2017天皇賞秋予想・本命はサトノクラウン

皆さんこんにちは、はしくれです。

毎週のように雨に祟られている秋のGⅠ開催ですが、

今週は古馬の大一番・天皇賞秋が東京競馬場で開催されます。

 

土曜日に実際、はしくれ自身が現地で確かめた雨の状態は「小雨」。

ですが時折強く降る事もあり、

水はけのよい東京競馬場と言えど、

水分を含んだ馬場になる事が濃厚な状態です。

 

1番人気キタサンブラックは宝塚記念のやや重馬場で敗戦、

3歳牝馬ソウルスターリングは毎日王冠の負け方と馬体の仕上がりに疑問、

海外帰りで半年振りのネオリアリズムはローテと中間の調整に不安と、

GⅠ馬にも死角が散見される難解な一戦です。

 

こうなると休み明けに加え、重馬場が大得意なサトノクラウンが急浮上。

恵みの雨になると踏んで、本命に抜擢です。

それでは早速、天皇賞秋の出馬表と予想をお送り致しましょう。

 

 

<2017 天皇賞秋予想 印&買い目>

◎サトノクラウン

○サトノアラジン

▲ステファノス

買い目・・・単勝◎・○各100円、馬連◎ー○100円、ワイド◎~▲ボックス各100円、計600円。




本命◎はサトノクラウンです。

今回の天皇賞秋の馬場状態の予想ですが、

先述の通り、やはりやや重以上に馬場が渋りそうな気配です。

 

府中の空は日曜日未明にかけて雨が強まる予報が出ており、

日中も日差しが望めないとあっては、

馬場回復の見込みは薄いでしょう。

 

となれば当然、

宝塚記念でやや重馬場を快勝してきた同馬の適性が生きてきます。

同馬はやや重・重馬場で重賞4勝と得意な上に、

上がりがかかる展開では同馬の持続力が武器になります。

 

また、今回も鞍上にはM.デムーロ騎手が騎乗で、

同騎手が手離さなかった点からも、

リアルスティールよりは上と考えて良いでしょう。

東京でも2勝しておりコース適性も高く、

内目の好枠2番をゲットと運も味方しています。

 

展開的にもスローの瞬発力勝負にはまずならなそうなメンバー構成で、

2400mの実績からも、タフな勝負は望むところです。

 

対抗○にはサトノアラジンです。

同馬は毎日王冠の結果でもお伝えしましたが、

馬体は今が完全に旬を迎えており、

叩き2戦目で上昇があれば120%の仕上げも有り得る、

今年の安田記念の勝ち馬です。

 

東スポに寄せられた池江調教師のコメントによれば、

同馬は前回時にはまだ「馬体に余裕が有った」という判断で、

今回は前走時よりも少し絞れて出てきそうです。

 

これについてははしくれの眼には前走時でも100%仕上がっていましたが、

確かに絞るか増やすかで言えば、絞るのが正解でしょう。

調教の動きからも絶好調が伝わる仕上がりで、

前走を上回る完璧な仕上がりに、期待が高まります。

 

尚、同馬は重馬場の京王杯で9着に敗れていますが、

この時は重馬場よりも、

休み明けとスローペースが複合的に影響したとはしくれは見ています。

 

その点今回は重馬場でも、

叩き2戦目でミドル~ハイペースになりそうな展開で、

データ優勢な上がり最速馬として外差しを決められそうです。

血統的にもエリザベス女王杯優勝のラキシスの弟で、

スタミナ的にも2000mは守備範囲だと思います。

 

 

最後に▲はステファノスです。

同馬はこれまで天皇賞秋で連続して好走しており、

それでいて今回は人気が無いのが不思議な馬です。

 

大阪杯でキタサンブラックに詰め寄っている事からも、

好位で折り合ってタフな流れになる事は歓迎のクチ。

前走のオールカマーを叩かれた事も好感です。

 

それというのも前回は距離が今回よりも長かったからで、

スタミナ勝負になりそうな今回、この経験が生きてきそうです。

重馬場実績も1戦1勝と馬場も問題にしないでしょうし、

瞬発力より持続力で勝負するのも合っています。

 

叩き2戦目も2-3-1-1と4着以下は僅かに一回、

これだけ材料が揃っていれば、

勝ち切るまでは行かないまでも、上位入線は有りそうです。

 

そして馬券に加えなかった1番人気キタサンブラックですが・・・。

最初は☆として、ワイドボックスの4番手に加える予定でした。

 

ただ、ワイドボックスよりも配当的に単勝も買っておきたかった事、

ワイドでは◎との本線が低配当になりそうな為、

今回は敢えて見送りにして様子を見たいと思います。

 

因みに同馬は1番人気に支持された宝塚記念が9着で、

今尚当時の明確な敗因を見出せていません。

 

この宝塚記念敗戦時、

主戦の武豊騎手が

「重馬場だけでこんなに負けない」

と言った事もひっかかっており、

いかに休み明けが得意と言えども積極的には買いづらいです。

 

ただ、東京では3-0-0-1とコース適性抜群な上に、

緩みの無い流れで走って押し切れるスタミナのある馬です。

宝塚記念の敗戦だけでは見限れない馬で、

距離も2-1-1-0と馬券圏外が有りません。

 

しかし、仕上げで言えば引退試合の有馬記念がピークがでしょうし、

ある意味負けても許されるのが今回だと思います。

この辺り、同馬の引退宣言とその後の種牡馬入りの流れを考慮し、

ジャパンカップと有馬記念まで馬券は控える事にしました。

 

よって買い目は単勝2点と、本線の馬連、ワイドボックスです。

 

さて、今年もハイレベルなメンバーが集った天皇賞秋ですが、

先頭でゴールを駆け抜ける優駿はどの馬になるでしょうか。

大注目の一戦を、見守りたいと思います。

それでは皆さん、この大一番も・・・グッドラック☆




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です