異常な複勝オッズ・・・連馬券に囚われるな!

 

この掲示板を見て直ぐに違和感を覚えたあなたは、

かなりの競馬通です。

 

そう、本当にこれは異常なオッズ・・・

競馬歴20年のはしくれでさえも、

滅多に拝む事のできない非常に珍しいオッズです。

 

え?どれどれ??

と分からなかった方の為に、

改めて説明致しますと・・・。

 

見てください、この複勝の確定配当。

単勝640円に対して、複勝が460円。

これっておかしくないですか??

 

え?別に・・・。

と思われた方、そんな事ないんです。

 

そもそも優勝馬は2番人気。

複勝が460円も付くなんて事、

まず普通じゃありません。

 

この配当を記録したのは、

2017年11月5日の日曜日、

東京6レースの新馬戦、芝1800m戦での出来事でした。

 

この複勝オッズの異常さは、

実はこれだけに止まらず、

2着馬の複勝配当を見たときに、

更に驚きに変わります・・・。

 

それは・・・。

 

1~2着馬のワイドの配当よりも、

2着馬の複勝の方が高配当になっている

という事実です。

 

 

な、なんと・・・こんな事が・・・!!

 

更に良く見てみると、

1~3着馬のワイドよりも、

3着馬の複勝の方が高配当になっていますね・・・。

 

この時はしくれは結果を見て、本当にびっくりしました。

今まで沢山のレースを経験し、

当たり・外れにかかわらず、

地方・中央問わず何度も配当を目にしてきましたが・・・。

 

はしくれの知る限り、

複勝がワイドの配当を超えたケースは、今回が初めてです。

 

競馬場に通い詰め、

他場の結果も気にしつつ、競馬を見る事20年。

こんな珍事にお目にかかったのは、本当に初めてでした。

 

この珍事の立役者になった馬こそ・・・。

1番人気のステージインパクトという馬でした。

 

 

どうです?

新馬戦から中々の好仕上がり。

多少腹目が太い印象も受けますが、

人気に応えて不思議無い仕上がりにあると、

はしくれは思います。

 

パドック狂いのはしくれでさえ太鼓判を押した同馬でしたが、

結果はまさかの4着。

因みに全着順をお伝えしますと・・・。

 

 

このような結果になります。

 

単勝1.2倍という圧倒的な人気でしたが、

それもそのはず。

これだけの好仕上がりでM.デムーロ騎手が騎乗し、

仕上げたのも堀調教師となれば・・・。

これでは人気にならない方がウソと言うものです。

 

では、他の馬の仕上がりはどうだったかと言いますと・・・。

はしくれは同馬以外の写真をこの時、撮っていませんでした。

勝つのはこの馬だと思ったからです。

 

その為、写真で回顧する事はできませんが・・・

◎を上回るほどのインパクトはありませんでした。

 

そしてこの時のはしくれの予想は、

◎ステラーインパクト(4着)

○キリシマテソーロ(5着)

▲ドゥマン(2着)

☆シナモンフレイバー(1着)

で、全て◎ステラーインパクト絡みの馬券しか買っていませんでした。

 

多少腹目が太い事もあり、

ワイドで買っていたのですが、

まさかの4着敗退で驚いていたところに・・・。

この配当となりました。

 

あまりの驚愕に次の7レースでは、

ワイドが的中していたにもかかわらず、

複勝しか買っていないという事態を引き起こしてしまいます・・・。

 

それにしても、なぜ、こんな現象が起きたのでしょうか。

実はその答えはそんなに難しくありません。

 

既にご存知の方も多いかと思いますが、

オッズというのはそもそも、

各式別毎に個別で計算されています。

 

単勝なら単勝、

複勝なら複勝というように、

その式別の売り上げの中から、

控除分を除いた金額を配当として計算しているわけです。

 

ですから、複勝とワイドではそれぞれ別の計算になりますし、

独自の配当が弾き出されて確定するというわけです。

 

オッズというのはこのように、

違う式別とは相容れないので、

単勝の配当がどうであろうと、

ワイドの配当がどうであろうと、

複勝の配当には影響を及ぼさないわけです。

 

この時はつまり、

複勝馬券の売り上げの殆どをステラーインパクトが占めており、

皆複勝は低配当になると踏んで、

他馬の複勝を買う事なく、連馬券ばかりに手を出した

という事になります。

 

お恥ずかしながらはしくれも、その一人であります。

こういう人気を背負った馬が馬券圏内を外すとき、

複勝配当が跳ね上がる事は、身に染みているつもりでしたが・・・。

まさかワイドをも凌ぐ配当になるなんて、想像もしていませんでした。

 

ああ、1~2着馬のワイドに流していた100円を、

複勝に充てられていたら・・・。

と、今でも後悔の念に駆られます。

 

なまじ普段から単複重視の予想スタイルをしているだけに、

この配当にはとてつもない衝撃を、はしくれは受けました・・・。

 

因みに当ブログでは、

以前から単複を笑うものは単複に泣くなどの記事でも、

連馬券に囚われて単複をないがしろにしてはいけない、

と注意を呼びかけているだけに、

この結果には本当に、正直参りました。

 

今回の一件では、

馬券の選択の仕方一つで、収支が簡単に変わる

という事の、良い見本になると思います。

どうぞ皆さんもお気をつけて、馬券をお選び下さい。

 

そして競馬の収支改善を、

着実にこなして行きましょう☆




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です