競馬が当たる人のマインド

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、

競馬が当たる人のマインド

についてお話したいと思います。

 

当ブログはこれまでも様々なコラムを公開してきましたが、

そのコラムは馬券の収支改善を軸に、

できるだけ具体的な方法や考え方を示してきました。

 

これらのコラムを書きたいと思ったのは、

はしくれ自身が元々競馬がとても下手くそで、

独学で競馬を知るのに大変な労力を費やしたからです。

 

今でも外れると絶望的に

「下手くそだなあ・・・」

と落ち込む事もありますが、

それでも着実に収支は改善されており、

当ブログでもそこそこの回収率を保っています。

 

そこで、今回は方法論や考え方ではなく、

当たるようになったとき、どのようなマインドを持つようになったのか

という、

収支改善と共に訪れた、マインドの変化

体験談についてお話をしていきたいと思います。




それでは早速、

お話に参りましょう。

 

はしくれが当たるようになって訪れた、

最大のマインドの変化は・・・。

 

「結果から学ぶようになった」

という事です。

 

これは出来る方にとっては簡単な事なのでしょうが、

以前のはしくれにとっては、とても難しい事でした。

 

具体的な話をすると、パドックで

「この馬が大きくて強そう」

と思ったのに、小柄で目立たない馬が勝った時

「なんであんな馬が勝ったの?」

と思ったり、

新聞で予想をすれば、

「この馬はGⅠ馬だから強い」

と思ったのに、最低人気の馬に負けたりして

「なんでこんな馬にこの馬が負けたの」

と思ったりして、

疑問と怒りで混乱していました。

 

今になればこの考えは

「実に馬鹿げた考え」

だと分かるのですが、

当時のはしくれには気付くべくもない事でもありました。

 

それはなぜか。

それは、

「強い」の概念が間違っていたから

に他なりません。

 

皆さんは「強い馬」というと、

どんな馬を想像するでしょうか。

GⅠを勝つ馬でしょうか。

それとも、顕彰馬になる馬でしょうか。

それとも、1勝以上できる馬でしょうか。

 

色んな考えがあると思いますが、

以前のはしくれは何にせよ、

自分が強いと判断した馬こそが一番強い

という考えを持っていました。

 

ですが、これは驕りでしかありません。

これではどんな結果が出ても、何の足しにもなりません。

せっかく結果が考えの間違いを指摘してくれても、

謙虚にそれを吸収できないばかりか、

自分の間違った考えを増長させる事にもなります。

 

一度この考えに捉われると、

負けた原因を自身の予想技術ではなく、

騎手の判断に求めたり、

運のせいにしやすくなります。

 

もちろん、騎手の判断ミスは往々にしてありますし、

運が味方してくれない事もあるでしょう。

ですが、それが競馬です。

 

どんなに戦前の人気があろうが、

どれだけ予想に自信があろうが、

そんな事は全く関係ありません。

強いか弱いかと言うのなら、

「強い馬が勝つんじゃない、勝った馬が強いんだ」

と言うだけです。

 

 

また、よくはしくれが目にする光景に、

あの強い馬が負けちゃったけど、勝ち馬も大した事ないよね

というような、勝ち馬に対するバッシングのようなものが有ります。

 

ですが当然、これも的外れな考えです。

そもそも、強いと思っていた馬を負かした馬がいたのなら、

それは相当強い馬だと褒められて然るべきです。

 

「メンバーが低レベル」とか、

「重要な一戦じゃない」とかも、

そんなものは、やってみなくては分かりません。

実際、そういうレースから出世する馬は沢山いるのです。

 

こういうもの言いをするのは概して、

負けている人のマインドです。

競馬を知らない人の発言

と言っても良いかも知れません。

 

これは大変恥ずかしい事であり、

勝利を遠ざける行為です。

こういうマインドを持たないよう、

結果を大事にしていきましょう。

 

はしくれが当たるようになるまでに、

沢山の障害を通りました。

ですが一番大きな壁は、

この「結果から学ぶ姿勢を持つ事」でした。

 

自分の馬が負けようが、

予期せぬ馬が勝とうが、

とにかく結果が全てなのです。

 

そもそも、

競馬が当たる人達は、騎手に文句は言いません。

もちろん馬にも。

 

それよりも、

どうしてこの馬が勝ったのか、

「勝った馬から学ぼう」

というマインドで学習し続けることが重要です。

 

はしくれはプロの予想家ですが、

完成品ではありません。

いつでもこのマインドと共に、

日々学習し続けています。

ぜひ、皆さんもご一緒に、

学習して下さる事を祈っています。

 

それではこれからも、

結果から学ぶマインドを持って、収支を改善していきましょう。




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「競馬が当たる人のマインド」への2件のフィードバック

  1. マインドって大切ですよねぇ。
    マインドの持ち方で、
    その人の程度も判っちゃうんですよねぇ。

    勝った馬が強いって、
    確かに!
    どんな事にも言えますよね。
    勝つって大切だよなー(о´∀`о)

    1. 冴木さん!(*^^*)
      いつも本当にありがとうございます☆
      はい、ちょっと冴木さんを意識してタイトル付けてみました!・・・って、バレバレですかね(^^;)
      冴木さんの文章力には及びませんが、想いが伝われば光栄です。

      はい、やっぱり勝ちを目指さないと、収支改善は成されないので・・・。
      自分を甘やかしちゃうと、次に繋がらないですからね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です