エリザベス女王杯2017・本命はヴィブロス

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

日曜日は京都競馬場で、

GⅠエリザベス女王杯が開催されます。

 

ここに照準を絞った精鋭18頭、

まさに現役牝馬最強決定戦に相応しい顔ぶれになりました。

そんな中、一番人気に推されているヴィブロスがはしくれの◎。

前走、府中牝馬ステークスの雪辱を狙います。

 

荒れた馬場でスローが想定される今年のエリザベス女王杯。

まずは出馬表からご覧頂き、予想へと参りましょう。

 

 

<エリザベス女王杯2017 印&買い目>

◎ヴィブロス

○ルージュバック

▲モズカッチャン

☆ミッキークイーン

買い目…馬連&ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計600円。




本命◎はヴィブロスです。

今回のエリザベス女王杯のポイントは、

クロコスミアを先頭にしたスローペースになりそうな事と、

芝の内側が荒れていて外側が伸びそうな事です。

 

この二つをより合わせると好位で競馬できるのが理想で、

展開を味方にできる同馬に魅力を感じます。

府中牝馬ステークスでは中々追い出せませんでしたが、

前が開いてからの伸び脚は目立っていました。

 

この前走も仕上がっていましたが、

今回は更に上積みが見込めます。

鞍上にも絶好調のルメール騎手が変わらず騎乗し、

人馬一体の走りに期待が高まります。

 

対抗○にはルージュバックです。

今回、ヴィブロスを本命にして考えた事は、

この馬を倒すとすれば先行タイプだろうと言う事です。

 

その点同馬はオールカマーで先行して勝っていますし、

今回はムーア騎手騎乗で勝負気配も漂っています。

気になるのは遠征と叩き二戦目のローテーションですが、

今回は牝馬限定戦で重賞実績のある京都。

外枠も好枠ですし期待が持てると思います。

 

▲にはモズカッチャンです。

この馬を選んだ理由も前で競馬ができるからですが、

データ優勢の秋華賞組で最もスタミナタイプな事もポイントでした。

 

やはり馬場が荒れていて、各馬外を回りますから、

オークス2着の実績からも軽視できません。

 

また、秋華賞では落鉄しながら僅差3着は立派でしたし、

東京や京都の広い馬場の方が走りもスムーズです。

土曜日不振のM.デムーロ騎手の巻き返しも警戒です。

 

☆にはミッキークイーンです。

同馬は前年3着の実績がありますが、

前走宝塚記念でもキタサンブラックを凌ぐ3着と、

実績では負けていません。

 

中団から鋭く追い込む差し脚を武器にするタイプで、

スローペースを考えると同馬の位置取りがギリギリでしょう。

間隔は開いていますが前年よりもタイトなローテで、

関西圏では今まで一度も複勝圏を外していません。

 

鞍上は変わらず主戦の浜中騎手が騎乗しますし、

こちらも人馬一体の走りに注目です。

 

さて、強力メンバーが揃った今年のエリザベス女王杯ですが、

ゴール前ではどんなドラマが待ち受けているでしょうか。

今から期待に胸が高まります。

 

土曜日は武蔵野ステークスで的中する事ができましたが、

ここでも的中できるよう、応援したいと思います。

そして皆さんの収支改善のお役に立てますように・・・

 

日曜日もグッドラック☆




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です