デイリー杯2歳ステークス2017結果・優勝馬はジャンダルム

皆さんこんにちは、はしくれです。

先週の土曜日には、京都競馬場で

GⅡデイリー杯2歳ステークスが開催されました。

 

今後の2歳マイル戦線を見据える上で非常に重要な一戦でしたが、

このレースを制したのは5番人気のジャンダルムでした。

アッゼニ騎手の好騎乗も光ったこのデイリー杯2歳ステークス。

まずははしくれの予想からご覧頂き、結果を振り返って参りましょう。

 

<2017 デイリー杯2歳ステークス予想 印&買い目>

◎フロンティア

○ヒシコスマー

▲カツジ

☆メガリージョン

買い目・・・単勝◎・○各100円、馬連流し◎ー○▲☆各100円、ワイド◎ー○100円、計600円。

 

それでは結果に参りましょう。こちらです。

 

<デイリー杯2歳ステークス2017 結果&払い戻し>

 

はしくれ・・・完敗です。

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎フロンティアは4着・・・。

早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

最内1番のロードイヒラニ、3番のジャンダルムが出遅れます。

今年の2歳重賞戦では出遅れが目立ちますね・・・。

しかし出遅れながら勝ったジャンダルムの走りがここからご覧頂けます。

 

まず、先手を切ったのは7番のカクリョウでした。

この馬は好スタートから気持ちよく前に行きましたが、

ペースとしてはスローペースで見た目ほど速い流れにはなりませんでした。

 

 

600mを通過した地点で、レースに異変が起こります。

2番人気の☆メガリージョンが何と故障を発生、

ずるずると後退し、競走を中止してしまいます。

同馬は右第1趾骨粉砕骨折により、予後不良となってしまいました・・・

 

このアクシデントで場内がざわつきますが、

レースは淡々と進んで行きます。

先頭は変わらずカクリョウが主張し、

その後に▲カツジ、◎フロンティアらが続きます。

 

 

スローペースで2番手集団は団子状態で進みましたが、

4コーナーを回ってくると馬群がばらけていきます。

 

 

赤丸で囲った◎フロンティアはこの位置。

○に推したヒシコスマーは一頭離れた外で手応えがありません。

本命馬のここからの活躍に期待したはしくれでしたが・・・。

抜け出したカツジらに一向に追いつきません。

 

 

夕日を受けて輝く最後の直線。

カツジが抜け出したところに、

内からジャンダルム、外からフロンティアとケイアイノーテックが迫ります。

カツジの脚勢も中々でしたが、

特にインで脚を溜めていたジャンダルムの伸び脚が一際目立っていました。

 

 

カツジのインをすくったジャンダルムが、そのまま突き抜けてゴール。

新馬戦からの連勝を、重賞勝利で飾りました。

3着には最後外からケイアイノーテックが上がっています。

 

今回はメガリージョンの故障という悲しい結果もありましたが、

やはり荒れ馬場で良発表でも1分36秒3の時計のかかる馬場状態で、

各馬競馬がしやすいとは言えない状態でした。

 

そんな中、インで脚を溜めて冷静にレースを進めた、

アッゼニ騎手の騎乗技術は評価すべきものです。

特に出遅れていた事と、故障馬を交わしながらの競馬で、

この人馬の能力の高さは疑いのないところでしょう。

 

ジャンダルムは直前の調教でも好タイムを計時しており、

また、この結果からエリザベス女王杯でもモズカッチャンの印を厚めにしましたが、

芝はやはり荒れたままで力の要る状態でした。

スタミナも問われる一戦で、

ジャンダルムに関して言えばマイル以上の距離も今後期待できそうです。

 

また、この芝状態は日曜も変わらず、

今週のマイルチャンピオンシップでも、

力の要る馬場となる事は避けられそうにありません。

 

それから復習になりますが、

◎フロンティアは恐らく、

岩田騎手が控える競馬を教えたかったのだと思います。

 

今後のレースを見据えれば当然の選択でしたが、

結果として前に行かないとあまり持ち味が活きないようにも感じました。

スローペースの前2走で前から速い上がりを使っていますが、

荒れ馬場に関しても疑問が残る結果です。

 

ただ、今回だけでは見限れませんし、

きれいな馬場で見直したいと思います。

 

○ヒシコスマーは不発でしたが、

エリザベス女王杯でディアドラが不発だったように、

前走重馬場で後ろから競馬しており、

疲労と荒れ馬場、スローペースで苦しかったと思います。

この点、予想時にもう少しペースを考慮すべきだったと反省しています。

 

▲カツジは逆に前走・重馬場からの参戦となりましたが、

やはりその切れ味には見るべきものがありました。

荒れ馬場もこなせますし、

これからの重賞戦線も期待の持てる一頭です。

 

☆メガリージョンは本当に残念な結果となってしまいました。

心よりお悔やみ申し上げ、ご冥福をお祈りします。

 

以上のように、

今年のデイリー杯2歳ステークスは、

非常にタフなレースとなりました。

出走各馬のキャラクターを把握しつつ、

次走以降の競馬予想に生かして行きたいと思います。

 

今週は同じ舞台のマイルチャンピオンシップですね。

この経験を糧にして、的中を狙って行きます。

どうぞ皆さん、今週のGⅠマイルチャンピオンシップも、

お楽しみになさって下さい。

それでは、また。

 

<*ジャンダルムの関係者の方々、及び馬券的中者の皆さんに、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です