2017毎日王冠結果・ベストパドック賞は・・・☆

皆さんこんにちは、はしくれです。

先週の週末は豪華3日間開催でしたが、

皆さんの馬券の調子はいかがでしたでしょうか。

 

その3日間開催の中で、

最後の回顧となる毎日王冠の結果と、

はしくれも驚いたベストパドック賞の馬を、

今回は特別な形で取り上げたいと思います。

ぜひ、ご覧になって下さい。

 

それでは早速はしくれの、

毎日王冠の予想からまずはお伝えしたいと思います。

予想は以下の通りでした。

 

<2017 毎日王冠予想 印&買い目>

◎ソウルスターリング

○グレーターロンドン

▲リアルスティール

☆マカヒキ

△サトノアラジン

×ヤングマンパワー

買い目・・・馬連流し◎ー○▲☆△×各100円、複勝×100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

 

はしくれ・・・完敗です!!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)




はしくれの本命◎ソウルスターリングは8着・・・。

 

この3日間の重賞開催ではひとつも当てる事ができず、

本当に情けない結果となってしまいました。

後悔も沢山ありますが、

その毎日王冠の結果を、

しっかり振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

アストラエンブレムがやや出負けした感はありますが、

その他は特に問題なく、各馬スタートしました。

 

3番のダイワキャグニーが先手を主張する構えでしたが、

ここで最内からペースを窺い、

1番人気の◎ソウルスターリングがハナに立ちました。

はしくれの推し馬である×ヤングマンパワーは3番手に控えます。

 

道中はこの3頭が先陣を形成し、

少し縦に長い展開でレースが進んでいきます。

1000m通過は60秒丁度で、

良馬場でこの時計なら決して速くはありません。

4コーナーを迎えるときも、まだ3頭が先団でした。

 

 

ここからスタンドに居たはしくれは、

大観衆の中でヤングマンパワーに声援を送ります。

「ソウルスターリングと一緒に上がってきてくれ」

という思いで見つめていました。

しかし・・・。

 

直線坂下では既にソウルスターリングの手応えが怪しくなりました。

ですがヤングマンパワーの手応えはまだ、かなり残っているようでした。

殆ど絶叫状態でしたが、周囲の声援はそれ以上。

このレースへの注目度が分かる状況でした。

 

 

ここから、長い直線の攻防が始まりましたが、

最後はやはり切れ味勝負。

馬場も外側が伸びる事もあり、

差し馬が台頭します。

特に後方に居た▲リアルスティールと、

△サトノアラジンの勢いは、目を見張るものがありました。

 

 

この2頭が競り合うように馬場の3分どころを突き抜けてゴール。

軍配はリアルスティールにクビ差で挙がりました。

そこから1馬身半差の3着に○グレーターロンドンが入り、

内で限界まで粘ったダイワキャグニーが4着でした。

 

×ヤングマンパワーも人気以上に頑張ってくれ、

このメンバーが相手だった事もあり、

はしくれの目頭は熱くなりました。

 

さて、こうして大興奮の毎日王冠観戦劇となりましたが、

馬券の方がさっぱり当たらず、

皆さんのお役に立てず、

大変申し訳ございませんでした。

 

この3日間、はしくれと共に戦って下さった皆さんの為にも、

このままただ回顧だけで終わる訳には行きません。

 

ですので、

パドックが一番得意なはしくれが、

今回選んだベストパドック賞を発表し、

その画像を自由に使って頂いて構わないという特典を、

今回に限り設けました。

ぜひ、その素晴らしい馬体を収めた写真にご注目下さい。

 

それでは早速、毎日王冠に現れた

素晴らしい優駿に登場してもらいましょう。

 

今回のベストパドック賞は・・・!

 

 

サトノアラジン号です☆☆☆

 

「え・・・2着なのに・・・??」

と思われた方もいらっしゃるでしょうが、

それは別の問題です。

今回、パドックで最も輝いていたのは、

間違いなくこのサトノアラジンでした。

 

見てください、この筋肉の張りと均整の取れた好馬体を。

そしてフワフワと全身をまとう、オーラのようなツヤを。

これほど完成された仕上げには、そうそうお目にかかれません。

 

残念なことですが、

はしくれは正直同馬を見てすぐに、

自身の予想が外れる事を意識しました。

 

因みに、同馬はなぜ2着だったのかというと、

リアルスティールも仕上がっていた事と、

体形的な距離適性、

鞍上のパフォーマンスが差になっていると考えています。

 

上位馬の仕上がりは本番にかなり近い状態で、

毎日王冠というレースが、

いかに目標にされているかを実感した一戦でした。

 

因みにパドックの仕上がりと短評を、ランキング形式で発表すると・・・

 

1位サトノアラジン(100%の仕上がり)

2位リアルスティール(95%の仕上がり)

3位マカヒキ(89%の仕上がり)

4位グレーターロンドン(88%の仕上がり)

5位ソウルスターリング(80%の仕上がり)

 

でした。

そしてこの仕上がりを見てはしくれが思ったことは、

サトノアラジンが今後のレースでもう一度ピークに持ってこれるのかという不安と、

ソウルスターリングが例え100%でも及ばなかったのでは、

という事です。

 

伸びしろを考えたとき、

勝ち馬リアルスティールはまだもう一段見込みがありますし、

グレーターロンドンも更に良化が見込めます。

また、マカヒキも6着でしたが、

4kgほど絞れてくれば更に走っておかしくないです。

 

ただ、

今回のサトノアラジンは目一杯仕上げてきましたし、

ピークを2度作ると言うのは並大抵ではありません。

 

またソウルスターリングは、

形は出来ていたのですが、中身が伴っていない事が非常に気になりました。

馬体の迫力も強豪牡馬には及ばない感じでしたし、

これから2週間で仕上げるのはかなり厳しいと言えそうです。

 

ソウルスターリングはもっと言えば、

夏を越しての成長も、あまり感じられませんでした。

レースで凡走してしまったのも、

このあたりが原因の可能性が有ります。

特にレース展開も、前にそんなに厳しい流れでもなかっただけに・・・。

 

と、いう事で今回は、

様々な感想が浮かびましたが、

サトノアラジンの素晴らしい仕上がりに驚いたはしくれでした。

 

GⅠ戦でもそうそうこれだけ仕上がっている馬はいません。

凱旋門賞は残念でしたが、

やはり池江調教師はとても優秀なトレーナーだと改めて敬意を表します。

 

さて、このサトノアラジンの画像ですが・・・。

著作権に関してははしくれが所有しますが、

引用元さえ明記して下されば、自由に使って頂いて結構です。

ご自由にプリントしたり、

手を加えて使って頂いても構いませんし、

ご連絡を頂く必要も有りません。

 

意外と競走馬の写真というのは、

手に入らないものですので、

ささやかながら日頃のご愛顧に感謝して、

お使い下されば幸いです。

 

 

また、今回はせっかくですので、

騎手が乗っていないバージョンも特別にご提供致します。

著作権に関しましては先述の写真の通りです。

名馬といえども仕上がりには毎回差がありますので、

どうぞピーク時のサトノアラジンをご堪能下さい。

 

最後に、

これを持ってパドックに臨む方へ、はしくれからお願いがあります。

このような理想的な仕上げは本当に稀なもので、

ましてサトノアラジンほどの名馬でさえも稀な事です。

下級条件の馬たちの中に同様の仕上がりを探すのは、

相当に困難な事と言えます。

 

ですから、これはあくまで理想の状態として考えて欲しいのです。

良い仕上がりの馬というのは、

その馬なりに優れた仕上がりになるものですから・・・。

ぜひ、この点はご理解頂き、ひとつの雛形としてご活用下さい。

 

それでは、長くなりましたが、

今回の回顧は以上になります。

はしくれも皆さんと共に、

馬券の収支改善を目指して日々精進致します。

 

これからも的中を目指して努力して参りますので、

どうぞ当ブログを末永くご愛読下さいますよう、

心からよろしくお願い申し上げます。

 




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です