「競馬は難しいよ。」

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

突然ですが皆さんは、競馬をどう捉えていますか?

 

いきなりの質問で恐縮ですが、

はしくれは、

「競馬は難しい」

と、常々思っています。

 

プロの競馬ライターだからって、

毎レース当たるものじゃないのは、

当ブログを見ても分かる通り、

皆さんとっくにご存知だと思います。

 

でも、プロになる前のはしくれは

当たりが出ればすぐ有頂天になり、

競馬は結構簡単だな、

などと思い上がっていたものです。

 

お恥ずかしい話ですが、今回は

それを変えたある出来事

についてお話したいと思います。

 

今から5~6年前の話になりますが、

当時のはしくれは相馬眼で何かを掴みかけていた頃でした。

はしくれのホームである府中競馬場で、

土日ともなればパドックを見るために

毎日足繁く通っていた頃です。

 

その日は中山開催だったのでライヴでは無かったのですが、

モニターを必死に見つめて、

毎レース勝負をしていました。

 

ですが、その日の成績は散々。

何かを掴んだと思っていたのに、

ひどい体たらくでありました。

メインレースまで感情を抑えていましたが、

騎手の騎乗に納得がいかず、

とうとう感情が爆発してしまいました。

 

「一体何をしてるんだ、あのジョッキーは!」

はしくれは本気で怒っていました。

周りにいた人たちは、話こそした事がありませんが

殆ど顔馴染みです。

はしくれの怒声にびっくりしたのか、

皆が避けていきました。

すると、そこへ・・・

一人の中年女性が来て、こう言ったのです。

 

「競馬は、難しいよ」

 

はしくれの怒りをなだめる為か、

それともただ呆れたのか・・・。

この一言を呟いたのは、

拙い日本語を精一杯話す、中国人のおばちゃんでした。

 

このおばちゃん、

いつも独り言を言いながら誰彼かまわず近づいてくるため、

周囲の人も警戒している人物なのですが、

この時ばかりはおばちゃんの一言に、

無言で立ち尽くしたはしくれでした。

 

 

今思えば非常に情けない出来事なのですが、

この時言われた

「競馬は難しいよ」

の一言は、

今でもはしくれの脳裏に焼き付いています。

 

そして予想をする時に、

度々思い出すのです。

ああそうだ、競馬は難しい、と。

 

宝塚記念では、

一番人気のキタサンブラックが馬券圏外に消えました。

その他の重賞レースでも、

単勝1番人気が消える事はそんなに珍しくありません。

この馬がいれば絶対大丈夫

なんて事は競馬には有り得ないのです。

 

だから、予想をする。

まずこの馬が勝つ、という決め付けは

結論を出すまでにしてはいけないと思います。

 

競馬ブログの中には、

閲覧数を獲得する為に、

馬場も展開も分からない内から勝ち馬を予想して、

検索で上位表示させる事ばかりを狙っている

ような残念なものもあります。

 

ですが皆さんはどうかこれらのブログに惑わされず、

ご自分の予想を冷静に行ってください。

そして、結論を出すまでの自由を、大事にして欲しいのです。

 

「競馬は難しい」

 

だから、焦らず上達していきましょう。

馬券の的中というものは、

謙虚な気持ちから、産まれるものなのですから。

 



投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です