チャンピオンズカップ2017予想・本命はグレンツェント

 

予想の手がかりを掴むのが難しいチャンピオンズカップ2017。

歴戦のダートの強豪が一同に介したこの一戦で、

はしくれが本命◎に推したのは4枠8番のグレンツェントです。

 

今回のチャンピオンズカップ2017の予想の難点としては、

展開とペースが読みづらいという点がまず挙げられますが、

この点に一つの突破口を見つけ出して臨む今回の予想。

どうぞじっくりお読み頂き、皆さんの予想のお役に立てて頂ければ幸いです。

 

それでは、先ずはチャンピオンズカップ2017の出馬表からご覧頂き、

はしくれの予想と印、買い目の発表へと参りましょう。

 

<チャンピオンズカップ2017出馬表>

 

<チャンピオンズカップ2017予想・印&買い目>

◎グレンツェント

○ノンコノユメ

▲サウンドトゥルー

☆ケイティブレイブ

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。



本命◎はグレンツェントです。

今回のチャンピオンズカップの予想の難点としては、

先述の通り展開とペースが非常に読みづらい点に尽きます。

 

それと言うのも、

逃げずに結果を出しているコパノリッキーの存在や、

前に行って結果を出しているテイエムジンソクの外枠スタートなど、

各馬がどの程度ペースを上げてポジションを取りに行くのか、

枠順を考えると非常に難しいからです。

 

中京開催になったチャンピオンズカップが、

3年を経てインコースで脚を溜められる事が理想的だと分かった以上、

各騎手なんとかこのポジションを確保したいところでしょうし、

それに縛られて位置取りが苦しくなるのもまた敬遠したいところです。

 

そこで白羽の矢が立ったのがこのグレンツェントという訳ですが、

同馬は今年の東海ステークスで、

今回と同枠である馬番8番で勝利しており、

その際は鋭い末脚を駆使してコース適性も感じさせました。

 

実際この距離1800mは5-2ー0ー1の実績ですし、

左回りは3-0-1-0で安定感は抜群です。

休み明けから叩き2戦目も2-0-0-1と得意ですし、

JCB時の冒頭画像を見ての通り、仕上がりも上向いています。

 

好走歴の多い馬番8番という好枠を得て、

ジャパンカップ優勝騎手のボウマン騎手と勝利を狙います。

 

 

対抗○にはノンコノユメです。

悩みに悩んだ今回のチャンピオンズカップ2017のペース予想ですが、

先行したい馬が外枠に多く、

早い内にインに切れ込もうとしてミドル~ハイになると見ました。

 

レースの序盤でペースが上がれば最後は末脚も活きてきそうで、

復調気配が窺える同馬の切れ味が武器になると思います。

その前走の武蔵野ステークスでは差し馬としては最先着で、

鞍上のC.デムーロ騎手とのコンビで連戦なのも頼もしいです。

 

更に同馬は今回馬番4番という枠に入りましたが、

この枠は中京開催のチャンピオンズカップで、

3年連続馬券圏内と大当たりの枠でもあります。

 

早めにインが取れそうなのも間違いのないところですし、

最後は前を上手く捌けば末脚爆発も有ると思います。

今回は長期休養から立て直された、叩き2戦目に期待大です。

 

 

▲はサウンドトゥルーです。

同馬は昨年のチャンピオンズカップ2016で見事差し切って優勝しましたが、

一昨年も3着しており、コース適性は随一です。

 

今回は好走例の無い7枠14番からのスタートですが、

チャンピオンズカップを知り尽くしている同馬を無警戒にはできません。

主戦の大野騎手といつも人馬一体の走りを見せていますし、

ダート1800mも4-2-5-0と大得意にしています。

 

前走ではJBCで優勝と勢いも十分で、

ローテーションにも狂いが無いのは充実している証拠です。

枠順が鬼門ですが、これさえ抜ければ末は堅実、

豪脚を繰り出して一気に差を縮めるでしょう。

 

 

☆にはケイティブレイブです。

同馬は今回実績の無い中京コースが難点ですが、

今の同馬の充実振りなら期待の方が大きいです。

 

それというのも展開不向きなフェブラリーステークスで6着した以外、

近5走では全て5着以内と安定感抜群だからです。

 

しかも毎回競馬の形も異なった内容ですから、

とりあえずインを確保しておいてペースに合わせる判断も可能で、

この点を考慮すると無印は危険と判断しました。

 

更に同馬は距離適性でも他馬より優れた実績を持ち、

ダート1800mでは2-3-3-0と4着以下が有りません。

 

枠も好枠の馬番2番で、すんなりインが取れるはずで、

あとは長い直線で追い出しのタイミングを計れば、

抜け出してからの粘り込みも、十分あると思います。

 

買い目は実力伯仲と見て、ワイドボックスを選択です。

 

さて、ダート路線というのは冬場こそが本番ですが、

これから年末の東京大賞典、

年明けの川崎記念からフェブラリーステークスに向け、

更に熱気を増してくるのは間違いの無いところです。

 

ここできっかけと賞金を加算して今後の出走を確実にしたい各馬が、

激しく競り合うチャンピオンズカップ2017を楽しみに致しましょう。

 

砂塵の向こうで凱歌を上げるのはどの人馬になるのか―。

皆さんの日曜日が充実したものになりますように。

 

それでは、グッドラック☆



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です