競馬で勝てないのに、なぜ続けるの?

皆さんこんにちは、はしくれです。

競馬をやっていると、

勝てもしないのに、何で僕は競馬をやっているんだろう?

という壁に、突き当たる事があります。

 

今でこそプロの競馬ライターとして、

わずかばかりの収入を競馬で得られるようになったはしくれですが、

競馬を始めてからの15年、

沢山の苦しみとともに競馬と付き合ってきました。

 

この、なんで競馬をやってるんだろう?

という壁に皆さんが突き当たったとき、

実際に同じように悩んできたはしくれの話を、

皆さんに思い出して欲しくて今回は文章を書きます。

 

 

まず、以前お伝えしたとおり

はしくれの回収率は2016年で86.8%

決して勝てているわけではありません。

それにも関わらず競馬を続けているのには、

明確な理由があるからです。

それは・・・

 

やればやるほど、回収率が上がって来たから

に他なりません。




これはどういう事かと申しますと、

競馬に詳しくなればなるほど、馬券は的中しやすくなる

という事です。

このあたり、賛否両論有りそうですが、

はしくれは事実年々、収支改善を果たしてきました。

幸い今年はまだプラスで推移しており、

もしかしたら苦節15年、

今年が初めてのプラス元年になるかも知れません。

 

とはいえこれは個人戦の部分であり、

競馬ライターの仕事の回収率は、5月に入って81.3%

ほぼ横ばい~やや下向きで推移しています。

仕事でマイナスを出すのは辛いですが、

それでもこの数字ならまだ、善戦レベルと言えましょう。

 

それではなぜ、やればやるほど当たる様になるかと言うと、

これは単純に、

学習しているから

に他なりません。

 

ですが、

競馬が他の勉強同様、

やればやるほど的中するなら、

なんでみんな損したり、辛い思いをするの?

という疑問も当然湧いて来ます。

でもこれも答えは簡単。

皆諦めてしまうか、学習の仕方が間違っているから

です。

 

 

そして更にもう一つ、忘れてはならない事を

忘れている可能性が有ります。

それは、

あなたが競馬に、何を求めているのか?

という事です。

 

この部分があやふやだと、まず勝つ事は出来ないでしょう。

負けたくないのなら、初めからやらないのが正解です。

どんな理由があるにせよ、

あなたは競馬で勝ちたいから競馬を続けている

のではありませんか?

そうでないなら一体何で、競馬を続けているのでしょう。

 

ただ馬が好きなだけなら、馬券を買う必要はありません。

レースが見たいだけなら、入場券代で事は足ります。

競馬で本気で勝ちたいと思っていますか?

まずはそれが一番大事なことです。

この気持ち、忘れてませんか?

 

当ブログでは、勝つ為にはしくれがやってきた事

実際の成果や効果の有る事などを、各記事に記しています。

重賞の予想では実際の予想の仕方と結果を公開し、

復習の方法や見るべきポイントをできるだけ解説しています。

そしてそのスタンスは、今後も変わりません。

 

 

どのように考えるにせよ、悩むにせよ、

その思想は「勝ちたい」という気持ちに繋がっています。

文芸評論の第一人者である小林秀雄氏は、

「私の人生観」の講演の中でこう語っています。

「思想とは一つの行為である。勝つ行為だ、という事です。」

と。

 

勝てないのにやっている、ではなくて

勝ちたいからやっている

そうでしょう?

勝つために有効な事を、これからも実践していきましょう。



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

“競馬で勝てないのに、なぜ続けるの?” への 2 件のフィードバック

  1. 勝つために何をやるのか?って大切な事ですよねぇ。
    何事もこうなんだけど、
    そのポイントがずれちゃうと、夢は叶わないですよね。
    常に、標準を合わせて向かって行きたいですよね(^^)

    1. 冴木さん、コメントありがとうございます(^^)!
      はい、勝つ為にはまず、本気で勝ちたいと思う事からスタートすると思います。
      やっている内に分からなくなって、混乱しちゃわないように、自分の原点を大事にして夢に向かって行きたいです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です