競馬に笑いを!珍名馬50選☆大特集

 

こんにちは、はしくれです。

毎週必死に予想して

回収率の向上を果たそうとするのは大事ですが

当ブログの主旨である

「競馬の収支改善」

そもそも競馬を楽しむために掲げたテーマであります。

 

真面目にやる事は大事ですが

それだけではパンクしてしまいます。

そこで今日は競馬を楽しむために

普段の息抜きも兼ねて

はしくれ厳選50頭の「珍名馬」たちを紹介したいと思います。

 

馬名の横には名前に対するリアクションを記載しましたので

ぜひ肩の力を抜いて

ごゆっくり、お楽しみください。

 

~はしくれ厳選50頭、珍名馬たちを紹介~

 

バルタンセージ(バルタン星人?)

エエカゲンニセイジ(乗り突っ込み?)

ルリイロノチキュウ(やっぱり青色。)

サヨウナラ(また、来週!)

オレハマッテルゼ(10時に渋谷で!)

コンニチワ(もう来たの!?)

モシモシ(はい、なんでしょう。)

モットヒカリヲ(はい、ドクター!)

ブルドッグボス(コワモテか。)

オナラブルリーダー(屁っこきか。)

パンツオンファイア(パンツに火が付いた!)

イナズマレオ(逆さに読むと・・・?)

・キンタマーニ(牝馬なのに・・・。)

ナンデヤネン(そう言われても・・・。)

ベストマッチョ(結果にコミット。)

ハシッテホシーノ(そうしてほし~の。)

ハシルヨミテテ(5時から待ってた。)

ウソデショ(いえ、本当です。)

オジジアン(お爺庵。)

シゲルネギ(そろそろ収穫。)

カラシレンコン(お爺の好物。)

ズンダモチ(おいしく食べよう。)

ピカピカ(歯磨き完了!)

ネコタイショウ(縁側大将。)

ネコパンチ(ケンカになった。)

ウサギノパンチ(ウサギの反撃。)

バイガエシ(やっぱりこうなる。)

ハヤブサナンデダロ(鳥も困惑。)

チチブヨマツリ(夜はお祭り。)

・マツリダゴッホ(ゴッホも誘おう。)

・マツリダワッショイ(弾けるゴッホ。)

・シシャモムスメ(アイドル来たー!)

ウマザイル(男も来たー!)

イヤダイヤダ(お祭り終了。)

ティコティコタック(あれ、今何時?)

ネルトスグアサ(深酒したわあ・・・。)

オキテスグメシ(半分お残し。)

カアチャンコワイ(食べますからっ!)

カカアデンカ(オール電化。)

オヤジノハナミチ(漢の花道。)

エキマエ(通勤混雑。)

スシトレイン(臨時列車が!?)

カジキ(まぐろが中に!?)

ピーナツ(つまみも用意。)

ドスコイサーファー(ボードはしまって。)

アユツリオヤジ(棹もしまって。)

ヒダルマ(緊急停止!!)

モハー(もはあ~。)

ゴクロウサマ(毎日、本当に・・・)

ドンダケー(ここまで~!)

 

・・・いかがでしたか?

珍名馬はその名前をただ眺めても面白いのですが

せっかくなのでドラマ仕立てのリアクションを入れてみました。

お楽しみ頂けましたら幸いです。

 

因みに

はしくれが一番思い出に残っている珍名馬はと言いますと

2006年にGⅠ高松宮記念を制した、オレハマッテルゼ

であります。

 

馬主は小田切有一さんで

ウソデショとかサヨウナラとかも、この方の所有馬です。

独特の語感とユーモアのセンスで

今尚多くの珍名馬たちを世に送り出しています。

 

珍名をつける事には賛否両論ありますが

このオレハマッテルゼには

個人的なエピソードがあります。

 

それはまさに2006年の高松宮記念。

はしくれはこの時1番人気のシンボリグラン

2番人気のラインクラフト

3番人気のシーイズトウショウの馬券を買っていました。

 

人気サイドだった事もあり

かなりの期待をしていたはしくれ。

直線も良い感じで各馬走ってくれたのですが

ゴールに最初に飛び込んだのは、まさかのオレハマッテルゼでした。

 

まさかの珍名馬の差し切りに苦笑いをしながら

この時

「俺は待ってないぜ~・・・」

と、つい声を上げてしまいました。

 

すると、前に居たおじさんが

こちらを振り向いて笑ったのです。

この時、このおじさんに妙な親近感というか

連帯感を覚えた事を

今でもはしくれは鮮明に記憶しています。

 

競馬は個人戦ですし

負けると落ち込んで帰りたくなる事もしばしばですが

この時は何か笑う事で

救われた気がしました。

 

そして冷静になってみれば

オレハマッテルゼは強かったなあ・・・

と思えた自分が居ました。

 

きっと前に居たおじさんも

馬券は外れていたのだと思います。

そんな雰囲気を察しましたが

空気はとても穏やかでした。

 

珍名馬にはそんな

場を和ます力があります。

愛すべき名前というのは

やはり必要でしょう。

 

そしてこんな馬たちが居るからこそ

はしくれは今も心から、競馬を楽しめているのです。

その感謝の気持ちを込めて

今こそオレハマッテルゼに言いたい。

 

「競馬暦20年だけど、今もまだ競馬に・・・

オレ、はまってるゼ・・・」

と。

 

*笑ってお腹が空いたら・・・

東京競馬場で食べる幻のアイテム

をご覧下さい☆

 




 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「競馬に笑いを!珍名馬50選☆大特集」への3件のフィードバック

  1. いいね〜、この競争馬達の名前を使って、国会議員さんの議会討論を実況中継風にアレンジメントしたいと思います。

    各種のスポーツも実況中継風にアレンジメントすれば、笑いとユーモアセンスによって、少しは笑えるかな?珍名や珍出身地の選手も総出演すればいい?

    北島三郎さんの持ち馬「キタサンブラック」も登場させて、ユーモアとセンスアプを狙ったエッセイを書こうと思っていますので、宜しくお願い申し上げます。

    1. ボケ71さん、初めまして。コメントありがとうございます(^^)

      このコラムは珍名馬にちなんで、はしくれなりのユーモアセンスで書かせて頂いた記事です。
      はしくれは競馬以外の事は疎いので、何と申し上げてよいのか分かりませんが、
      競馬を少しでも身近に感じて楽しんで頂けたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です