2017新潟2歳ステークス結果&キーンランドカップ結果

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日、日曜日は2重賞

新潟2歳ステークスとキーンランドカップが開催されました。

回収率100%に迫るはしくれ、

果たして結果を上げる事はできたのでしょうか・・・。

 

それでは早速、新潟競馬場で開催された

新潟2歳ステークスの結果をお伝えいたします。

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 新潟2歳ステークス予想 印&買い目>

◎プレトリア

○ムスコローソ

▲グランデウィーク

☆オーデットエール

買い目・・・単勝◎100円、ワイド◎ー○▲☆各100円、計400円。

 

結果は以下の通りです。

 

 

はしくれ・・・・・・惨敗です!!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

これは、もう・・・

如何ともしがたい敗戦を喫してしまいました。

その主たる要因は超スローペースにあるわけですが・・・。

早速結果を回顧していきましょう。

 

まず、スタートでは特に大きな不利も無く・・・。

各馬団子状態のスローペースで進みます。

ここまでは予期していた事ですが、

それにしてもスロー。

超スローペースとなります。

 

逃げ馬が散見されたので、

ここまでのスロー展開は予想していませんでしたが・・・。

前を行く各馬はきちんと内目を開けてコーナーを回りました。

 

さすがに1000m通過が1分1秒6という時計では・・・。

前に居ないと話にならなかったですね。

新潟の馬場を考えれば、これは長距離戦でもかなりのスローです。

これをマイル重賞で記録するとは驚きました。

 

先行各馬は余力十分、

このペースでのヨーイドンでは、

ポジションがモノを言います。

芝の良いところを先行して抜け出した

フロンティアの快勝でした。

 

 

最後内に寄っていますが、

馬場の4分どころを真っ直ぐ走ったフロンティアの操縦性は、

高く評価できます。

 

こうして見ると

新潟外回りマイルという条件を、各騎手が意識しすぎた

という結果になりました。

ここまでの超スローをはっきり意識できたかどうか

が予想の分かれ目でしたね。

 

ただ、はしくれの本命◎プレトリアに関しては、

悲観する内容ではありませんでした。

馬場の良くないインを進んで、

最後も直線で外に出せない苦しい競馬で7着。

まだ見限れない敗戦でした。

 

相手に選んだ馬たちもこのペースに翻弄されており、

今回の着順を悲観する必要は無さそうです。

ともかく今回の反省点は、

後半勝負に意識が集中しすぎて、超スローになる事を読みきれなかった事

です。

この点は他のレースでも注意したい事柄です。




それでは次に、札幌競馬場で行われた

キーンランドカップの結果をお伝えしたいと思います。

はしくれの予想は以下の通りでした。

 

<2017 キーンランドカップ予想 印&買い目>

◎モンドキャンノ

○ソルヴェイグ

買い目・・・単勝◎・○各100円、馬連&ワイド各100円、計400円。

 

結果はこちらです。

 

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、重ねてお詫び申し上げます、

申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎モンドキャンノは6着・・・。

早速回顧をして参りましょう。

 

まず、大きな出遅れも無くスタートしたレースですが・・・。

前はナックビーナスがハナを奪って進みます。

インを攻める同馬の横に○ソルヴェイグが良い形で先行します。

◎モンドキャンノはポジションが定まりません・・・。

 

4コーナーを回ると各馬が内外にバラけます。

ナックヴィーナスが粘り、

馬場の良いところを通った○ソルヴェイグが襲い掛かりますが・・・。

なんと、

2頭の間に後方から割って入ったのは、

12番人気の洋芝巧者・エポワスとルメール騎手でした。

 

 

これにはしまった、と思いました。

前日土曜日にはメインレースで本命に推していた

◎エトルディーニュとルメール騎手ですが、

馬場を読んだ対処ができていないと感じた為に

エポワスを軽視してしまいました。

 

やはりこれが一流騎手の実力です。

はしくれの予想の限界を思い知らされた瞬間でした。

○ソルヴェイグの単勝に望みを繋いでいましたが、

結果はご覧のとおりでした。

 

現在の札幌競馬場が、

インがまだ伸びる状態であることは間違いありませんでしたが、

土・日ともに枠順と脚質の判断が甘かったです。

申し訳ございません。

この点は必ず修正したいと思います。

 

さて、今週は2重賞ともに外してしまいました。

回収率も少しずつ上昇していただけに、非常に残念です。

ただ、掛け金を落としていますので、

その点が救いでした。

やはり、

勝てているときとそうでない時は、抑揚が必要

です。

 

夏競馬も残すところ、あと一週間となりました。

来週こそはプラスで折り返したいと思います。

来週は枠順と脚質により気をつけて予想に臨みますので、

ぜひまたご覧下さいます様、よろしくお願い申し上げます。

 

それでは今週もご精読下さいまして、

誠にありがとうございました。

 

*勝利されたフロンティア及びエポワスの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「2017新潟2歳ステークス結果&キーンランドカップ結果」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です