2017スプリンターズステークス結果・レッドファルクスは・・・!?

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は日曜日に中山競馬場で行われたGⅠ、

スプリンターズステークスの結果について、

お伝えしたいと思います。

 

予想時は凱旋門賞との2本立てでお送り致しましたが、

水曜日に詳細が分かってからそちらは改めてお伝え致しますので、

今回はスプリンターズステークスの回顧のみをお伝え致します。

 

それでは早速ですが、

はしくれの予想からご覧頂き、

結果をお伝えしていきたいと思います。

はしくれの予想は、以下の通りでした。

 

<2017 スプリンターズステークス予想 印&買い目>

◎レッドファルクス

○ファインニードル

▲ダイアナヘイロー

☆ビッグアーサー

買い目・・・ワイドボックス◎~☆各100円、計600円。

 

結果はこちらです。

 




はしくれ・・・外れです!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎レッドファルクスは1着・・・!

それでは早速、レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

シュウジが外枠で出遅れます。

気性難でかかる事が多い馬ですが、

今回は出遅れスタートで後方からとなりました。

 

 

フィドゥーシアは三浦騎手のマスコミへのコメント通り、

今回は逃げませんでしたね。

代わりに先手を切ったのはワンスインナムーンでした。

 

同馬が逃げる展開となりましたが、

そこまで速い流れでもなく、

予想したミドルペースにかなり近い展開となりました。

2番手につけた▲ダイアナヘイローも好位に見え、

◎レッドファルクスの得意な流れに期待が高まります。

 

 

ですが、4コーナーを向いてこの位置。

前との差もあり、外目を回らされる厳しい位置取り。

ある程度は想定していましたが、

思ったよりもペースが上がらなかった為に、

不安が過ぎります。

 

 

最後の直線、坂下でもこの位置。

ワンスインナムーンの手応えが優勢で、

正直駄目かと思いましたが・・・。

 

 

最後はあっという間に、前を行く9頭をごぼう抜きにしてのゴール。

これにははしくれ、唸ってしまいました。

強い!の一言です。

 

ゴール後、すぐにデムーロ騎手が十字を切る姿が印象的でしたが、

まさに人馬一体、馬の能力を信じきった勝利でした。

○ファインニードルよりもこちらを選んだ同騎手ですが、

やはり名手の選択に狂いはありませんでしたね。

 

さて、今回のスプリンターズステークスの印象ですが・・・。

事前の混戦ムードもなんのその、

1番人気馬が強い競馬を見せてくれました。

正直、はしくれもレッドファルクスには自信が有ったのですが、

2番手以下を上手く選べなかった事が残念でなりません。

 

因みに、当ブログが参加している

最強競馬ブログランキングですが、

現在「秋のGⅠシリーズチャンピオンブロガー決定戦」を開催しておりまして、

今回はしくれはスーパー勝負レース指定で、

一気の20ポイント取得で首位に立ちました。

 

 

サマーシリーズでは1戦抜けた状態で191人中総合33位でしたが、

この時も開幕ダッシュを決めながら途中失速してしまったので、

今回は修正を加えて首位を狙って頑張ります。

普段から応援下さっている皆さんの為にも、

この開幕ダッシュは生かしたいです。

 

さて、着順に話を戻すと、

○ファインニードルは手替わりが痛かったのか12着、

▲ダイアナヘイローは連戦の疲れと急坂が堪えたか15着、

☆ビッグアーサーは長期休養明けで最後は息が上がったような6着でした。

 

これらの敗因は予想できた範囲ですが、

予想時はこれらが好走要因になる可能性も孕んでいたので、

割り切るしかありません。

大変、申し訳ございませんでした。

 

むしろ反省点は買い目にありまして、

◎レッドファルクスの単勝を買えなかったのが悔やまれます。

普段から単勝を大事にしているはしくれにとって、

これはあるまじきミスでありました・・・。

 

そこで、

「秋GⅠチャンピオンブロガー決定戦」

が本命馬のポイント制である事も鑑みて、

この秋のGⅠ戦は本命馬をより重視した買い目で勝負したいと思います。

 

具体的には単勝・複勝重視で、

連馬券は軸を立てる買い方をメインにする

という方法を取りたいと思います。

馬券の収支改善を、これで果たしていきたいです。

 

さて、最後に2着のレッツゴードンキと、

3着ワンスインナムーンの話をしたいと思います。

 

この2頭は率直に行って、強かったですね。

今回はペースこそ速くはありませんでしたが、

持続的な脚力が問われるGⅠらしい一戦でした。

勝ったレッドファルクスが2枚は上手でしたが、

岩田騎手らしくインを付いたレッツゴードンキも見事でしたし、

逃げ粘ったワンスインナムーンと石橋騎手も見事でした。

 

総括すると上位馬には1400m以上で実績があり、

このスタミナが持続力勝負に克つための武器になったと思います。

これは過去のスプリンターズステークスでも証明されているデータですので、

来年はこの点を重視したいと思います。

 

以上が回顧になります。

皆さんのスプリンターズステークスは、いかがでしたか。

的中馬券を手にされた方はおめでとうございます。

はしくれは今回の敗戦を活かし、

次回以降、上昇したいと思います。

 

それでは、今回もお読み下さり、

誠にありがとうございました。

今週は水曜コラムを、

凱旋門賞の結果に変えてお送りしたいと思いますので、

どうぞお楽しみになさって下さい。

 

皆さんと共にこれからのGⅠ戦線、

盛り上がって行きたいと思います。

これからも引き続き温かいご声援を賜りますよう、

心よりよろしくお願い申し上げます。

 

*勝利されたメイショウスミトモ及びジュールポレールの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です