パドック予想と新聞予想、選ぶならどっち?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、予想の2大体系である

パドック予想と新聞予想、

どちらを選ぶのが適切か

というお話をしていきたいと思います。




突然ですが、あなたはパドック党ですか?

それとも新聞党ですか?

 

データ競馬という言葉が叫ばれて久しいですが、

この言葉にはしくれは、違和感を覚えています。

なぜなら、データ予想と言われるものは

数字ばかりが取り沙汰されて、

まるでパドックはデータではないかのような扱いを受けているからです。

 

データというのはそもそも

資料や情報の事を指す言葉ですから、

パドックだって立派なデータである事は

言うまでもありません。

 

それなのに、データ競馬と言えば新聞予想

という事が大前提ではいけません。

ですので、

ここではパドック予想と新聞予想を同じ線の上に置いて、

その利点を比較したいと思います。

 

それでは参りましょう。

①・・・パドック予想は当たるのか?

 

これは結論から言って、YESです。

はしくれは実際に、パドックを頼りに競馬で収支改善をしてきました。

最初は全然当たらないし、

どの馬も同じ様に見えていたのですが、

やはり回数が増えていくと分かる事も多くなり

今では新馬戦の勝率は、5割と得意にしています。

 

2回に1回当たると言う事がどれほど収支を安定させるかはさておき、

人が真似できない領域に、足を踏み入れているのは確かです。

 

 

最近では、こんな事もありました。

モニターのパドックをひたすら黙って見ている途中、

前にいたおじさんが、「よし、これだ!」

と言って、周回もそこそこに

発券機へと向かっていったのですが、

「あの馬じゃ当たらないな・・・」

とはしくれは悲しい気持ちになりました。

 

その馬は確かに少し良く見えたのですが、

そんなふうに確信が持てるほどの仕上げでは有りません。

他人がしゃしゃり出るのもなんなので、

黙ってはしくれは違う馬を買う事にしました。

結果は・・・はしくれに軍配が上がりました。

 

ここではしくれが言いたいのは、

自慢ではありません。

パドックも鍛えていけば、自信を持って馬券を買えるようになる

という事です。

 

実はこのおじさん、はしくれがまだ未熟だった頃、

パドックで良く当てているなあ、と印象を持っていたおじさんなんです。

独り言を言っているおじさんなので、本当に予想が当たるのか

はしくれは密かにチェックしていたのでした・・・。

 

以前は凄い人に見えたのですが、

今では「詰めの甘いおじさん」です。

ですから、悲しい気持ちになったんですね。

 

このように、学習が活かせるという時点で、

パドックは明らかに有効なデータです。

そして以下のような利点が有ります。

 

・予想時間が少なくて済む

・新聞を読む気にもなれない、という人でも予想ができる

・準備が要らない

 

主にこの3つですね。

 

パドック予想は新聞と違って、周回している15分間が勝負です。

ですから、どんなに夢中になったところで、時間はそんなにかかりません。

これが新聞予想になると、何時間かかるか分かりませんから、

圧倒的に時短になります。

そもそも、新聞が読めない人や、数字の意味が分からない人にとっても、

直接見て馬を選ぶ事は出来ます。

この身一つですぐさま予想を開始できる身軽さが特徴なのです。

 

 

それでは、

②新聞予想は当たるのか・・・?

これも検証して参りましょう。

 

言うまでも無い事ですが、これもYESです。

今まで当ブログをご覧下さった皆さんなら、

実際にはしくれが当てるレースもあった事をご存知でしょう。

新聞及びその他データを駆使して的中という結果が出ている以上、

その精度はさておき、

当たるのは間違いありません。

そしてこの新聞予想には、以下のような利点が有ります。

 

・予想家の予想が見られる

・出走馬の実績を知る事が出来る

・他人の予想と比較が出来る

・時間に追われずに予想ができる

・情報が多岐に渡っている

 

主にこの5つです。

 

利点の数はパドックよりも多く

一度論理を覚えてしまえば、予想を組み立てやすいのが最大の特徴です。

また、馬券的にもパドックが単複を狙うのに適した予想法であるのに対し、

新聞予想は、馬連などの連馬券を狙うのに適した予想法でも有ります。

これは、短時間で抜けた一頭を探すパドックよりも、

じっくり時間をかけることで浮かび上がる複数の有力馬がいる

事を発見する為に起こる現象です。

 

新聞予想では、ベテラン記者の予想法や、厩舎情報などから

新しい予想の視点が見つかる事が良くありますが、

パドックでは頼れるのは自分だけです。

あの馬が良いよ、と正確に教えてくれる人は、

パドックにはまず居ません。

それに比べて、論理的に走りそうな馬を教えてくれたり、

論理を比較できたりする新聞予想は、

一見取っ付きづらくても、足がかりが得やすいと言えます。

 

では、どちらを予想の軸にするのが最適でしょうか。

結論を言いますと、

時短で、数字を読みたくないならパドック、

論理的に考えたり、専門的な研究に時間を費やすのが好きなら新聞、

と言ったところでしょうか。

これは個人の性格が左右します。

左右で思い出しましたが、

例えるならパドックは右脳派

新聞は左脳派とも言えます。

 

まずは自分がどちらに向きそうか、

それを考えた上でトライしてみて下さい。

そうして感覚的に自分が、良いと思える方を磨きましょう。

もちろん両方使えるに越した事は無いのですが、

自分の武器が分かっていれば、それだけ勝率は上がります。

なんでも平均的にやれと学校では教わりますが、

こういう個人戦ではとにかく、

何かに特化している事が強いのです。

 

いかがでしょうか。

今回はパドック予想と新聞予想の利点を上げてお話してきました。

皆さんはどちらの予想法がお好みですか?

 

競馬の収支改善は、一日では為されません。

皆さんがご自分に合った方法で、

収支改善をされます事を・・・

はしくれは切に願っています。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です