2017アルゼンチン共和国杯予想・本命はスワーヴリチャード

皆さんこんにちは、はしくれです。

土曜日には京王杯2歳ステークス

が行われた東京競馬場ですが、

日曜日はこの秋を見据える一戦、

GⅡアルゼンチン共和国杯が開催されます。

 

同じGⅡでも前日の2歳戦とはカテゴリーの全く違う、

長距離2500mの古馬重賞というタフな舞台です。

そんなタフな一戦に今年は有力3歳牡馬が登場、

ダービー2着のスワーヴリチャードがはしくれの本命です。

 

3歳馬の優勝は20年前のタイキエルドラドまで遡らねばなりませんが、

ダービー2着馬の参戦自体が異例のローテーションでもあり、

データ傾向に囚われない走りに期待が高まります。

 

それでははしくれの予想の全容を、

出馬表をご覧の後に、お送りしたいと思います。

どうぞご覧下さい。

 

 

<2017 アルゼンチン共和国杯予想 印&買い目>

◎スワーヴリチャード

○セダブリランテス

▲アルバート

☆プレストウィック

買い目・・・馬連・ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計600円。




本命◎はスワーヴリチャードです。

今回のローテーションは、

異例のダービー2着からの直行というローテンションで、

こういうローテで挑んだ3歳馬はあまり記憶にありません。

 

データ的に3歳馬は有利とは言えませんが、

ハンデの上では56kgとダービーよりも1kg軽く、

鞍上も四位騎手からM.デムーロ騎手に変更、

明らかにこの一戦は勝負気配が漂います。

 

また、このダービーは時計がかかる究極のスローでしたが、

この事は幸いで、ダメージも無いと思います。

事実ダービー馬レイデオロは、

後の菊花賞馬キセキ相手に神戸新聞杯で完勝、

ダービー上位組みはその後も重賞で活躍しています。

 

有力古馬に勢いがない現状を考えれば、

3歳世代トップクラスの能力に期待したいところです。

枠も4番枠とかなり良いところを引きましたし、

好勝負になるでしょう。

 

対抗○にはセダブリランテスです。

こちらもまた異例のローテで臨む3歳牡馬ですが、

同馬の前走は残念ダービーの異名を取るラジオNIKKEI賞です。

 

以前はラジオたんぱ杯の名で親しまれたこの一戦ですが、

2着に封じたウインガナドルがその後も古馬に善戦しており、

実績的にもこのメンバーなら足りてもおかしくない存在です。

 

更に元々同馬はダートを使われてきた経緯があり、

今の力の要る荒れた芝状態は、むしろ味方にできそうです。

あとは長距離を走るスタミナがあるかどうかの問題ですが、

スローペースになりそうな今回、距離は持つと思います。

 

重賞馬でありながら54kgのハンデも魅力で、

先行抜け出しの形から勝負になると思います。

 

▲はアルバートです。

長距離の強豪と言えばこの馬を思い出しますが、

今回同馬が背負うハンデが58.5kgと重く、

この点に関しては正直気がかりなところです。

 

アルゼンチン共和国杯のデータ傾向は差し有利ですが、

今回は馬場状態とペースから先行有利に傾いています。

そんな中で長距離戦を差して戦う同馬の事、

今回もおいそれとは作戦変更はしないでしょう。

 

そうなれば重いハンデが足かせになる懸念は拭えず、

どうしてもこれ以上の印は付けられませんでした。

ただ、実績的には最上位の存在で、

大きく崩れるシーンもまた、想像できないところです。

 

最後に☆はプレストウィックです。

この馬は前走9月の丹頂ステークスで、

札幌の2600m戦を快勝してきました。

 

現在6歳を迎えますが地道に成長してきた馬で、

初めて勝ち上がったレースも2400mでした。

 

こういう晩成の長距離馬は一度花開くとしぶといもので、

前走の勝利をきっかけにしてここでも好走が期待できます。

特に前走は早めに動いて勝利したのが好感ですし、

切れるタイプとは言い難いので今の馬場も合いそうです。

 

買い目は本命◎スワーヴリチャードから、流し馬券で臨みます。

 

今回のアルゼンチン共和国杯は、

3歳馬の今後を変える重要な一戦になるかも知れません。

3歳馬の台頭か、

重ハンデのアルバートの奮戦か―

 

どんな結果が待ち受けているのか、

非常に楽しみな一戦です。

そしてここからジャパンカップ、有馬記念に向けて、

新しい戦いが始まります。

馬券の的中を祈りながら、注目したいところです。

 

それでは3日間開催も最後の一日となりましたが・・・。

皆さんの競馬がより、充実したものになりますように。

 

グッドラック☆

 

みやこステークスの予想はこちらからご覧ください。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「2017アルゼンチン共和国杯予想・本命はスワーヴリチャード」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です