パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

 

一体何万レースを消化してきたでしょう。

15年間、雨の日も、風の日も

そして雷の日も

ひたすらにパドックに通い続けたはしくれ・・・。

 

パドックという魔物に取り憑かれ、

昼食も食べずにひたすら馬を追いかけ続けた日々でした。

 

「パドックは当たる」

という確信だけを頼りに

無我夢中でパドックへと詰めかけ

徹底的に相馬眼を磨いてきた日々でした。

 

突然ですが今この記事をご覧下さっているあなたには

競馬予想の核となる明確な武器をお持ちでしょうか。

 

「才能は育てるものだ」

とは

はしくれが通っていた学校の銘文でしたが

今のはしくれにはこの言葉の重みがはっきりと分かります。

 

はっきり言って、長かったです。

まさかここまでかかるとは。

相馬眼を駆使して競馬でプラスを出せるまで

15年という年月を費やしてしまいました。

 

幸い、20歳を境にすぐに作業に取り組んできたおかげで

まだ35歳という年齢でここまで来る事ができました。

これが定年65歳で始めたとしたら80歳・・・

才能を育て、武器にするには決断が必要です。

 

 

☆パドック予想だけの強み

 

そもそも、パドックとは何なのでしょう。

レースを走る馬たちの下見所に違いないですが

それが意味するところを最も、簡潔に表すとしたら?

 

はしくれの答えは

「ゴールに最も近い情報」

です。

 

そう

パドック予想はこの点において他には無い強みが有ります。

競馬予想というものは結局情報戦ですから

最もゴールに近い情報=最も価値ある情報です。

 

パドックに臨むというのは

それまでの予想全てが試される瞬間であり

場合によっては予想の全てが崩壊する瞬間です。

 

それはパドックの重要性の高さゆえでもありますが

事実はしくれは当ブログで

予想を重ねて印を付けた大事な本命◎を

パドックひとつで無印にした事が今まで何度もありましたし

殆どの場合、それが正解という結果でした。

 

 

☆雲に隠れた太陽

 

そもそも、パドックで判断する目を持たないという事は

どんなに優れたデータ予想も、最終決定に自信が持てない

という事です。

 

これはあまり言う人が居ないのではしくれがお話しますが

予想の最終決定に用いられるパドックの場において

相馬眼の無い予想家が一体何を判断するのか、甚だ疑問でなりません。

 

はしくれはプロの予想家ですから

他の予想家たちの理論もこの目で沢山見てきました。

 

そして今でもよく目にするのが

「あとはパドック次第ですね」

という予想の締めの一文ですが

これは特に相馬眼を鍛え抜いてきたはしくれにとって

もの凄く違和感のある言葉に感じられます。

 

なぜなら、こういう方たちが一体何を基準に見るのか殆ど理解できないばかりか

「パドックは見ても分からないので見ない」という方までいます。

 

そんな事で良いのでしょうか。

はしくれ達競馬予想家はホースマンとしては末端ですが

それでも馬を見る目が無いと言い切るのは哀しすぎます。

それにそもそも「最終決定はパドックで」などという言葉は

真に相馬眼を磨いてきた予想家にしか言えないはずです。

 

そういう実力を披露する場が無いのを良しとしているのか

この言葉は当然の如く予想の末尾に記されています。

 

結局のところ相馬眼を持たない予想というものは

予想家自身の予想についても

それを信じる読者にとっても

的中の光が見えない、雲に隠れた太陽なのです。

 

 

☆パドックのプロは少ない・・・?

 

今の時代、予想はいくらでも買う事ができます。

はしくれも東スポをはじめとする競馬予想紙を買いますが

それはあくまで自身で予想する為のツールに過ぎません。

 

記者の印を信じて買う日も時々はありますが

そこには的中を掴む為の理論の共感があるわけです。

ですがはしくれは自身の相馬眼を最も信頼していますから

結局パドックの状態が悪い時に買う事はありません。

 

こういう事を繰り返すうちはしくれが気が付いたのは

そもそもパドック予想を売るプロがあまりにも少ない

事でした。

 

考えてみれば当然です。

相馬眼を持つ記者がどれほどいるか分かりませんが

殆どの記者は枠順確定前から予想を提出します。

 

そこからまた次のレースの雑事に追われているわけですから

個人的に予想を配信する時間がありません。

やるにしたって相馬眼を磨いているのが前提ですが

記者の主な仕事と言えば各厩舎への聞き込みです。

 

伸ばすべき才能が聞き込む能力に注がれる上

どうしても予想印は担当厩舎に偏ります。

はしくれのようにフリーでしがらみが無い予想をする事はできませんし

相馬眼を元に判断した予想を出すのも不可能です。

 

そこではしくれは思いました。

「パドック予想を個人的に配信する事ができないだろうか」

と。

情報手段の発達でそれが可能になった今だからこそ

パドック速報の配信が現実味を帯びてきました。

 

 

☆はしくれによる「パドック速報」

 

上記画像は2017年・有馬記念でのテスト配信結果です。

◎スワーヴリチャードこそ4着に敗れましたが

▲キタサンブラック1着

☆クイーンズリング2着

○シュヴァルグラン3着と

4着独占の結果でした。

 

これは偽り無い結果ですが

印も4頭に絞ってのものです。

当ブログのデータ予想でも原則◎○▲☆の4頭迄としている通り

パドック予想の配信でも厳選4頭以内に絞っての配信を決定しました。

 

今回の配信までには2ヶ月半のテストを実施し

必要な情報を吟味して参りました。

そして、パドックを必要とする多くの方々の需要を考慮し

以下のような概要での配信と致しました。

 

配信概要

・中央競馬のメイン重賞(毎週)を必ず含む一日1~4レース

・メイン重賞以外のレースは主に特別戦を配信

・月10レース以上の配信

・予想は印のみ、買い目の配信は無し

・配信の無い日は当日正午までにお知らせ

・配信は締め切り直前15分前後

 

この配信はメルマガでの配信となります。

ここで配信される予想は、はしくれ15年の結晶であり

秘匿性の高い情報ですので配信は有料とさせて頂きます。

月額をいくらにするかで非常に悩みましたが・・・。

 

限界まで値段を下げて月額972円(税込み)で提供したいと思います!

 

やはり当ブログのコンセプトとして

「お小遣いでもできる競馬、一生続けられる競馬」がテーマですので

お小遣いで買える額の情報料に設定しました。

 

相場ではプロの個人予想は非常に高価なものが多く

最低でも3,000円は本来付けるべきと思います。

ですが買い目の配信が無く丸乗りができない事と

直前にしか配信できない事も考慮致しました。

 

それでも他の配信と比べるとあまりにも低額ですが

だからと言って手を抜く事は一切致しません。

月10回で972円なら1レース100円以下で

馬券代にもならないくらいお得な額だと思います(^^;)

 

はしくれはこの配信を通じ

パドックの有用性を実証したいと思いますし

メルマガを購入下さるあなたの「競馬の収支改善」

ぜひお役に立ちたいと思います。

 

自身が持つ技術の中で

最も優れているものが相馬眼である以上

あなたのお役に一番立てるとしたらこれしかないと思います。

 

 

☆はしくれの「パドックロード」

 

このパドックロードの名前に込めた思いは

はしくれのパドックの予想印から、パドックを学んでほしい

という事がひとつです。

 

冒頭でお伝えしたとおり

競馬予想では武器を持つ事が不可欠です。

それが最終予想決定の場となるパドックで必要な相馬眼なら

まず間違いなく武器になります。

 

まずパドックを見る癖をつけて出走馬を覚えておき

はしくれの印と照合して相馬眼を上達させてください。

「パドック道」を極めるための強い味方になるはずです。

 

また、はしくれはライヴ観戦でもモニター観戦でもパドックには自信があります。

これにより年間通じてムラの少ない競馬予想をお届けできると思います。

ぜひ皆さんには「競馬予想の王道」であるパドック予想に

「パドックロード」を通じてより親しんで頂きたいと思います。

(*最新の募集&実績は パドックロード(2018)8月度会員募集中! から。下記は購入方法の説明です。)

 

 

☆購入方法

 

下欄のリンク画像のタイトル「パドックロード」をクリックすると詳細が表示されます。

「購入する」ボタンをクリックすると確認画面にジャンプします。

「競馬のレジまぐ」への登録後に料金のお支払いとなります。

お支払い方法は「クレジットカード」「レジまぐポイント」のどちらかになります。

翌月以降のお支払いは自動更新となりますので、不要な場合は月末までに購読を中止してください。

 

以上がパドック速報「パドックロード」購入の流れとなります。

 

競馬予想に武器を持ちたい

データ予想は得意だけれどパドックが分からないという方・・・

ぜひはしくれの予想印をご活用ください。

 

「パドックロード」は精一杯、的中に邁進します。