2017函館スプリントステークス&ユニコーンステークス結果

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は函館競馬場でGⅢ函館スプリントステークス

及び、

東京競馬場でGⅢユニコーンステークス

がそれぞれ開催されました。

 

まずは好天の中行われた、

函館スプリントステークスの結果から

お伝えしたいと思います。

 

まずは、はしくれの予想をご覧下さい。

 

<2017 函館スプリントステークス予想 印&買い目>

◎ジューヌエコール

○クリスマス

▲エイシンブルズアイ

買い目・・・単勝&複勝◎○▲各100円、計600円。

 

ここまで6連敗を喫していたはしくれ、

予想は的中したのでしょうか?

全着順はこちらです。

 

<2017 函館スプリントステークス 結果&払い戻し>

 

・・・・・・やりました、はしくれ・・・的中です(*^^*)!!

連敗中にも関わらず応援して下さった皆さんと、

素晴らしい走りを見せてくれた◎ジューヌエコールに、

心より感謝申し上げます。

ありがとうございます!!(嬉)

 

これではしくれは連敗脱出となりました。

ほっと一安心です。

今日の函館の馬場が超高速馬場という事は昨日お伝えした通りですが、

レコード決着を想定はしていたものの、

まさかの1分6秒台のレコードが出てしまいました。

 

これは今までの洋芝では、驚くような記録ですね。

この驚きの函館スプリントステークスの結果を

早速回顧していきたいと思います。

 

まず、この超高速馬場ですが・・・

なんと、最終12Rでもレコード決着になる状態で、

やはり外枠スタートの各馬には苦しい馬場になりました。

 

1番人気のセイウンコウセイも、

幸騎手が早めにインを取りに行く競馬をしていますが

最後はやはり脚色が鈍ってしまいました。

良く健闘していますが、

枠順と持ちタイム、ハンデ的にも

馬券圏外も止むを得ない結果でした。

 

1番人気馬が苦しいというデータが出ていましたが、

こういう不利な状況の見極めが出来ていないと過剰人気になりがちです。

この辺り競馬の厳しさを実感する結果でした。

データが役に立ちましたが、

超高速の馬場状態を前日にじっくりチェックできた事も大きいです。

 

ただ、対抗に推した○クリスマスが最下位。

これはやはり函館巧者という事が一番の買い要素でしたが、

普段の函館とは似ても似つかない馬場状態だった結果と言えましょう。

この辺り、買い目が連馬券で無かった事が功を奏しました。

連敗脱出の切り札に、やはり単複は欠かせません。

 

次に▲エイシンブルズアイですが、

人気以上に走って外から差してきましたが伸びきれず。

このような超高速馬場では、早め進出かインを突く競馬でないと

中々上位には食い込めません。

良い走りをしてくれましたが、同馬には厳しい流れでした。

 

 

これはゴールシーンです。

ジューヌエコールが完全に後続を振り切っていますね。

外枠馬は全滅でした。

セイウンコウセイも内を取っていなかったら、

掲示板外もあるところでしたので、

幸騎手の判断に狂いはないと思います。

 

前年のソルヴェイグ同様、

軽量の3歳牝馬の戴冠劇となった

今年の函館スプリントステークス。

個人的には非常に楽しめた一戦でありました。

 

 

次に函館とは打って変わって

直前に雨が降り出した東京のユニコーンステークス

の回顧に参りたいと思います。

 

まず、前日からお伝えしている

リエノテソーロの乗り替りですが、

なんと当日「大野騎手が負傷」したという理由で、

内田騎手へとさらに変更がありました。

これにははしくれ、目を疑ってしまいました。

 

ただでさえメディアも触れない意味不明な乗り替りなのに、

落馬でもない大野騎手が負傷して乗り替り。

ますます意味不明です。

まして内田騎手は大井の元スタージョッキーです。

この乗り替りではまるで、同馬の今後のローテ(大井・JDD)など

先を見据えたかのような交代劇にも映ります。

 

レース前から不信感で一杯のはしくれ。

予想家、ファンをコケにするような今回の鞍上交代劇は、

今まで19年間競馬を見てきたはしくれにとっても「事件」でした。

そんなに話せないような裏があるのかと思ってしまいますね。

これでは競馬の公平性にも疑問を呈さざるを得ません。

(因みにこの後、大野騎手が新馬戦の枠入りの際に負傷していた事が判明。場内アナウンスでは事の詳細が放送されなかったため、このような状況に感情が昂ぶりました。)

 

馬には全く罪はありませんが、こんな馬鹿げた状況で

1番人気のリエノテソーロが結果を出せるのだろうか。

そう思いました。

そしてはしくれの馬券の行方は・・・

その結果がこちらになります。

 

<2017 ユニコーンステークス 結果&払い戻し>

 

・・・・・・はしくれ、完敗です!!

予想を参考にして下さった皆さん、大変申し訳ございませんでした(><;)

そして、1番人気馬リエノテソーロも7着と掲示板外の結果でした・・・。

う~ん・・・複雑です!!

 

はしくれの予想から振り返りますと・・・。

<2017 ユニコーンステークス予想 印&買い目>

◎サンライズソア

○サヴィ

▲サンオークランド

☆テイエムヒッタマゲ

買い目・・・単勝◎100円、複勝▲☆各100円、馬連◎ー○100円、ワイド流し◎ー○▲各100円、計600円。

 

このような予想でしたが、

◎サンライズソアは馬券圏内を確保してくれましたし、

前が潰れる展開の中、良く踏ん張ってくれました。

 

▲サンオークランドも、良く追い上げてくれ、4着入線です。

ただ、ワイドが3-4着・・・。

複勝も4着。

う~ん、残念です。

 

今日は現地観戦したはしくれ、

優勝したサンライズノヴァは仕上がりが抜群でした。

最速上がりはこの馬でしたね。

この馬が人気なのも納得できましたし、

今後も期待できると思います。

 

また、実力を認めながら、データで危険と判断した、

ハルクンノテソーロが2着。

内枠は厳しかったはずですが、

田辺騎手の好騎乗が光っていました。

さすが日本のファンタジスタ

このコンビは是非継続して欲しいものです。

 

はしくれの対抗○サヴィはまだ成長途上の馬でした。

馬体もまだ小さく映りますし、今後に期待ですね。

 

△テイエムヒッタマゲは、

はしくれの大好きなテイエムオペラオー産駒

という事で選びましたが、やはり前に行く馬には厳しい展開でした。

仕上がりは悪くなかったです。

 

さて、リエノテソーロの話に戻りますが・・・。

厩舎コメントでは、NHKマイルカップよりも好仕上がり

と出ていましたが、そんな事は有りませんでした。

筋肉の付きは悪くないですが、

腹回りがやや細化していました。

勝ったサンライズノヴァが大型馬なのでより小さく見えましたが、

実際にもやや小ぶりに映りました。

敗因は多々ありますが、この仕上がり面は一因と言えます。

 

それと、インで巻かれるのを嫌って進出した内田騎手の判断は

悪くなかったと思います。

ただ、前傾ラップを刻みやすい東京ダートマイルでは

やや行き過ぎの感はありました。

 

また、直前の雨が結構な降雨量で、

馬場状態は良発表も、

やや重に近い馬場だったと思います。

リエノテソーロには向いた馬場かも知れませんが、

やはり持ちタイムも乏しく、この結果は有り得たと思います。

 

 

これはゴールシーンです。

サンライズソアは良く頑張ってくれました。

岩崎騎手の騎乗も中々良かったと思います。

流れが向かなかった事は残念ですが、地力は確かです。

 

最後に、

今回のリエノテソーロの交代劇は、

はしくれの脳裏に焼きつく事でしょう。

なぜなら、これは馬券を買う側にとって、死活問題になるからです。

 

このような事態が頻発しては、

予想にならないのです。

騎手の腕や馬との相性が、

予想をする上で重要な一因である事は、

言うまでもありません。

 

これはプロの予想家として非常に困難な状況であると同時に、

一競馬ファンとしても、納得して馬券が買えない事態に発展します。

今後このような事が常態化しないよう、

祈りたいと思います。

 

しかしながら救いだったのは、

ユニコーンステークスの着順が、

その交代劇とは無関係に決まった事です。

これに関しては言い訳ができません。

はしくれはこれからも、予想力を磨いていきたいと思います。

 

それでは、長くなりましたが、この辺で失礼致します。

ご精読下さった皆様、誠にありがとうございました。

 

*勝利されたジューヌエコール、及びサンライズノヴァの関係者の方々、そして馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。本日は誠におめでとうございました。





*記事に共感下さいましたら、下記のランキングボタンのクリックにご協力お願い申し上げます。(上記は広告です。)

投稿者: はしくれ

現役のプロ競馬ライターです。パドックが一番得意で、JRA全場を踏破。地方・中央問わず競馬が大好きで、ブログを通じて収支改善のお手伝いをしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です