マイルチャンピオンシップ2017結果・ペルシアンナイト優勝

 

ファンタスティックなジョッキーの活躍。

まさにそんな一戦となった2017年のマイルチャンピオンシップですが、

優勝したのは大外枠のペルシアンナイトでした。

 

はしくれの◎エアスピネルが抜け出したところを、

レース上がりを1秒以上も上回る鬼脚で一閃。

馬群を捌いて届いたゴールは、

次代のマイル戦線のエース誕生の瞬間でした。

 

2017年秋のGⅠは混戦且つ熱戦が続いていますが、

今回も素晴らしい走りを見せてくれた優駿達に感謝しながら、

今後の予想力向上の糧にしていきましょう。

 

それではマイルチャンピオンシップのはしくれの予想からご覧頂き、

結果の回顧へと参りましょう。

 

<マイルCS2017・予想 印&買い目>

◎エアスピネル

○レッドファルクス

▲イスラボニータ

☆ヤングマンパワー

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

結果はこちらです。

 

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの◎エアスピネルは2着・・・

それでは早速激戦となったマイルチャンピオンシップを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

さすがは歴戦のトップマイラー、

揃った飛び出しになります。

大外枠のペルシアンナイトもダッシュ良くスタートを決め、

ここから各馬ポジション争いに専念するところです。

 

 

大方の予想通り先導役はマルターズアポジーが務め、

☆ヤングマンパワーが内からポジションを押し上げて、

2番手に位置取ります。

 

レースは前半3ハロンが34秒6で流れて、

前後半のラップ差からやはりハイペースとなりました。

馬場は稍重で予想通りぬかるんでおり、

芝の凸凹も手伝って消耗戦が予想されます。

 

 

3コーナーの坂を下って◎エアスピネルはこの位置。

これはかなり良いポジションで、

最後前がばらけそうなので十分差し届くだろうと見ていました。

案の定、この後は各馬ばらけた展開となり、

4コーナーの終わりでは内外離れて追い比べになります。

 

 

最後の直線です。

やはり◎エアスピネルが馬場の5分どころで先頭に立ちました。

これを見て後は相手が来れば、と2着争いに目を向けたはしくれ。

○レッドファルクスが進路が開かずに追えずにいるのを、

心配しながら見守りました。

☆ヤングマンパワーはここで役目を終え、

下がってしまったのは残念でした・・・。

 

しかし▲イスラボニータも外から追い込んできましたし、

なんとかなるかと思いながら注目した直線でしたが・・・。

エアスピネルの外側から、

とんでもない末脚で追い込んでくる人馬が居るではありませんか!

完全に勝ちパターンのエアスピネルでしたから、

まさかの光景に固唾を飲んでその先を見守りました。

 

 

殆ど同時にエアスピネルとゴールに飛び込んだその人馬。

そう、ペルシアンナイトとM.デムーロ騎手が僅かに、

エアスピネルを差し切りました。

 

鮮烈な勝ち方でした。

正直最後の直線からエアスピネルの勝利を疑いませんでしたが、

稍重のこの荒れ馬場の中を、

後方から差し切るとは。

前走の富士ステークスとは全く別馬のようでした。

 

勝利ジョッキーインタビューでは、

「大外枠が、そして前日の雨が嫌だった」

と答えたデムーロ騎手。

正にその点を憂慮しての無印予想と致しましたが、

それを跳ね返すこの勝利は、

値千金と言えましょう。

やはり、馬の背中を知る名手の選択は正しかったです。

 

因みにこのレースのはしくれのパドック評価は、

以下の通りでした。

 

 

2頭とも入っていますね。

ペルシアンナイトは☆評価でしたが、

+12kgに関しては全て成長分でした。

全く太め感はなくて、

やはりこの点は数字よりも見た目が勝るところです。

 

更に、◎サトノアラジンは出来は間違いなく絶好でしたが、

やはりこの馬場は合わないのかなと思わざるを得ませんでした。

○ヤングマンパワーも素晴らしい出来でしたが、

如何せん、前に行って粘れる展開ではありませんでした。

 

パドックの総括としては、

やはりGⅠ戦だけあって各馬素晴らしい仕上がりでしたが、

一番はしくれが驚いたのは、

4着レーヌミノルの激走でした。

正直ハリ・ツヤ共に今一で、真っ先に切った一頭ですので・・・。

流石は桜花賞馬といったところで、

見た目以上のパフォーマンスを見せてくれました。

 

今回の反省は、

やはり騎手の選択を軽視してしまった事と、

皐月賞2着の実績とスタミナを持つ、ペルシアンナイトの大外枠を、

嫌ってしまった事にあります。

 

特に騎手の選択に関しては、

はしくれは非常に重視していますので、

自分らしくない失敗だったと猛烈に反省しています。

誠に申し訳ございませんでした。

 

しかし、ペルシアンナイトとデムーロ騎手には、

本当に痺れました。

エアスピネルとムーア騎手が100%の競馬をしてくれたのに、

それを凌ぐ120%を出されては、これはもう仕方ないです。

 

また、2017年のこのマイルチャンピオンシップでは、

M.デムーロ騎手はGⅠを6勝としました。

これは歴代最多タイ記録ですが、

まだまだGⅠは6戦あります。

 

それぞれ違う馬で勝ち星を挙げるという、

離れ業での大記録です。

これからのデムーロ騎手の行く先にも注目したいと思います。

 

それでは、今回は的中とはなりませんでしたが、

今週のジャパンカップも精一杯予想しますので、

どうぞ週末の当予想をお楽しみになさって下さい☆

寒くなってきましたので、皆さんお風邪など召しませんよう・・・。

 

*勝利されたペルシアンナイトの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。

*冒頭の写真は2017年富士ステークス出走時の写真です。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です