2017京王杯2歳ステークス結果・優勝馬はタワーオブロンドン

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

先週の土曜日は東京競馬場で、

GⅡ京王杯2歳ステークスが開催されました。

 

お昼過ぎまで快晴だった東京競馬場ですが、

突然の暗雲で場内が暗くなり、

せっかく晴れてきれいに撮れるはずの写真が今一に・・・。

 

ちょっとがっかりしていますが、

本命◎を打ったタワーオブロンドンが快勝してくれました。

 

果たしてこの一戦が今後に繋がるのかどうか。

はしくれ流の回顧をしつつ、

次に繋げて行きたいと思います。

それでは先ずは、はしくれの予想からご覧頂きましょう。

予想は以下の通りでした。

 

<2017 京王杯2歳ステークス予想 印&買い目>

◎タワーオブロンドン

○カシアス

▲エントシャイデン

☆ピースユニヴァース

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎タワーオブロンドンが1着・・・☆

それでは早速、レースを回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

う~ん・・・

はしくれの☆ピースユニヴァースが出遅れてしまいます。

一方◎タワーオブロンドンは好スタートを決めましたが、

ルメール騎手がしっかりと手綱を抑えて、

中団に位置を取ります。

 

 

道中はタイセイプライドが先頭を進みますが、

600m通過時点でのタイムは36秒0。

これは明らかに遅めのペースと言える走りでした。

 

後半の切れ味勝負が既に濃厚となりますが、

タワーオブロンドンは内で脚を溜めています。

各馬もそれをマークするように中団は一塊で、

最後の直線、進路の確保ができるかどうかが焦点でした。

 

 

最後の直線坂下です。

赤丸で囲ったタワーオブロンドンはこの位置。

射程圏ではありますが、

何分、前が緩い流れで差し切れるかは微妙なところ。

進路はやはり少頭数でバラけましたが不安でした。

 

内からは○カシアスが勢い良く追い込んできますし、

外からはアサクサゲンキが競りかけようとしてきます。

この函館・小倉両2歳ステークスの重賞ウィナーが迫りましたが・・・。

 

 

前を捉えてからは後続を突き放して、タワーオブロンドンが快勝。

上がりは33秒2と最速タイムで駆け抜けました。

2着には○カシアス、

3着にアサクサゲンキで、

4着には出遅れて外を回した、☆ピースユニヴァースが上がって来ました。

 

終わってみれば今回の京王杯は完全に1強でしたが、

それは既にパドックからも予測可能な状態でした。

冒頭の写真と同じ写真ですが、これで解説致しましょう。

 

 

まず、この幅の有る馬体を見て下さい。

この時期の2歳馬としては、十分過ぎる筋肉量です。

バランスも良い上に、

お腹も絞れています。

これでも2~4kgは太いような気もしますが、

一頭だけ明らかに質の違う馬体をしていて、

まずこの馬で行けるだろうと確信が持てました。

 

このパドックからも更に自信を深めていたはしくれですが、

実は、はしくれにはこのレースに苦い思い出が有りまして・・・。

それは4年前のカラダレジェンドが勝ったレースに遡ります。

 

この時は今回と同じように、見惚れた馬が居たのですが、

その馬は全く振るわず6着に散ってしまいました・・・。

事前の期待も馬体も大きい目立つ一頭だったのですが、

その馬こそは何とあの短距離の名馬、

モーリスだったのです。

 

このモーリスを見つけた時はそれはもう興奮して、

「この馬はGⅠを勝つ馬だ!」

と周囲に言いふらして大失敗。

レースでは単勝に突っ込んでものの見事にスッテンテン、

とても恥ずかしい思いをしたのですが、

タワーオブロンドンはそんな記憶を吹き飛ばすような、

快勝を見せてくれました。

 

その後のモーリスには低迷期もありましたが、

やがて本当にGⅠを勝ち、

しつこく買い続けたはしくれに、希望を与えてくれました。

タワーオブロンドンはその点から見ても、

今回をただの通過点に出来た事は大きいですし、

順調にこの路線での活躍が期待できます。

 

そして懸念された東京の芝コースの状態ですが、

まるで開幕最終週の、函館のような馬場でした。

こんな馬場でもスローペースの切れ味勝負で完勝するとは、

やはりタワーオブロンドンは、相当のレベルだと思います。

 

尚、予想としてはペース予想が外れてしまいましたが、

スタミナやパワー重視の馬場だった事は確かでした。

こういう馬場状態になると、

ファンタジーステークスのベルーガ同様、

洋芝適性の有る馬がやはり強いです。

その点につきましても、

勝利経験がある◎タワーオブロンドン、○カシアス共に有利だったと思います。

 

また、上位馬4頭は仕上がりも良く、

馬体通りの決着とも言えそうです。

因みに2番人気のタイセイプライドですが、

+14kgは発表どおり、相当に太かったです。

この馬は今回一叩きされての、次走の変わり身を警戒です。

 

さて、今回の京王杯2歳ステークスですが、

緩い流れで荒れた馬場の中、昨年と同じ走破タイムとは優秀な内容でした。

タワーオブロンドンがこれから益々活躍するのが、

非常に楽しみですね。

 

藤沢厩舎の短距離馬ですから、

海外遠征もあるかも知れません。

夢が膨らみますね。

関係者の方々や馬券的中者の皆さんも、

大変おめでとうございました。

 

それでは、

将来性あるスター誕生に湧いた京王杯2歳ステークスを振り返りつつ、

今回はこの辺でお別れしたいと思います。

今回もご精読下さいまして、誠にありがとうございました。

 




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「2017京王杯2歳ステークス結果・優勝馬はタワーオブロンドン」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です