2017スプリンターズステークス予想&凱旋門賞予想

皆さんこんにちは、はしくれです。

いよいよこの日曜日は、秋GⅠ開幕戦

スプリンターズステークスと、

海外では凱旋門賞が開催されます。

 

今週は今までにない、豪華GⅠ2本立ての予想で、

的中と回収をしっかり狙って行きたいと思います。

それでは早速ですが、

スプリンターズステークスの予想からお伝え致しましょう。

出馬表とはしくれの予想は、以下の通りです。

 

 

<2017 スプリンターズステークス予想 印&買い目>

◎レッドファルクス

○ファインニードル

▲ダイアナヘイロー

☆ビッグアーサー

買い目・・・ワイドボックス◎~☆各100円、計600円。




本命◎はこの馬にしました。

日曜のスプリンターズステークスで、

GⅠ仕様の馬場になる中山競馬場ですが、

直線も傷みはさほど気にならず、

早い時計での決着となりそうな気配です。

 

この早い時計というものの中身ですが、

序盤から緩み無く、

持続的に脚を使う展開になると見ており、

総合力の高さ、

息切れしない「ステイ」の能力がモノを言う結果となりそうです。

 

このレースは序盤に飛ばすほど先行勢が息切れしますが、

かと言って後方過ぎても届かないのが中山の直線です。

同馬はコースを克服済みで、

経験・展開も味方にできます。

これは他馬にはない優位性と言って良いでしょう。

 

対抗○にはファインニードルです。

同馬は前走・セントウルステークスで出遅れながら先行し、

見事に優勝を果たしました。

 

北九州記念時も一番優れた馬体を有している馬だと思いましたが、

この時は不利も有り、5着と不発に終わっています。

ただ、これが息抜きとなった分、

前走で走っていますし、

連戦の疲れが少なく済んだ可能性が高いです。

 

前走は、前哨戦としては申し分ない一戦でしたし、

騎手の乗り替わりも競馬のセンスの良さでカバーできると思います。

時計勝負も望むところで、

ここも期待の一戦です。

 

▲にはダイアナヘイローです。

今回のメンバー的には、

逃げるのは多分フィドゥーシアかこの馬でしょうが、

フィドゥーシアは三浦騎手が溜める競馬をほのめかしています。

 

こうなると同馬が押し出される形で先手を切るかもしれませんが、

それはそれで北九州記念と似たような展開が期待できます。

最初の入りが早すぎると後半スタミナが心配ですが、

フィドゥーシアが抑えるならばペースはそこまで上がらないでしょう。

 

逃げ馬に乗せたら日本一上手いとはしくれが思う、武豊騎手が騎乗です。

名手の体内時計をもって、

絶妙なペース配分で優勝を狙います。

 

☆はビッグアーサーです。

最後に同馬を選びましたが、

その理由は「推し馬だから」です。

 

はしくれが同馬と初めて出会ったのは、

2年前の小倉・八代特別(2戦目)になります。

この時パドックを見ていたはしくれは、

背中に稲妻が走りました。

 

「この馬なら世界が狙える・・・」

その確信がその時既にありました。

こういう馬は買い続けるのがはしくれの哲学です。

 

幸いその後GⅠ馬になりましたし、

海外にはまだ手が届きませんが、

見立ては間違っていなかったと思います。

このような方法も予想法の一つとして組み込んでいますので、

今回も当然の抜擢です。

 

買い目は◎~☆のワイドボックスで、的中の重複を狙います。




それでは次に、

GⅠ凱旋門賞の予想に参りたいと思います。

出馬表は用意がありませんので、

早速予想をお届けいたします。

予想はこちらです☆

 

<2017 凱旋門賞予想 印&買い目>

◎エネイブル

○ウィンター

▲ユリシーズ

☆オーダーオブセントジョージ

△サトノダイヤモンド

買い目・・・△単勝・複勝各100円、馬連流し◎ー○▲☆△各100円、計600円。

 

本命◎はこの馬です。

同馬は今、まさに世界の頂点に立とうとしている、

欧州の逸材です。

凱旋門賞は定量戦で、

ハンデが軽く、実績面からも抗えない存在です。

 

まして乗るのははしくれが一番の名手と称える騎手であり、

この馬を置いて他の馬に本命を付けるのは憚られます。

競馬は確かに難しいですし、

何が起こるか分かりません。

 

それでも本命の厚みにかけて、

この馬の右に出るものは無いでしょう。

 

対抗○にはウィンターです。

シャンティイで行われる凱旋門賞では、

まず9番枠以内が有利ですが、

同馬は今回8番枠と、

良いところをゲットしました。

 

凱旋門賞に多頭出しするA.オブライエン厩舎ですが、

中でも先ず勝たせたいのは恐らくこの馬でしょう。

 

というのも、他馬を選べたムーア騎手が、

進んで選んだのがこの馬だからで、

以前からお伝えしている通り、

超一流の騎手がこの判断を誤ることは先ずありません。

 

ですから、スタッフ一丸となって勝ちに来るなら、

同馬は援護を受けやすいと言えます。

 

▲はユリシーズです。

同馬は最内1枠1番からのスタートですが、

差し馬なので巻かれる心配があります。

 

この点は考慮しましたが、

かといって外枠はロスが多く、

トリッキーなシャンティイコースでは、

埒を頼って走れる分、まだ最内は良いと言えます。

 

重馬場では経験がありませんが、

キングジョージで2着しており、

優勝馬エネイブルとのハンデ差も今回は詰まります。

更にガリレオ産駒ですから、

むしろ道悪歓迎の可能性もあります。

警戒は怠れません。

 

☆にはオーダーオブセントジョージです。

同馬は前走で長距離戦の、

アイルランドセントレジャーを制しています。

 

当日の天気は雨予報ですし、

既に緩い馬場が想定されていますから、

この馬が持つ重馬場4戦全勝と、

無尽蔵のスタミナは大きな武器になりそうです。

 

好枠としてはぎりぎりの9番枠で、

捲くっていける脚質の持ち主。

多少外を回してもスタミナ的に問題はなさそうで、

混み入る内を避けながら、

好位でチャンスを狙えるでしょう。

 

最後に△サトノダイヤモンドです。

やはり日本のエースを無印にはできませんし、

ビッグアーサー同様、

この馬ははしくれの「推し馬」でもあります。

 

当ブログの掟「印は4頭まで」を例外的に破りましたが、

ここで応援しなけりゃどこでする

というのが本音で、

応援馬券を買わせてもらいたいと思います。

 

ただ、欧州向きの体型ではなく、

スピードタイプの体つきなので、

この点がフォワ賞前から気がかりではありました。

日本の競馬が目指すものと、

欧州の競馬が目指すものの違い・・・。

このズレが修正されない限り、

これからも日本馬には厳しい戦いが続きそうです。

 

買い目は△の応援馬券(単勝・複勝)と、◎からの馬連流しで計6点です。

 

夜まで楽しめる最高峰レースGⅠ開催の一日、

最大限の興奮をレースで味わいましょう。

 

それでは、皆さんの的中を願って・・・

グッドラック☆☆




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です