2017アルテミスステークス結果・優勝馬はラッキーライラック

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、先週土曜日に行われた2歳牝馬の重賞

GⅢアルテミスステークスの結果

をお伝え致します。

 

当レースは小雨の中での開催となり、

馬場状態の悪化が懸念されましたが、

芝状態の発表は良。

水分は含んでいましたが、

まだ馬場の悪化は微妙な状態でした。

 

各馬このコンディションでどういう競馬になったのか・・・。

それでは早速、

はしくれの予想からご覧頂きましょう。

 

<2017 アルテミスステークス予想 印&買い目>

◎ウラヌスチャーム

○ラッキーライラック

▲トーセンブレス

☆ラテュロス

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

結果はこちらです。

 

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)

 

はしくれの本命◎ウラヌスチャームは10着でしたが・・・。

早速的中となったアルテミスステークスを振り返りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

最内のハイヒールが出遅れます。

その他もバラっとしたスタートで、

いかにも2歳戦の重賞と言った感じです。

 

先頭を切ったのは、人気薄のサヤカチャンで、

この馬は仕上がりも太目だったので、ハナに行ったのは正解でした。

このサヤカチャンが後続を引っ張り、

道中はミドルペースで流れます。

 

 

600m通過は35秒4、

やはり馬場は既に重たくなってきている印象でした。

Bコースに変わったとはいえ、

先週まで各馬外目を回していたため、

インを突くジョッキーは居ません。

4コーナーを回って、ここからが勝負どころです。

 

 

最後の直線に入りましたが、

◎ウラヌスチャームは完全に伸びあぐねています。

抜け出したサヤカチャンが執拗に粘りますが、

後続も徐々にその差を詰めて来ています。

 

中でも特に脚色が良かったのが、

道中4~5番手につけていた、○ラッキーライラックです。

同馬は予想時もお伝えしたとおり、

前走の新馬戦と同じような位置取りで競馬ができ、

かなりスムーズに外側から進出する事ができました。

 

 

最後は粘るサヤカチャンを差し切ってゴール。

上がり最速馬が強いこのレースですが、

その記録で走破したのも、このラッキーライラックでした。

 

終わってからレースラップをみると、

後半も各馬の伸びは今一で、

やはり馬場悪化の影響がかなり出ているようでした。

4コーナーの通過順位では中団より前目の馬しか、

上位に入線できていません。

 

2着には最後まで粘りに粘ったサヤカチャンが穴を開け、

3着には☆に推したラテュロスが入りました。

それと今回は発走直前に、パドック速報を流してみたのですが、

そこで◎に推した▲トーセンブレスは残念ながら6着でした。

 

 

この馬場でやや出負け気味にスタートし、後ろからの競馬を思えば

中々良い脚(1位ラッキーライラックとはコンマ2秒差)を使ってくれたと思います。

最後の直線も進路がやや狭くなりましたし、

この一戦だけではなんとも言えないところです。

 

とくに、2着に入ったサヤカチャンが、明らかに太目だった事もあり・・・。

仕上がりの差というよりは、

位置取りの差が出たように思います。

 

 

ちょっとお腹が太いですね。

大健闘の2着でした。

 

このレースから推測すれば、

天皇賞秋も後方の馬にはチャンスは無かったと分かるのですが、

古馬のGⅠレースと2歳戦の重賞では、

どの程度正確な比較ができるか懸念もありました。

馬場が良ければ本命も考えていたサトノアラジンに○を打ちましたが、

もう少しこの部分を考慮すべきでしたね。

 

さて、このラッキーライラックの勝利で、

オルフェーヴル産駒は早くも重賞2勝目を上げ、

順調な滑り出しを見せています。

やはり父に似てバランスに優れた馬が多く、

緩い馬場も得意です。

 

 

この馬も好仕上がりでした。

馬格の有る馬で486kg。

父オルフェーヴルより大きいですね。

まだ2歳の牝馬ですが、これからの成長が楽しみです。

 

それから、最終12Rでもパドック速報を配信しましたが、

こちらは本命◎イーグルバローズが1着で快勝でした。

 

 

とにかくオッズも単勝130円と人気が集中していましたが、

やはり抜けて良く見えたのでこれは当然の結果でしょう。

圧倒的な5馬身差でした。

 

ただ、オッズがあまりにも低かったので、

○~☆の印も用意してみましたが、

それぞれ○4・▲5・☆13着と及びませんでした。

ご覧下さり参考にして下さった皆さんには、誠に申し訳ございませんでした。

 

こうして様々な経験を積んだアルテミスステークスでしたが、

終わってみればワイドボックスに救われた一戦となりました。

 

本命馬が10着でも的中するというのは、

あまり良い形とは言えませんが、やはり嬉しいものです。

どのように予想するかに始まり、

どのように買うかで終わる。

やはり両方鍛えなければ競馬は的中できません。

 

その点はこちらの記事でもコラムを書いていますので、

よろしければご一読下さい。( 競馬が当たらない二つの理由

 

競馬予想はとにかく予想する経験と、

復習が大切です。

これからも皆さんの馬券の収支改善のお役に立てるよう、

予想・復習の実践にも力を入れて参りますので

どうぞこれからも当ブログを引き続き、

よろしくお願い申し上げます。

 

*勝利されたラッキーライラックの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「2017アルテミスステークス結果・優勝馬はラッキーライラック」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です