2017夏至ステークス予想

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

土曜日の東京メインレースは、

準オープンのハンデ戦、夏至ステークスです。

 

東京のダートマイルと言えば

その年最初のGⅠとなるフェブラリーステークスの舞台でもあります。

 

今年の夏至ステークスは昨年までの距離を変更し、

このダートの根幹距離へと生まれ変わった様相です。

その為、近年のデータはあまり役に立ちそうにありません。

ですので、ここは東京ダートマイルの一戦

という考えで臨みたいと思います。

 

<2017 夏至ステークス 印&買い目>

◎シュナウザー

○レッドゲルニカ

▲クロフネビームス

△ルールソヴァール

買い目・・・◎~△馬連ボックス各100円、計600円。

 

今回も前回同様、結論から入りました。

 

まずは◎シュナウザーですが、

同馬は前走で当該コースを圧勝している点が好感でした。

まずはざっと馬柱を眺めるはしくれですが、

一番最初に目に留まったのがこの馬です。

 

やはり成績に勢いがある馬というのは、

どんな時でも警戒が必要ですし、

同馬は走破タイム的にも、昇級戦が気になりません。

 

クラスが一つ上がれば競馬は違ったものになりますが、

前走の勝ちっぷりからも楽しみな一戦です。

また、東京ダートマイルでは連対を外した事が無いのも魅力です。

 

次に○レッドゲルニカ

この馬は写真があるのでご覧頂きましょう。

 

 

ちょっとハレーション気味ですが、

筋肉隆々なのがお分かり頂けると思います。

因みにこの時3着でしたが、

お腹周りに余裕がありましたね。

 

今回は休み明け3戦目と好走の下地もあり、

このお腹が絞れてくれば十分勝ち負けになりそうです。

まだ4歳と若く、トップトレーナー・藤沢和雄調教師の管理馬ですから

58kgのトップハンデでも怖い存在です。

 

そして▲にクロフネビームス

同馬の決め手は騎手です。

鞍上の吉田豊騎手が、

軽量で乗れるショウナンカサロよりも、

こちらを選びました

 

これははしくれが良く使う手段ですが、

競走成績もタイム差を見れば安定しており、

昨年の秋に当該コースで好走しているのも評価しました。

他馬との対戦比較でも、上位の存在と言えそうです。

 

最後△にはルールソヴァール

この馬もクロフネビームスと同じ前走・薫風ステークスを使ってきました。

ですがこの時ハンデ差2kgをクロフネビームスに与えており、

同斤量の今回は逆転の余地が有ります。

 

また、レッドゲルニカ同様に

休み明け3戦目の好ローテーションにも期待が持てます。

血統的にはGⅠ馬サウンドトゥルーを兄に持ち

そのサウンドトゥルーの調教師・高木登調教師の管理馬なのもクサイです。

更に鞍上はサウンドトゥルーとコンビを組んだ大野騎手。

ブリンカーも着用し、チーム力で勝負を賭けます。

 

馬場状態と展開としては、

良~やや重でやや時計がかかる馬場状態で、

ペースはミドルハイと見ました。

先行して抜け出しを計るシュナウザーに、

末脚に賭ける3頭が迫る展開を予想です。

 

買い目としては、

前目に行きたい馬が複数居る為、

差し決着も考慮しての馬連ボックスとしました。

レースが今から楽しみです。






投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です