ジャパンカップ2017予想・本命はキタサンブラック

壮絶な戦いとなった天皇賞秋を経て、

今回も1番人気に支持されそうなキタサンブラック。

ジャパンカップの連覇を目指すこの歴史的名馬こそ、

今回、本命◎に相応しいと判断。

 

天皇賞秋の激戦の反動が心配される今回ですが、

それに加えて今年のダービー馬・レイデオロも参戦し、

現時点での日本競馬最強馬決定戦となりました。

 

このハイレベル決戦が予想されるジャパンカップ2017で、

王者としての勝ち名乗りを上げるのは果たしてどの馬になるのか。

予想していく中で気になる穴馬も発見致しましたので、

必ずしも堅い決着にはならないというスタンスで予想しました。

 

それではまずは出馬表からご覧頂き、

ジャパンカップ2017の予想に参りたいと思います。

どうぞご覧下さい。

 

<ジャパンカップ2017出馬表>

 

<ジャパンカップ2017予想 印&買い目>

◎キタサンブラック

○レイデオロ

▲マカヒキ

☆ヤマカツエース

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。



本命◎はキタサンブラックです。

同馬は先述したとおり、不良馬場の天皇賞秋を完勝、

今回はその反動が心配される一戦です。

2017天皇賞秋結果・優勝馬はキタサンブラック

 

ただ、天皇賞秋の戦前と同様、

厩舎サイドからは弱気なコメントは聞かれませんし、

実際、タフな競馬でしたが2着馬サトノクラウンと比較しても、

ゴール前での余力が感じられる一戦でもありました。

 

馬場の悪い競馬をしてその後の結果が出たケースとしては、

秋華賞で重馬場と落鉄に苦しみながら、

3着に入ったモズカッチャンの例が有ります。

 

この馬は次走のエリザベス女王杯で見事優勝しましたが、

キタサンブラックとの共通点はどちらも先行馬である事です。

重馬場で後方から脚を使えば心配ですが、

前目で流れに乗れたのならそこまで反動は無いと見ます。

 

実際秋華賞の1~2着馬は差し馬の決着でしたし、

この2頭はエリザベス女王杯では健闘むなしく敗れています。

この結果が全てではありませんが、

馬場の影響ばかりを気にするよりも、追い風になるデータも有ります。

 

それは1番人気が10年で8回馬券圏内に入っている事や、

キタサンブラック自身は叩き2戦目が4戦4勝のパーフェクトである事、

東京4勝も出走馬中1位の勝数な上、

ペースも得意なミドルスローになりそうな事などです。

 

それに加えて今回は4番枠と内目の絶好枠を引き当てました。

この間、武豊騎手が調教で落馬し戦線を離れていましたが、

大事には至らず同馬の騎乗にもしっかり間に合ったのも幸運です。

 

様々なスタイルの競馬でファンを驚かせてくれる名馬です。

今回も堂々としたその走りに期待します。

 

対抗○はレイデオロです。

同馬は今年のダービーを2分26秒9という遅いタイムで快勝しました。

これを受けて一部の競馬ファンからは世代のレベルを疑問視する声が上がりましたが、

秋を迎えて各方面で3歳馬が躍動しており、

いつの間にか批判的な声も聞こえなくなりました。

 

元々タイムは馬場やペースに左右されるものですから、

走破タイムが遅いくらいで批判的にはなれないはずです。

同馬も神戸新聞杯では菊花賞馬キセキに快勝、

このジャパンカップの前哨戦として申し分のない一戦でした。

 

競馬界のパイオニア・藤沢厩舎らしいローテーションで、

同距離の神戸新聞杯からの参戦は吉と出そうな予感があります。

それというのも同距離の京都大賞典が、

ステップとしてある程度機能しているからです。

 

以前は神戸新聞杯は2000m戦でしたから、

今回のレイデオロの挑戦が実を結んだときには、

このローテーションは黄金ローテになる可能性も秘めています。

 

レイデオロ自身はこれで連続3回目の2400m戦ですし、

ルメール騎手は古馬相手でも通用すると話しています。

キタサンブラックのすぐ後ろで競馬できそうなのも好感ですし、

キタサンブラックに勝るとも劣らないコンビの絆に注目です。

 

▲にはマカヒキです。

今回、同馬を選ぶにあたって最重要視したのは馬場です。

なぜなら同馬はこれまで重馬場に良績がありませんので、

週中の雨の影響が残れば印を打つまで行かないからです。

 

ですが、金曜日の時点では府中は晴れて乾燥しており、

土曜日も連続の晴れ予報となっています。

こうなると馬場はジャパンカップの発走時点で、

良馬場になる事は間違いないと思います。

 

そもそもマカヒキは昨年のダービーでサトノダイヤモンドを破った馬で、

その際は上がり最速を計時して鮮やかな差し切りでした。

今回は競馬がしやすそうな11番枠からですし、

前走の天皇賞秋では最後に少しだけ脚を使ったに過ぎません。

 

後方から勝ちに行ってという競馬では無かっただけに、

今回のコースでは一変が有り得ます。

馬体も少し立派でしたし、絞れてくれば尚良いです。

毎日王冠時から復調気配は窺えましたので、

今回が勝負でしょう。

 

最後☆にはヤマカツエースです。

同馬は前走の天皇賞秋では11着と見せ場なく敗退しました。

ですが不慣れな不良馬場で切れ味を削がれる展開では、

同馬の持ち味は全く生かせなかったと思います。

 

この一戦のあと池添騎手は、

「良馬場でやりたかった」

と話しており、

それまでの成績の安定感からも良なら巻き返せると思います。

 

距離に関しては昨年暮れの有馬記念で僅差4着に好走していますし、

洋芝も使用している今の馬場を考えれば、

札幌記念を経験したのも吉と出そうなところです。

 

現在の東京競馬場は3~4コーナー内側の傷みが目立ちますし、

スローの良馬場で外差しを決めるならこの馬の可能性も有りそうです。

 

・・・馬券は上記4頭のワイドボックス計6点で、的中を狙います。

 

早いもので花形の東京競馬開催も最終週となってしまいました。

名馬キタサンブラックが連覇に挑むジャパンカップに、

今年のダービー馬レイデオロがどう立ち向かっていくのか。

そして、マカヒキやヤマカツエースはどんな競馬をするのか・・・。

とても楽しみにしています。

 

週末は競馬日和となりそうですし、

2017年のジャパンカップが感動的なレースになるよう、

一競馬ファンとして心から願っています。

 

それでは皆さんの日曜日が、

より充実したものになりますように・・・。

ジャパンカップを目一杯、楽しんでいきましょう。

 

グッドラック☆



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です