから、

まだまだここでは序盤という感じです。

 

隊列は最初と殆ど変わりませんが、

最後方で唯一頭、サイモントルナーレが離されて行きます。

この時点で既にスタミナが切れてしまったような走りでした。

 

2週目の1~2コーナーを過ぎた時点でも隊列は変わらず、

動きが見られたのは残り1000mを切った辺りからでした。

ここから4コーナーにかけての勝負どころを迎えた各馬、

ギアチェンジした▲シルクドリーマーが2番手から先頭に立ちます。

 

 

4コーナーの画像です。

シルクドリーマーの仕掛けを見ていた後続各馬も虎視眈々、

外からは早めに動いた○フェイムゲームが押し上げてきます。

 

この時点ではまだ勝敗を決する仕掛けは早かった感がありますが、

これをじっくり見て行ったのが◎アルバートとムーア騎手でした。

 

 

最後の直線ではこのフェイムゲームが抜け出しを図り、

一旦は後続を離す形で先頭に立ちました。

ですが、これを目掛けてすぐさま◎アルバートが差し込んで来て、

これで人気両頭の一騎討ちとなりました。

 

仕上がりも良かったこの2頭のスタミナは、

やはり他馬をかなり凌いでいたように思います。

どちらも絶好の手応えでしたが、

満を持して追い出されたアルバートの方が優勢で、

最後まで脚を伸ばして栄光のゴールを駆け抜けました。

 

 

これでアルバートはステイヤーズステークスの3連覇達成です。

毎年このレースでは実に強い競馬を見せてくれますが、

今年も全く危なげない走りで、ライバルを完封しました。

 

終わってみれば1→2→3番人気で、

非常に堅い決着となったステイヤーズステークス2017でした。

この一戦ではしくれのパドックではどういう評価を下したかというと・・・。

 

 

やはり本線は変わりませんね。

特に◎アルバートに関しては、

明らかに今回が本番という仕上がりで、

アルゼンチン共和国杯は叩き台だったんだと思わざるを得ませんでした。

かなりきっちりと仕上がっており、

緩さを感じさせないシャープな馬体が素晴らしかったです。

 

対して○フェイムゲームも、

+16kgという数字が全く気にならない仕上がりにあり、

逆転も狙えるくらいでした。

この2頭はデータ的にもパドック的にも完全に抜けた存在でしたね。

 

そして▲シルクドリーマー、これも当ブログ予想と同じでした。

こちらも+16kgでしたが、重め感は無く好仕上がりでした。

結果は7着と今一でしたが、

これは仕掛けが早かった事も影響したと思います。

 

実際、4コーナーで交わし去ったグランアルマダに、

最後は差し返されていますし・・・。

 

悩んだのは4番手でした。

ブログ予想では☆にしたシホウでしたが、

予想時にもお伝えしたとおり、

太目は禁物の馬だけに+14kgが響きました。

 

いつも以上に腹袋が目立つ仕上がりで、

この影響で馬体のバランスが崩れてしまっていました。

かと言って他に目立つ馬も居ませんでしたが、

無駄の無い馬体をしていたデルマサリーチャンを穴に据えてみました。

結果は9着と離されましたが、

この馬なりに走ってくれたと思います。

 

こうして見ると良くある事ですが、

データ予想に時間を割いても、

パドック予想での10~15分足らずの時間と予想の質が変わらず・・・。

やはりパドックは効率的だなと改めて思います。

 

既に当ブログをお読み下さっている皆さんには、

もう見飽きたかと思われますが・・・。

パドックの見方、お教えします!

で今一度パドックの基本をご覧になって下さい。

 

さて、今回の3連覇でアルバートとムーア騎手の絆を再認識しましたが、

来年同馬は4連覇をかけて挑戦してくれるでしょうか・・・。

はしくれはまだまだアルバートには頑張ってほしいと思っており、

衰える兆候も見えませんので楽しみにしています。

 

ところで皆さんのステイヤーズステークス2017は、いかがでしたでしょうか。

かなり的中した方が多いのではないかと思いますが、

上手く利益を出せた方はとても馬券上手だと思います。

 

はしくれもこの点を更に研究し、

回収率の向上に努めて参りますので、

どうぞこれからも変わらぬご声援を賜りますよう、

よろしくお願い申し上げます。

 

*優勝馬アルバートの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です