KLANは使える?

*当記事は2017年10月13日を持ちまして、リンクが期限切れとなりました。今まで沢山の閲覧を賜りまして、誠にありがとうございました。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

突然ですが皆さんは、先日お話した

無料競馬予想ツール

の事、覚えていらっしゃいますか?

 

そう、はしくれも愛用している、KLANの事です。

実は先日アップした画面には

ちょっとした馬券のヒントが隠れていたのですが

お気付きでしたか・・・?

 

桜花賞では馬券に手が届かなかったはしくれですが、

実はこの時公開したNZT(ニュージーランドトロフィー)

のレースで、見事穴馬が飛び込んで

複勝・ワイドが的中しているという事実があります。

 

この画面ですね。

 

 

このレースは予想の公開をしていませんので

買い目は不明でした。

ただ、印的には○ー▲の厚い印のところで

2-3着の複勝・ワイドの的中が有りました。

配当としましては、

複勝2点(490円・260円)と、

ワイド1点(1500円)という、中々の配当となっていました。

ちなみに着順はこちらです。

 

 

さすがに1着馬を当てるのは至難の業でしたが、

この人気薄の4番の激走は、

すでにデータで示されていた通りです。

 

予想で一番難しい事は、

どのようにデータを扱えば良いのか

という事ですが、

これは結論から言ってしまえば、

「突出したデータを見つけ出す」

事につきます。

 

それは、あやふやな情報や、

今一比較して差が無いものではなく、

あまりにも顕著な情報を探し出すのです。

 

それはパドックであれば最高の仕上げの馬ですし、

枠番であれば他の追随を許さない確率

戦歴ならどの前哨戦を使う馬が強いのか

などという事になります。

 

その好例として今回、

枠番では以下のような顕著な例が示されていました。

 

 

以上のように、

2枠の馬券圏内である3着以内の確率は

他を圧倒する50%を叩き出しています。

 

これほど顕著な例であれば、

まず無視はできません。

1着回数は少ないですが、

3着までなら十分です。

こうなると馬券は複勝やワイドが有効と判断できます。

 

データはこのように顕著なものを探す

というのが的中の近道ですね。

(といっても、探すのは地道な作業ですが・・・)

 

私たち予想のプロはこのように

予想の核となる情報を求めています。

そしてその情報源は、いくつか有った方が良いです。

 

そういった情報を集めて

信頼性を比較して、

どんどんと炙りだしていく・・・。

予想とはそういうものです。

 

ですから、

皆さんも有効なツールを使用して、

ぜひ情報の幅、比較の幅を広げて下さい。

それが収支改善への、

着実なステップアップとなります。

(KLANのレビューページはこちらなります。下記画像はリンクです。)

*KLANのリンクは2017年10月13日を持ちまして、期限切れとなりました。ご了承ください。(公式サイトは2017年12月31日を持ちまして終了となります。)



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です