2017秋華賞予想・アエロリットの取捨は・・・?

皆さんこんにちは、はしくれです。

日曜日は牝馬3冠最終戦、

GⅠ秋華賞が京都競馬場で開催されます。

 

前日時点では降雨の影響は限定的でしたが、

日曜日の予報は一日中の雨予報。

雨の降り方は弱いとの見解ですが、

馬場状態はやや重程度には悪化すると見ています。

 

この点、馬場の影響は考慮しなくてはなりません。

それでは早速この点を踏まえて、

GⅠ秋華賞の予想へと参りましょう。

出馬表とはしくれの予想は、以下の通りです。

 

 

<2017 秋華賞予想 印&買い目>

最強競馬ブログランキングにて発表(現在35位あたりです。)

○カワキタエンカ

▲ディアドラ

☆リスグラシュー

人気ブログランキングにて発表(現在コラム1位です。)

買い目・・・単勝◎200円、ワイド流し◎ー○▲☆△各100円、計600円。




本命◎はこの馬にしました。

今回の秋華賞で特に例年と違う点は、

やはり先述のとおり、馬場が渋りそうな事です。

 

京都内回りコース使用の秋華賞の形態的に、

内枠の先行馬には、

スタート後と最後の直線の両方が短い事が有利です。

 

実際、今まで穴を開けた馬たちには先行馬が多く、

この点を考慮すれば自ずと本命は同馬に行き着きます。

過去10年以内では2011年がやや重馬場でしたが、

この時優勝のアヴェンチュラは同馬とローテが同じです。

距離延長は馬体的にも問題ないと思います。

 

対抗○はカワキタエンカです。

同馬はローズステークス時も当ブログで推奨しましたが、

今回も単騎逃げが叶いそうなメンバー構成です。

 

というのも、内枠のアエロリットは、

同馬を壁にして溜めたいところで、

それだけに同馬がペースを落として逃げる事も可能です。

 

その上同馬はミドルペースで逃げ粘れるスタミナもあり、

前走・ローズステークスの走破タイムも優秀。

多少のペースアップは特に、気にならないと思います。

重馬場も1-0-1-0と得意分野と言えるでしょう。

 

▲にはディアドラです。

同馬は前哨戦の紫苑ステークスを勝利しましたが、

近年このレース経由の活躍馬が目立ってきています。

 

他馬の多くが距離実績に乏しいメンバー構成の中で、

同馬は唯一頭だけの2000m2戦2勝です。

京都競馬場も1-1-2-0で馬券圏外は一度も無く、

コース適性を考えると無警戒にはできません。

 

鞍上には名手・ルメール騎手が騎乗で、

外枠7番もデータ優勢の好枠です。

期待が持てる一戦でしょう。

 

☆はリスグラシューです。

同馬はこれまで3歳戦では一度も勝ち星が有りませんが、

3冠路線で2→5着と大きく負けた事はありません。

 

特にやや重馬場の桜花賞は、

レーヌミノルにコンマ1秒差、

オークスに至っては、

出遅れて後方から追い込んでいます。

 

叩き2戦目で型どおりに良化が報じられており、

ここ一番で大仕事をする武豊騎手が騎乗です。

京都を走らせたら日本一上手い、

同騎手とのコンビが脅威です。

 

最後に△はこの馬にしました。

今回△を追加するのは、

同馬が魅力ある穴馬だからで、

気楽な立場で乗れる事がとにかく怖い一頭です。

 

現在3連勝中で勢いも一番ですが、

夏前に既に古馬1000万下クラスを突破したのは驚きでした。

無駄のない体つきでバランスの良いタイプで、

坂を駆け上がるパワーも有り、重馬場もこなせそうです。

 

気になるのはローテーションですが、

人気薄なのはその為でもあり、

狙って行くなら今回しか妙味が有りそうにありません。

その為追加の印を用意し、

最後の一頭に選出しました。

 

買い目は本命◎からの式別に絞って勝負です。

 

さて、今回は生憎の空模様となりましたが、

牝馬が強い世代と言われた、牝馬3冠路線も最終戦です。

どんなドラマが待ち受けているのか、とても楽しみですね。

 

私たちもまずはこの一戦をものにして、

これからのGⅠ戦線に弾みをつけたいところです。

◎には頑張ってほしいですね。

 

それでは、雨の中での大一番となりそうですが・・・。

この日曜日が皆さんにとっても、

素敵なものになりますように。

 

秋華賞も、グッドラック☆☆



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です