競馬場の入場料を、安く済ませるには?

 

こんにちは、はしくれです。

「競馬場に行ってみたい」

そう思ってまず気にかかるのは

入場料は一体いくらかかるのかな?

ということです。

 

実際にはそんなに大した

金額ではありませんので

気にならない方も中には

いらっしゃるかもしれませんが・・・

それでもやっぱり少しでも

お得になったら嬉しいですよね?

 

因みにはしくれは殆ど毎週

土・日曜日を競馬場で過ごす人生

を送ってきたわけですが・・・。

 

毎度かかってくるお金というのは

馬鹿にできないものです(泣)

 

ですので今回のコラムでは

あなたが競馬場に行く時に

少しでもお得になるよう

競馬場の入場料を安く済ませる方法

について

お伝えしたいと思います。

 

因みに

はしくれのホームグラウンドは

日本競馬の花形である東京競馬場ですが

この競馬場に入場するには通常

一回200円の入場料

を払わねばなりません。

 

これは開催中なら

必ずかかる費用なのですが

「これを節約して馬券代に変える方法は無いものか?」

と考えてきたのが

普段のはしくれであります。

 

実際

先程も述べましたが

毎週土・日に入場料がかかる

事を考えると

結構な金額になりますから

安く済ませたい訳です。

 

そこでまず

競馬場の入場料を安く済ませる為には

正攻法と裏技の2種類がある

という事をお伝えしたいと思います。

 

こう言うと

ゲームの攻略法みたい

で骨が折れそうな感じですが

とても簡単な方法ですので

是非最後までお付き合い下さいね☆

 

それではまず正攻法からお伝えして参りましょう。

正攻法の一つ目は・・・。

 

「入場回数券を買うこと」です。

 

 

これですね。

これは競馬場の入り口にある

入場券売り場で売っています。

 

ただし

あまり目に付く場所に

回数券販売の記述が無い為

はしくれはこれを知るまでに

なんと競馬歴が5年くらい経過してしまいました。

ですのでこれの存在を知らない方は

意外に多いと思います。

 

この回数券は8枚綴りで、1000円

というお値段です。

計算すると

一枚あたり160円弱の入場料

という事になり

通常の200円よりはかなりお得

になりますね。

 

競馬場を何回も訪れるはしくれにとって

これは実にありがたいサービス

なのです。

 

これを一枚ちぎって

入場口のきれいなお姉さんに渡せば

いよいよ聖地巡礼の始まりとなります。

ああ、空気がおいしい!

 

すみません。

そして、正攻法の二つ目になりますが

これはもっと凄い方法です。

それは・・・・・・。

 

「フリーパスの日に入場する」

というものです・・・!

 

 

これですね。

実はJRAは年に何回かの

「フリーパスの日」

を各競馬場で設けていまして

このイベントに乗じれば

なんとタダで入場ができるのです☆

 

とはいえ

このイベントは実施日が限られていますから

実施日はJRAのホームページで

確認してから出掛けましょう。

(東京競馬場でも年に3日程度となります。)

 

また

女性に関しては

5月のオークス(優駿牝馬)開催日には

入場が無料になる

などのイベントがあったりします。

これもJRAのホームページで確認すると良いでしょう。

 

この方法は無料で入れて

とてもお得な方法ですが

とはいえ回数に限りがあるのが

やはりネックです・・・

 

そこで正攻法の三つ目としまして・・・。

「非開催の時に入場する」

という方法が挙げられます。

 

これはどういう事かと申しますと

JRAは全部で10場の競馬場がありますが

競馬の開催というのはこの中で

期間ごとに持ち回りの開催

となっています。

 

東京競馬場の開催は

2月、5~6月、10~11月と計5ヶ月ありますが

それ以外の月については

休催期間となるわけです。

 

そしてこの休催期間に

当競馬場は完全にお休みしているのか

と申しますと・・・。

 

実は場外馬券場

「パークウインズ」

として営業しているんです。

 

 

これがその際の画像です。

営業しているレストランや

発券窓口は減りますが

テレビモニターによって

開催中の他場の映像を無料で視聴する事ができます。

 

人もまばらで

開催時よりも落ち着いたムードになりますね。

 

非開催なので入場は無料

パドックやレースはテレビモニターでの中継になりますが

ただ競馬場を見てみたい方

モニターでも構わない方

にとっては

無料で競馬場に入れる有効な方法のひとつです。

 

役割としては場外馬券場

「ウインズ」

と同じですので

「パークウインズ」

という愛称がついたのですね。

 

さてさて・・・。

 

ここまでは

三つの正攻法

をお伝えしてきましたが

入場回数券よりもお得で

且つフリーパスのような実施日の縛りもない

開催時のライヴ観戦が無料になる方法があれば・・・

と思いませんか?

 

そこで

これってお教えして良い事なのか

JRAさんに注意されたら記事消さなきゃなんですけど

記事を読んで下さるあなたのために

こっそりその裏技をお教えしたいと思います。

その方法とは・・・。

 

「メインレースが終わった時間に、入場口を突破する」

という方法です。

 

 

・・・これはどういう事かと申しますと

通常、競馬はメインレースが終わるまでが掻き入れ時

なので、メインレースが終わった後は

お客さんの半分くらいは帰ってしまいます。

 

すると沢山の人が入場口に押し寄せるので

今度は入場口が退場口へと役割を変える訳です。

 

こうなると

入場券を回収する人も邪魔

になるだけなので

この時間になるとなんと

係りの人も入場口から居なくなってしまいます(!)

 

一応緑の制服を着た方が

フロアの端に立ってはいますが

ここで入場したからといって

入場券を要求された事は

度たりとも有りません。

 

この方法を使って入ると

最終レースしか見られませんが

フリーパスの日でなくても

非開催の時でなくても

なんとタダで競馬場に入場する事ができる

のです・・・!

 

因みに

はしくれの師匠である妻はこれで

最終レースだけ獲って帰る

なんて事もしばしばありました(汗)

 

ですのでもしただ

「開催中の競馬場の中を見てみたい」

とか

「たとえ一円でも節約したい」

とか

「今月あと100円しかない(泣)」

という方は

この方法で入場するのが得策かと思われます。

 

・・・いかがでしたでしょうか。

競馬場では馬券代を殆どの人が払っている

からこそ、この裏技が黙認されて(?)

いるのかもしれません。

 

それにそもそも

勝負レースは絞るのが得策

ですから

この技を使えば入場料も馬券代も節約できて

まさに一石二鳥と言うこともできますね。

 

その浮いたお金を使って

見事に馬券が的中すれば・・・。

豪華なディナーにありつく事も、決して夢ではありません☆

 

ということで今回は

競馬場の入場料を、安く済ませる方法

についてお伝え致しました。

 

入場料をお得にしつつ

ぜひ競馬場を楽しんで

良い思い出を目一杯作っていきましょう(*^^*)!

 

*はしくれの師匠である、妻直伝の相馬法の極意を

パドックの見方、お教えします!

で公開しています。

ぜひご覧下さい☆




投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

「競馬場の入場料を、安く済ませるには?」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です