2017秋華賞結果・優勝馬は・・・!

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、京都競馬場で

GⅠ秋華賞が開催されました。

 

注目された今年の3歳牝馬路線ですが、

その最後の1冠で、最も輝いたのは・・・

 

まずははしくれの予想からご覧頂き、

結果の回顧へと参りましょう。

はしくれの秋華賞の予想は、以下の通りでした。

 

<2017 秋華賞予想 印&買い目>

◎アエロリット

○カワキタエンカ

▲ディアドラ

☆リスグラシュー

△リカビトス

買い目・・・単勝◎200円、ワイド流し◎ー○▲☆△各100円、計600円。

 

それでは結果に参りましょう。

こちらです。

 

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 




 

はしくれの本命◎アエロリットは7着・・・。

反省点が多分にあるこの秋華賞の結果ですが、

まずはレースを回顧して、反省に参りましょう。

 

まずは、スタートですが・・・。

 

 

少しバラついたスタートになりました。

◎アエロリットは特に問題はありません。

逃げ馬○カワキタエンカが、

予想通りに先手を主張して行きます。

 

各馬のポジションに注目が集まりましたが、

戦前の予想通り、1番手にカワキタエンカ、

2番手にアエロリットが続きます。

3番手にはファンディーナが先行争いに加わりました。

 

 

序盤にポジションが固まると、

道中は縦長で1000mを通過して行きます。

この時の通過時計が59秒1。

重馬場を考えれば、これは明らかなハイペースです。

 

前の馬が飛ばしていくので、

後続にもチャンスが生まれます。

最後の直線を向く前に仕掛ける馬も見られました。

特にモズカッチャンは、

デムーロ騎手の判断が早かったと思います。

 

 

4コーナーです。

重馬場も考慮したのでしょう。

モズカッチャンが外から前を交わしにかかります。

 

アエロリットは既に手応えが怪しくなり、

カワキタエンカと併せる事もままなりません。

それを見るように今度は☆リスグラシューが進出してきます。

 

抜け出したモズカッチャンとリスグラシュー。

この2頭で決まるかと思った矢先・・・。

内からコースを外目に振って、

力強く伸びてくる馬が居ました・・・。

 

 

14番の▲ディアドラです!!

前の2頭が早目に進出したところを目掛けて、

重馬場をものともせずに一気に前を交わし去りました。

鮮やかな戴冠劇に、興奮冷めやらぬはしくれでした・・・。

 

2着には粘ったリスグラシュー、

3着にモズカッチャンで、

前に行った馬たちには厳しい結果となりました。

 

・・・それでは敗北に終わったはしくれの、

今回の敗因を分析したいと思います。

 

まず、予想ですが・・・。

重馬場が読みきれませんでした。

天気予報を睨みながら、

重馬場までは行かないのでは、と踏んでいたのですが・・・。

 

秋華賞の開催史上、初の重馬場となりました。

この事で各馬スタミナを余計に取られてしまいましたね。

やや重時点で「重馬場と同じ」という声が騎手から上がっていたようですので、

かなりの水分を含んだ状態の馬場だったと思います。

 

次にペースが誤算でした。

カワキタエンカが早いペースで引っ張る事も考えましたが、

さすがにこの馬場で59秒1の1000m通過は速かったです。

同馬はローズステークスでもかなり飛ばして行きましたが、

今回はアエロリットが居るので、

ペースは少し落とすだろうと踏んでいました。

 

このあたり、

ファンディーナが前に行った事も影響したかもしれません。

アエロリットはやはり番手に控えますが、

速いペースと重馬場で、かなり苦しい競馬となってしまいました。

 

終わってみればオークス上位組みの決着という結果となり、

重馬場とハイペースが如何に堪えたかが分かります。

2000m戦と言うより、殆ど2400m戦、

もしかしたらもっとスタミナを要求された一戦だったかも知れません。

 

スピードタイプのアエロリットには、

不向きな展開だった事は否めません。

この点、7着という結果も仕方なかったと思います。

 

という事で今回は、反省の多い秋華賞となってしまいました。

雨天時はやはり、それ相応の予想が必要になります。

 

もう少し重馬場寄りの予想ができていたら・・・

と残念な気持ちです。

ただ、重馬場のハイペースでは、スタミナロスが多い

という点は、これからの予想に役立つと思います。

 

競馬はやはり難しいですが、

前を向いて次戦の予想に備えたいと思います。

来週は菊花賞です。

混戦ムードの牡馬1冠をなんとかもぎ取りたいと思います。

 

今回は参考にして下さった皆さんに、大変申し訳ございませんでした。

どうぞこれからも変わらぬ応援、よろしくお願い申し上げます。

 

*勝利されたディアドラの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様 に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です