点数が競馬の質を上げる!

皆さんこんにちは、はしくれです。

予想印をつけて、オッズを確認したら・・・

いよいよ買い目ですよね。

 

皆さんは普段、どれくらいの点数を

一レースで使っていますか?

 

因みに当ブログでは、

開設当初より6点以内での買い目提供

にこだわっています。

それはなぜなのか?

 

今日はこの点数、

競馬で最も悩ましい要素である

馬券の組み立てについてお話したいと思います。

 

 

☆点数が競馬の質を上げる

 

予想印をある程度絞る事によって、

予想の精度を上げていくことができる

という事は

前回のコラムでお伝えした通りですが、

当ブログが6点以内の買い目にこだわっているのは、

この精度をより高くしていく為の実践でもあります。

 

あまり沢山の買い目が用意されていて、

その中で「当たった」と言われても、

はしくれ自身が納得できないとも感じるからです。

 

よく競馬新聞では、買い目の欄に馬単や三連単など

40~50点にも及ぶ買い目が掲載されていますが、

これを毎回買っていく余裕は、はしくれにはありません。

まして、これで的中と言われても、

毎回万馬券でも当てなければ、大したプラスにはならないでしょう。

 

そこで、はしくれは6点以下に買い目を絞りました。

これは、普段はしくれが競馬を楽しむ時と、

全く同じやり方です。

 

 

競馬記者の多くが「実際に馬券を買わなくなった」

事は、東スポの虎石記者が記事中で伝えていますが

(虎石記者は買っている派)

これは実際に予想を参考にして下さる方にとって

理不尽に映るのではないでしょうか。

 

はしくれは、

自身が買い続けられる点数で、

実際に買い目通りに毎回馬券を買っています。

そうでなければどうして本気の予想と言えるでしょう?

 

本気でぶつかって外れたら、本気で悔しいですし、

本気でぶつかって当たったら、本気で嬉しいです。

これを続けていくことによって、

本気で予想する習慣が身につき、

馬券の精度を上げるのに一役買ってくれるのです。




また、点数を絞る理由は他にもあります。

それは、

様々な馬券の式別で、レース毎の対応力を身につける必要がある為

であります。

 

 

これはどういう事かと言うと

単勝が最も相応しいレースでは単勝を買い、

複勝が最も相応しいレースでは複勝を買う。

馬連やワイド、時には三連複や三連単も駆使して

限られた範囲内で、馬券の選択力を上げる

という事です。

 

常々思うことですが、

資金力に余裕が有ると、買い方がいい加減になりやすい

とはしくれは思います。

 

何点も三連単を買ったり、

逆に一つの式別に多く賭けすぎて、

利益が薄くなったり、リスクが大きくなりすぎたりするのです。

 

お金が有ると、人は思考をしなくなる

とは良く言われる事ですが、

こうなるとどんどん対応力が落ちてしまいます。

 

はしくれの実感では、

一度に大きな金額を突っ込めるのは

日に一度有るか無いか、

一開催でも一~二度有れば良い方だと思います。

 

 

これははしくれの予想力の限界でもありますが、

往々にして馬券の式別を工夫した方が好結果が出やすいものです。

 

以上をまとめると、次のようになります。

 

馬券の点数を絞る事によって・・・

・予想の精度を上げる姿勢が身に付く

・一度に多くのお金を失うリスクを回避できる

・馬券の式別を駆使して、レース毎の対応力が身に付く

 

という事です。

更にもう一つ付け加えるなら、

1レース毎の点数が大体決まっているため、

収支の計算がしやすい

という利点があります。

 

一日の最初の方で馬券を的中させたときなど、

「このプラスで今日は十分」

とか、

「もうちょっと当てないと、ダメかな」

とか見通しが立ちやすいのです。

 

今回は、点数が競馬の質を上げる

というお話をして参りました。

 

皆さんもご自身の馬券の点数を見直して、

ぜひ馬券の対応力アップを図りましょう。

せっかく少ない資金でも、

競馬は楽しめるものなのですから。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です