2017アルテミスステークス予想・本命はウラヌスチャーム

皆さんこんにちは、はしくれです。

今週からBコースに仮柵を移動して開催される東京競馬場ですが、

先週からの馬場の悪化で、

各馬内を避けたために、

効果に疑問が残るところの馬場状態での開催です。

 

また、アルテミスステークスはまだ6回と創設から日が浅く、

データ的にも十分とは言い難い一戦で、

まだ若い2歳牝馬の戦いである事からも、

予想が難解な重賞です。

 

この一戦ではしくれの本命◎はウラヌスチャームに決定しましたが、

その根拠を以下に記して行きたいと思います。

 

それでは先ずは出馬表と、

はしくれの予想をご覧ください。

 

 

<2017 アルテミスステークス予想 印&買い目>

◎ウラヌスチャーム

○ラッキーライラック

▲トーセンブレス

☆ラテュロス

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。




本命◎はウラヌスチャームです。

まずアルテミスステークスの傾向ですが、

一番に目立っているのが上がりが要求される事です。

 

これは過去5年で上がり最速馬の3着以内が4回、

2位馬が3回、3位馬が2回と、

かなり顕著なデータ傾向であると言って良いでしょう。

 

タフな東京マイルですから、

決め手勝負になる事は容易に想像できますし、

差し馬優勢の結果になっているのも頷けるところです。

 

あとは馬場と展開ですが、

現状東京競馬場は良馬場の発表で、

土曜日もさほど雨は強まらない予報ですので、

良~やや重でそれほど馬場は悪化しない可能性が高いです。

 

ペースは逃げ馬サヤカチャンがスローで運ぶ事が濃厚なので、

これらの点を考慮するとウラヌスチャームが浮かび上がります。

 

同馬は新潟の新馬戦で、

サウジアラビアロイヤルカップ3着のカーボナードに快勝、

その上がりは32秒0という突出した数字でした。

 

これがスローペースで発揮された末脚という事もあり、

瞬発力勝負であれば間違いなく上位でしょう。

 

血統的にも父ルーラーシップ産駒は重馬場に強いですし、

もし馬場が悪化しても問題無いと思います。

地の利を活かせる関東馬でもあり、

戸崎騎手騎乗も好感です。

 

対抗○はラッキーライラックです。

同馬は前走・新潟の新馬戦を快勝しての参戦ですが、

今回もその際と似たような展開が期待できます。

 

前走はフルゲートの中、好位の4番手を追走しましたが、

そこから上がり2位を駆使して最後は1馬身抜け出しました。

アルテミスステークスは外枠の方が優勢のデータもあり、

馬格のある同馬なら輸送にも耐えられそうです。

 

バランスに優れたオルフェーヴル産駒でもあり、

石橋騎手の連続騎乗も好感が持てます。

いきなりから好勝負できそうな一頭です。

 

▲にはトーセンブレスです。

同馬の一番の売りは末脚の爆発力ですが、

前走の新馬戦では、やや重馬場をものともせずに、

上がり最速で差し切りました。

 

一頭次元の違う末脚で、

レース上がりを1秒7も上回る圧倒劇。

出遅れておきながらこれだけの脚があるのは、

スタミナにも見るべきものが有りそうな一頭です。

 

今回は鞍上にルメール騎手を迎えており、

同馬の瞬発力を生かすには絶好のコンビ。

ウラヌスチャーム同様関東馬で、

輸送の面からもプラスが見込める一頭だと思います。

 

最後に☆はラテュロスです。

同馬はアルテミスステークスの好走ローテである、

未勝利戦優勝からの参戦となりますが、

デビューから手綱を取る秋山騎手が騎乗です。

 

人気馬のキャリアが浅い事から、

2戦を消化している事は強みと言って良いでしょうし、

番手につけて一脚使える瞬発力も魅力です。

 

その前走では休み明けを上がり最速でまとめており、

新馬戦では直線不利で追えなかった事実もあります。

実質無敗で2戦を消化した感もする同馬であり、

叩かれて臨む今回は上昇が怖い存在です。

 

馬券は人気が割れそうな事から、ワイドボックスで狙います。

 

さて、日曜日は天皇賞ですが、

このアルテミスステークスも含めて芝状態をしっかり見極めたいところです。

 

また、当レース発走前には、

GⅡスワンステークスが京都競馬場で発走となります。

こちらも予想しましたので、

ぜひリンクからご覧ください。

 

それでは重賞2開催の豪華土曜日を満喫して、

日曜の大一番、天皇賞を楽しみましょう!

グッドラック☆

 

パドック速報!トーセンブレス◎!

12R◎イーグルバローズ

〇ターゲリート

▲ゲンパチマサムネ

☆ナンヨーファミユ




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「2017アルテミスステークス予想・本命はウラヌスチャーム」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です