馬体重に左右されないたった一つの方法

皆さんこんにちは、はしくれです。

新聞や各種データを使って、

必至に予想して組み上げた馬券ですが・・・。

いざ、買ってから馬体重の発表を聞くと、

不安になる事ってありますよね。

 

これで行ける!と思っていた予想ですが、

前走からプラス10kgとか、

マイナス10kgとか言われると・・・。

 

まして10kgくらいならまだしも、

これを超える上限というのも、

ままあるのが競馬です。

 

そこで今回は、

馬体重を気にしなくて良いたった一つの方法

を、実践を交えてお話しましょう。

 

馬体重を気にしなくて良い、

たった一つの方法とは・・・?

 

それは・・・・・・

相馬眼を鍛える事

です!




当ブログでは何度となく、

この事実に触れていますが、

皆さん実際にパドックを見て勉強して下さっていますか?

 

はしくれは本当に役に立つと思えばこそ、

パドックの見方、お教えします!

極意を公開しているのですが・・・。

 

開催場所にもよりますが、

はしくれは当該馬が、

大体何kgプラスかマイナスか、

この目で見て判断できます。

 

その実践として、先日の小倉9レースで、

実際に本命にした馬の画像をご覧頂きましょう。

 

 

この馬は画像の通り、

1番人気でプラス14kgという馬体重での出走でした。

これを見て皆さんは、

どう思いますか?

 

プラスでしょうか、

それとも、マイナスに見えるくらいでしょうか・・・??

 

はしくれの判断としては、

「ベスト体重~プラス2kg」

でした。

 

果たして結果は・・・。

 

 

・・・2着でした。

と、いう事は・・・

プラス2kgが正しかった

ようですね。

 

実際、同馬は枠入れの際、

若干発汗も見られましたので・・・。

因みに成績表は以下の通りになります。

 

 

1番人気が2頭いますね。

そしてこの時の、はしくれの馬券ですが・・・。

 

 

このような形です。

的中していますね。

1着馬の画像を保存しておらず、誠に申し訳ございません。

 

因みにこの時の1着、ブライトムーンですが、

馬体のつくりはほぼ完璧でしたが、やや緩さが残っていたため、

本命にはしませんでした。

結果論ですが、

同馬の方がムダが無かった分、走りましたね。

 

印の数や買い目の数も、

当ブログでお伝えしている通りの内容で投票しているのが、

画像からもお分かり頂けると思います。

 

印に関しては予想印が競馬スタイルを決める!で、

買い目に関しては買い目の点数は6点以内、競馬を長く続けていくなら・・・

で既にお伝えしていますので、

そちらもぜひ参考になさってみて下さい。

 

という事で今回は、

馬体重に左右されないたった一つの方法とは、相馬眼を鍛えること

という事実を、

改めてお伝えさせて頂きました。

その実際のサンプルとして以上の画像を上げておきますので、

時々参考に眺めて下されば幸いです。

 

また、パドックに集中していると、

馬券の買い目を考える時間が極端に短くなります。

ですので、

あまり点数が多くなりやすい三連系馬券は避け、

単複を基本とする馬券術を、併せておすすめしたい

と思います。

 

当ブログの基本理念は、

ご覧下さっている皆さんの、競馬の収支改善

にあります。

相馬眼上達の道のりは平易ではありませんが、

絶対にやるだけの価値はあります。

ぜひとも皆さんも楽しんで、

上達を目指して下さい。

 

それでは、今回はこの辺で。

今回もご精読下さいまして、誠にありがとうございました。




 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です