新馬戦は、パドックで。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

中央競馬も今週の宝塚記念で春開催も一段落、

来週からは夏競馬がいよいよスタートします。

 

そして、夏競馬と言えばまずはしくれの頭に浮かぶのは

新馬戦

です。

 

既に東京競馬場でも新馬戦は始まっていますが、

本格的な2歳戦はやはり、

北海道で本格的に競馬が始まる夏競馬という季節でしょう。




さて、この夏競馬ですが、

決まってこの時期、競馬ファンは予想に頭を悩ませます。

それはクラス改変による降級馬の扱いであったり、

夏バテによる実力馬の凡走や洋芝適性・・・

などなど、色々な要素がありますが、

はしくれが一番皆さんが頭を悩ませているだろうと思うのは、

新馬戦ではないかと思います。

 

これは、相馬眼の乏しかった10年前のはしくれ自身、

新馬戦や2歳戦が全く分からない!

と嘆いていたから良く分かります。

 

新聞に載っている血統予想や、

調教の情報、

厩舎コメントなどは、データの無い2歳戦では貴重な情報に映ります。

ですが実は、

最も2歳戦で威力を発揮するのは、

はしくれの最も得意な相馬眼を使った予想であります。

 

 

これは先週撮影してきた、東京競馬場のパドックでの写真です。

パドックの見方①とありまして、

パドックで見るべき要素が②まで2枚、解説されていました。

 

これはこれで親切なのですが、

そこはJRA。

色々親切に書き過ぎて、

一番大事な事が何なのか、分かりにくい解説

になっています。

 

そこではしくれの出番です。

以前から何度もお伝えしている通り、

パドックの基本的な見方は

こちら を見れば分かります。

 

覚える事が多すぎると、

いきなり挫折しかねませんから、

やるなら先ずは馬体、

とにかく馬体に注目して見てください。

 

ところで、新馬戦こそ相馬眼がモノを言うのは、

何もデータが少ないから

という事だけではありません。

 

考えても見て下さい。

新馬戦というものは、

未勝利で終わる馬とGⅠ馬が一緒に走る類稀なレース

なのです。

 

少なくともはしくれのパドック歴で、

最も勝率が高いレースは、新馬戦です。

なぜなら、

馬体の差がより顕著だからです。

 

馬の良し悪しは当然馬体に現れますから、

相馬眼を持つ人間にとって、

これほど美味しいレースはありません。

 

なぜなら、

皆が分からなくてオッズが滅茶苦茶、

穴でも人気でも取れるから

です。

 

人気馬も人気があまりにも集中しすぎる

という事が少ないですし、

穴馬だからとオッズを気にする必要もありません。

せっかくの夏競馬ですから、

皆が「GⅠが無いのでお休み」している内に、

相馬眼を鍛えてみませんか。

 

因みに、無料で相馬眼を鍛えたいなら、

こちら の記事がお奨めです。

大きな声では言えませんが、

「大井競馬場と小倉競馬場のモニター中継は、似通っている」

ので参考になります。

 

パドックの道は一日にしてならず。

ですが、手に入れた技術は自分だけのものです。

難解な2歳戦に挑戦していく気概があるなら、

ぜひ、この機会に相馬眼を上達させて行きましょう。

 

日差しの眩しいこの夏に、

予想力も一皮剝けたいところですね!




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

“新馬戦は、パドックで。” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です