2017BSN賞予想&WASJ第2戦予想

皆さんこんにちは、はしくれです。

土曜日は新潟競馬場でBSN賞が、

札幌競馬場ではワールドオールスタージョッキーズの第2戦が、

メインレースとして組まれています。

 

小倉競馬場でも開催がありますが、

回収率を重視して今回は2本立てと致しました。

それでは早速ですがこの2つのメインレースの内、

新潟競馬場で開催される

BSN賞の予想から参りたいと思います。

 

出馬表と予想は以下の通りです。

 

 

<2017 BSN賞予想 印&買い目>

◎マスクゾロ

○センチュリオン

▲トップディーヴォ

☆スズカリバー

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計400円。




本命◎はこの馬にしました。

土曜日の新潟地方は晴れ予報ですが、

週中の雨で馬場は重馬場になりそうで、

差し馬が多いメンバー構成からも、

先行馬有利と判断しました。

 

かなり水を含んだ馬場で、

時計も速くなりそうですが、

同馬には持ち時計も重馬場実績もあります。

臨戦過程が鍵になりますが休養明けも得意ですし、

ここでは力上位をはっきり示して欲しいものです。

 

対抗○にはセンチュリオンです。

同馬はとにかく安定感が素晴らしく、

オープン入り後の4戦も、

全て3着以内でまとめています。

中団から鋭く脚を伸ばすタイプで、

レースが上手なので大崩れは考えにくいです。

 

その代わりこういうタイプにありがちな、

善戦マンなのも事実で、

今回もペースが落ちそうな事から、

差し切りまでは難しいかと思います。

ただ実力は間違いないので、

2番手評価としました。

 

単穴▲はトップディーヴォです。

この馬の強みは3つありまして、

1つ目は鞍上が横山典弘騎手と言うことです。

2つ目の強みは重馬場適性で、

3つ目にはローテーションが好感です。

 

テン乗りが上手い横山典弘騎手で、

3-2-0-0と同馬大得意の重馬場なら、

叩き3戦目のローテーションと共に上昇して驚けません。

最内枠も先行する同馬にとっては追い風になりそうです。

 

そして☆にはスズカリバーです。

同馬は前走、マリーンステークスを3着と好走しました。

にも関わらずハンデは据え置きの53kgと軽量で、

復帰してから思い切りの良い騎乗を見せている、

三浦皇成騎手が騎乗です。

 

準オープンを勝ったばかりの馬や、

前走で先着している馬よりも軽ハンデである以上、

これはかなり恵まれたハンデと言えそうです。

先行馬も数が少なく、

スローペースを味方にできそうなのも魅力です。

 

買い目は好調の単勝と、点数を絞ってワイドにします。

 

続いて、札幌競馬場で開催される

WASJ(ワールドオールスタージョッキーズ)第2戦の予想です。

出馬表と予想は以下の通りです。

 

 

<2017 WASJ第2戦予想 印&買い目>

◎エトルディーニュ

○ゲッカコウ

▲クロコスミア

☆ウインフェニックス

買い目・・・単勝◎100円、ワイド流し◎ー○▲☆各100円、計400円。




本命◎はこの馬です。

 

同馬は洋芝で好走歴があり、

枠も不利がなさそうな事から、

本命に指名しました。

 

土曜日の札幌地方の天気は晴れ予報ですが、

馬場も乾いて良になりそうで、

重馬場経験がない同馬でも走りやすい馬場になりそうです。

ただJRAの発表によると、内目の芝が傷んできているという情報もあり、

最後外に持ち出せるかがレースの鍵になるかと思います。

 

そこで思い出すのは先週、

同コースを使用した札幌記念ですが、

このレースを考えると、

最初はインをロスなく進んで、

3~4コーナーで外に進路をとるのがセオリーとなりそうです。

 

枠と脚質、そして今年の札幌記念を経験した騎手とのコンビで、

同馬にはかなり分があると判断しました。

 

対抗○はゲッカコウです。

同馬は3ヶ月の休養明けから、

1000万下を優勝→同級を4着と、

ここにきてかなり好調をアピールしている一頭です。

 

特に前走は出遅れましたが巻き返しており、

今回は叩き3戦目で更なる前進が狙えます。

枠も2番枠でインで脚を溜められますし、

前で競馬をする有力各馬を見る形なのも理想的です。

モデルのオファーもあったという美人ジョッキー、

ケイトリン・マリヨン騎手の騎乗です。

 

単穴▲はクロコスミアです。

同馬を選んだ最大の理由は、

重賞でも好走している実績です。

前走のクイーンカップ4着もそうですが、

2走前の降級戦もすぐさま優勝したのは見事でした。

 

今回は現級での一戦となりますが、

臨戦過程からあっさりがあってもおかしくありません。

戸崎騎手は同馬に騎乗経験がありますし、

その点でも有利な一頭と言えるでしょう。

 

最後☆はウインフェニックスです。

同馬は前年のこのレースの2着馬ですが、

とにかく勝ち切れないが大負けもしないというタイプです。

札幌芝は2-1-0-0と巧者であり、

2000mも0-1-1-0とここは得意のコースです。

 

8ヶ月の休み明けが気になりますが、

休み明けも0-2-1-0と安定感があり、

斤量も苦にしない事から、

馬券圏内突入には警戒が必要でしょう。

センス溢れる騎乗を見せる、田辺騎手が騎乗です。

 

買い目は、回収率を重視して単勝&ワイドにしました。

 

それでは皆さんの土曜日が、

楽しい一日でありますように・・・☆




 

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です