京王杯スプリングカップ2018結果

 

躍動。

今回二頭出しを敢行した

名門・藤沢厩舎ですが

優勝したのはその内の一頭

ムーンクエイクとなりました。

 

もう一頭の厩舎所属馬

サトノアレスも3着に入り

名門厩舎の存在感を

存分に感じられた一戦。

 

レコードタイムのおまけつき

スピード決着となりましたが

果たしてはしくれの予想の結果は・・・。

 

それではまずはこの一戦を

予想から振り返り

結果の回顧と復習に移って参りましょう。

 

<京王杯スプリングカップ2018予想・印&買い目>

◎ダンスディレクター

買い目・・・◎単勝100円、複勝200円、計300円。

 

それでは結果です。

 

<京王杯スプリングカップ2018結果>

優勝馬・・・ムーンクエイク

2着馬・・・キャンベルジュニア

3着馬・・・サトノアレス

(◎ダンスディレクター15着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎ダンスディレクターは15着・・・

大敗を喫してしまいましたが

早速レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

優勝馬ムーンクエイク(赤丸)は

まったく問題なく飛び出しました。

対して外枠に入った各馬は

スタートがあまり良くなく

グレーターロンドンもすぐに後方に下げました。

 

 

最初の600m通過は34秒2でしたが

ここから全くペースは落ちずに

ミドルペースになりました。

優勝馬ムーンクエイクは丁度馬群の真ん中で

ペースに合わせてベストな位置をキープしていました。

 

 

そして最後の直線に入ってくると

ずらっと馬群が横に並んで

優勝馬ムーンクエイクも

追い上げ体勢に入ります。

 

先行各馬が一杯になって

中団からキャンベルジュニアが脚を伸ばしてきましたが

すぐに外からムーンクエイクがそれを捉えにかかります。

大外からはサトノアレスも強襲してきましたが・・・

 

 

最後は頭ひとつ抜け出した

ムーンクエイクが振り切って優勝。

掲示板にはレコードの表示も

ともる結果となりました。

 

今回の反省点は

ペースを読み違えたことですが

本命のダンスディレクターは

勝ち馬のすぐ近くにいました。

 

これを考えると今回は

スタミナ不足の印象

距離延長と東京コースが

マイナスだった感じです。

 

また

ハイペース=中団より前の馬

スローペース=中団より後ろの馬

が結果を残しているレースですが

ミドルペースで真ん中を突いた

馬が優勝する結果となり

思い至らなかったことが残念でなりません。

 

そしてはしくれの

「パドックロード」の配信結果

はと言うと・・・

 

 

☆1着→▲2着→○6着→◎15着でした。

荒れた一戦となりましたが

パドックではワンツーを選出です。

 

それでは今回の

優勝馬ムーンクエイクから参りますが・・・

 

 

この馬には今回他馬にはない特徴がありました。

それは「歩様」です。

特にパドック初心者の方に

よく勧められる「歩様」ですが

基本的にはしくれはあまり重視していません。

 

それは

「歩様が良い」と言えるほど

はっきり良さを示しているのは

極めて稀なケースだから

と言う外はありません。

 

ですが今回の同馬に限り

300回に一回レベルの

究極の歩様

を見る事ができました。

 

パドックの外をぐいぐいと

厩務員の方を引っ張って回り

これでもかとストライドを大きく伸ばして見せていました。

 

これくらいの良さでなければ

「歩様が良い」とは言い切れません。

これに期待してパドックに臨めば

殆ど馬を選べないでしょう。

 

馬体自体は緩かったので

半信半疑ではありましたが

レコードで駆け抜けるほど

好調だった証拠です。

 

緩さを残していながらも

絶好調に仕上げるあたり

さすが藤沢厩舎の馬だと

唸ってしまった仕上げです。

 

 

そして2着のキャンベルジュニアです。

この馬の第一印象は

「凄い毛づやだ」

ということです。

 

これはもう、最高の毛づや

これを一目見た瞬間に

印を回すのは決まりました。

 

ただ太めの仕上がりにも見え

前走でもそうでしたが

この点が優勝を狙うにはどうか

という懸念がありました。

 

それでもこういう

ピカピカの

つるつるのパツンパツンの

ふわふわの毛づや

というのは

滅多に拝めるものではないです。

 

こういう毛づやを誇る馬は

「仕上がっているからなる」

ものですので

筋肉の張りと合わせて高評価を下しました。

 

 

そして3着はサトノアレスでしたが・・・

この馬は前走の

東京新聞杯の方が良かったですね。

 

とはいえかなり高次元で

まとまった馬体をしており

馬体だけならムーンクエイクより

こちらに軍配が上がりました。

 

ただムーンクエイクの

あの歩様を見てしまうと

馬体のつくり以外に

アピールポイントが少なかった

ですから

同馬と迷って☆には

ムーンクエイクを選ぶことにしました。

 

ただ競馬を振り返ると

最内枠で後方に下げて

最後すっ飛んで来ていますから

やはり基本は馬体のできた

同馬はかなり強いです。

今が旬とも言えそうなので

この先も期待できそうですね。

 

あとは◎ダンスディレクターと

○リライアブルエースですが

どちらもかなり

高次元でまとまった馬体

をしていました。

 

ただ今回の結果としては

目立った特徴を持っていた2頭で決着

しましたので

そのことを特に印象に残したく思います。

 

データ予想がそうであるように

パドック予想の決め手も毎回

同じ要素とは限らない・・・

それを実感することができた

今回のパドックでした。

 

ただ馬体のつくりに関しては

上位馬は皆水準以上です。

その点はくれぐれも

強調しておきたいと思います。

 

ということで・・・

今回の一戦では

「やっぱりパドック党なんだよね」

と思う結果となりました。

 

当ブログ予想にかけた時間は

計3時間を越えています(!)が

それと比べてパドックでは

なんとたったの15分です。

いかにパドックが効率的かが

お分かりいただけると思います。

 

それでいて

精度が高い予想

になっているのですから

なんだか複雑な気持ち

にもなってしまいます。

 

競馬予想には自分だけの

武器がどうしても必要です。

それが調教でも返し馬でも

なんでも構わないのですが

せっかくなら時短になる

パドックをお勧めします。

 

教えてくれる人がいないので

簡単ではありませんが

当ブログを通して本当のところ

をお伝えしたいと思います。

 

また

はしくれの速報が知りたい方は

パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

をご覧下さい。

 

今後当ブログでは

パドックの新コーナー

も開始する予定ですので

ぜひ当ブログをご覧の皆さん

お楽しみになさって下さい☆

 

京王杯スプリングカップ2018結果・データ

馬場状態:良。週中、及び木曜~金曜朝にかけて降雨あるも、Bコース替わりで高速馬場。

走破タイム:1分19秒5(レコード)

600m通過:34秒2

ペース:ミドルペース

レース上がり3ハロン:34秒1=優勝馬33秒2(3位)