2017スワンステークス結果・優勝馬はサングレーザー

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、先週の土曜日に京都競馬場で開催された重賞、

GⅡスワンステークスの結果

についてお伝えしたいと思います。

 

金曜日時点でやや重馬場だった京都競馬場ですが、

当日の降雨の影響で馬場は重馬場まで悪化。

この点がどう響くか気になるところではありましたが・・・。

それではまず、はしくれの予想からご覧下さい。

 

<2017 スワンステークス予想 印&買い目>

◎ダノンメジャー

○レッツゴードンキ

▲セイウンコウセイ

☆カラクレナイ

買い目・・・単勝◎・○各100円、ワイドボックス◎~▲各100円、ワイド◎ー☆100円、計600円。

 

結果はこちらです。

 

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎ダノンメジャーは5着・・・。

それでは早速、

GⅡスワンステークスを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

揃った飛び出しになりましたね。

さすがは短距離の重賞戦、気持ちの良いスタートでした。

はしくれの◎ダノンメジャーも好スタートを切りましたが、

武豊騎手は無理に行かせず、流れに任せます。

 

すると内からトウショウピストが他馬を制してハナに立ち、

そのまま隊列が変わらないまま3コーナーを回って行きます。

 

 

馬場が重くなった事に加え、内が荒れて走りにくいため、

各馬内を開ける進路で直線へと向かいます。

ペースとしては予想したスローではなく、

前傾のハイペースになってしまいました。

 

 

最後の直線です。

こうなると差し馬にも分がある流れとなりますが、

やはりそこは重馬場。

各馬緩んだ地面に苦労しており、

とてもスパッと切れるような状態ではありません。

 

また、内を開けて走ったために、

外に回った各馬は距離ロスが大きくなります。

ここで一杯になったトウショウピストに、

伏兵ヒルノデイバローが並びかけます。

 

しかしそこから更に内を突いて伸びてくる馬が一頭居ました。

それは・・・。

2番人気のサングレーザーです。

 

 

ヒルノデイバローにぴったりと馬体を併せて、

見事、鮮やかに差し切りました。

馬場の繋ぎ目をするすると上がって来て、

最後はアタマ差できっちり勝利。

鞍上のC.デムーロ騎手の好騎乗も光りました。

 

◎ダノンメジャーは最後まで来そうな感じで、

結局伸びきれずに5着でした・・・。

ですが、敗因ははっきりしています。

ですので今回はその部分を、しっかり復習したいと思います。

 

まず、今回の敗因ですが、

それはやはり馬場に有ります。

ともかく今の京都競馬場は、

降雨の影響を受けやすく、

馬場が重たくなりやすいです。

 

それくらい馬場状態に異変があるほどの降雨量となりましたが、

ここまで開催中に連続で馬場が悪いというのは、

正直予想家として経験がありませんでした。

 

これについては言い訳をしたいのではなく、

今回チャンスを貰ったのだとはしくれは思っており、

降雨の状況によって馬場がこのように推移するものだという、

一つの基準ができたのは収穫でした。

 

つまりはこの馬場が原因で負けたのは、

全てはしくれの経験の浅さ故であります。

予想家として恥ずかしい事ですが、

自身のデータ不足は否めない結果でした。

申し訳ございませんでした。

 

そしてその馬場の状態によって、

内側がバラける事、

外枠の先行馬が外を回らされる事は、

馬場さえ読めていればある程度推理する事が可能です。

 

そういう意味では今回懸念した○レッツゴードンキのイン封じは、

あまり気にしなくても良かったなと感じています。

また、馬番が4→3→2(4着1)番という1~3着の決着からも、

外枠の◎ダノンメジャーは良く頑張ってくれたと思います。

 

次に、重馬場による影響としては、

今月嫌という程見せられてきた、

実際に走る距離より、2ハロンくらい上のスタミナが必要だった

という事も伺えます。

 

実際上位馬はマイル以上の実績があり、

この点、▲セイウンコウセイや☆カラクレナイは苦しかったですね。

天皇賞では更に悪化した馬場で再び学ばされてしまいましたが、

重ね重ねこの点は重馬場時に注意したい点です。

 

また、☆カラクレナイは重馬場で中団後方、

外を回らされる展開では、大敗も仕方ないところでしょう。

これも、どの程度の馬場であれば差しが許容範囲か、

というはしくれ自身の物差しが足りていませんでした。

重ねてお詫び申し上げます。

 

しかし、サングレーザーの成長力は本物ですね。

重馬場得意のディープ産駒というのも面白いキャラクターで、

3歳馬でありながら4連勝で重賞制覇と、ニューヒーローの予感も有ります。

ただ、今回は内枠とハンデ54kgも有り、

これが大舞台の良馬場でどうなるかは、

まだはっきりとは分かりませんが・・・。

 

そして2着のヒルノデイバローですが、

この馬も同様に内枠で溜めた事が良い方に出ましたが、

それだけではなく、仕上がりも良好でした。

仕上がってさえいれば、これくらいの走りはできる馬なのだと思います。

 

3着レッツゴードンキは、やはり総合力が高いです。

厳しいレースが続きますが、

この安定感は同馬が旬を迎えている事の何よりの証でしょう。

 

・・・さて、

ここまでスワンステークスを回顧してきましたが、

結局のところはしくれの、

予想家としての浅はかさを露呈する結果となってしまいました。

非常に残念な気持ちですが、事実は受け入れなければなりません。

 

ですが、

短期間でこれだけの重馬場に関する経験を得られた事は、

これからの予想力に、必ず還元したいと思います。

 

はしくれを応援して下さる皆さんや、

予想を楽しみにして下さる皆さんには、ご迷惑をお掛けしましたが・・・

これに懲りずにこれからも、お付き合い下されば幸いです。

 

そして必ずや的中の喜びを、皆さんと分かち合いたいと思います。

どうぞこれからも当ブログを、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

*勝利されたサングレーザーの関係者の皆様、馬券的中者の方々に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です