京都2歳ステークス2017結果・優勝馬はグレイル

皆さんこんにちは、はしくれです。

土曜日の京都競馬場では、

GⅢ京都2歳ステークス2017が開催されましたが、

ホープフルステークスに向けての重要な一戦だけに、

好メンバーが顔を揃えました。

 

この京都2歳ステークスで優勝したのは、

断然の1番人気タイムフライヤーではなく、2番人気のグレイルでした。

はしくれも期待していたタイムフライヤーですが、

果たしてその着順やいかに・・・。

 

大本命馬の着順が気になるところではありますが、

まずは予想からご覧頂き、

それから京都2歳ステークスの結果をお伝えしたいと思います。

それでは参りましょう。

 

<京都2歳ステークス2017予想 印&買い目>

◎タイムフライヤー

○マイハートビート

▲グレイル

☆ケイティクレバー

買い目・・・◎~☆ワイドボックス各100円、計600円。

 

結果はこちらです。

 

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*><*)

 

はしくれの本命◎タイムフライヤーは2着・・・。

それでは早速結果を振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

3番の○マイハートビートが少し出遅れます。

各馬は殆ど横一列で、取り立てて不利はありません。

内枠の各馬が行き脚をつけて上がって行きますが・・・。

 

大方の予想通りに☆ケイティクレバーが先手を奪いました。

 

 

このケイティクレバーが勢い良く飛び出して、

最内枠を利した逃げで後続を引っ張りますが、

すぐに4番の同型アイトーンも並走して2頭が先団を形成します。

 

これで流れが速くなるかと思いきや、

やはりどちらもスローで逃げるタイプなだけに、

予感した通りのスローの逃げでスタミナ温存の流れになりました。

 

この2頭を見る形で◎タイムフライヤーが続き、

それを見る形で▲グレイルが続きます。

1000mの通過タイムは1分1秒7の時計で、

ゆったりとした流れになり、後続には厳しい展開となりました。

 

 

この600mの地点では馬群が凝縮してきますが、

これより前の1000m通過地点では、

最もペースが緩んだ一幕がありました。

 

序盤がスローで流れた事もあり、

ここで更に息を入れられた先行勢は余力十分。

最後にはギアチェンジをして瞬発力を問われる展開になりました。

 

 

一旦は後方から○マイハートビートが捲くってくるシーンもありましたが、

スローで余力を残した先行馬がスパートをかけると、

置いて行かれてしまいます。

 

そうこうする内、3番手で溜めていた◎タイムフライヤーが一気に抜け出しを図り、

実況アナもその手応えに同馬の独走を伝えようとしますが・・・。

その外から同馬の背後で機を窺っていた▲グレイルが、一気に襲い掛かりました。

2頭が完全にマッチレースとなり、首の上げ下げになりましたが・・・。

 

 

軍配はアタマ差の少差で、グレイルと武豊騎手に上がりました。

そして3着には粘った☆ケイティクレバーが流れ込み、

はしくれの予想は見事3着独占という結果になりました。

 

今回は予想が非常に上手く行った好例でした。

スローで逃げたい内の2頭と、

それを見ながら追いかけるタイムフライヤー。

そしてそれを瞬発力でねじ伏せたグレイル。

 

馬場、展開、ペースが噛み合った結果で、

予想時の状況を再現しているようなレースだったと思います。

やはり、出走馬のキャラクターを掴んで予想する事が、

展開を予想する上では重要だと思います。

 

因みにパドック配信の予想は以下の通りでした。

 

 

グレイルを上に取り、タイムフライヤーを下げていますね。

これは、タイムフライヤーが太く見えた事や、

グレイルのスタミナの有りそうな、

腹目の絞れた体つきを見て総合的に判断しました。

 

○にしたスラッシュメタルはかなり良く見えたので残念でしたが、

この時は単勝で◎と○を押さえたのみですので、

こちらでもプラスでした。

 

また、3番手の▲マイハートビートは、

ペースが緩んだ1000m地点で進出していれば、

上位進出も有り得たと思います。

こういうスロー展開では、

いかに緩くなった場所でポジションを押し上げられるかが、

差し馬には重要です。

 

タイムフライヤーは次走以降、

少し馬体が絞れてくればより良い走りができると思います。

また、勝ったグレイルは今回同様の仕上がりであれば、

中距離以上でもかなり期待ができそうな雰囲気です。

 

今年の2歳世代は特に牡馬に光るものを感じていますが、

これから更に層が厚くなる季節を迎えますから、

非常に楽しみにしています。

 

さて、今回はきっちりと的中させる事ができましたが、

今秋開催の京都競馬には、

荒れ馬場・重馬場のなんたるかを、

痛いほど教え込まれた2ヶ月でした。

 

それだけに復習をしっかりやる事で、

後半戦の的中に繋げられたと思います。

やはり競馬は予想と復習が併せて一つになるものですから、

この部分を欠かさずに、次に繋げて行きたいものです。

 

まだまだ的中を増やす事、

回収率を上げていく事は可能だと思います。

皆さんに役立つ予想をより多くお届けできるよう、

これからも全力で努めて参りますので、

どうぞこれからも当ブログを、よろしくお願い申し上げます。

 

*勝利されたグレイルの関係者の皆様、および馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。おめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です