弥生賞2018予想・本命はダノンプレミアム

 

素晴らしい世代。

そう感じさせるこの世代ですが

中でもダノンプレミアムの馬体

一際輝いています。

 

万能タイプで距離延長は心配無用と思えますし

ダービーまで主役を張れる逸材だと思います。

 

今回はしくれの本命はこの

ダノンプレミアムで決まりですが

2番手以下は人気どおりの判断ではありません。

 

それでは早速

GⅡ弥生賞の予想

に移って参りましょう。

 

<弥生賞2018予想>

◎ダノンプレミアム

○サンリヴァル

▲ワグネリアン

買い目・・・単勝◎・○各100円、ワイドボックス各100円、計500円。

 

本命◎はダノンプレミアムです。

今回の一戦でまず重要視されるのは

中山2000mへの適応力です。

 

同馬はデビュー戦で阪神芝1800mを快勝し

かなりの重馬場と坂も同時に克服しています。

スタミナには問題ないと思いますが

あとはコーナーリングが問題です。

 

中山は阪神の外回りと比べると

コーナーがきつく

回数も4回あるのでこの辺りがやや心配です。

 

ただ、スローペースが濃厚な上に

リビーリングが先手を切ってくれそうなのも幸いです。

こうなれば馬場の一番良いところを回って来られそうですし

流れに身を任せれば自然と行き脚はつくでしょう。

 

あとはマークの厳しさですが

頭数が少ないですし問題にはならなそうです。

期待に応えてくれる可能性は非常に高いと思います。

 

○にはサンリヴァルです。

ダノンプレミアムをマークしながら

芝の一番良いところを狙える同馬が対抗です。

 

中山2000mでは前走4着に敗れていますが

前走はハイペースな上

外差し馬場の影響をモロに受けました。

タイムフライヤー優勝!ホープフルステークス2017結果

 

もし内でリビーリングが先手を切らなかった場合は

ダノンプレミアムが最内を回る展開が濃厚です。

こうなるとより同馬には最高の位置で競馬ができる上

スローペースで流れるという得意の条件になってきます。

 

オープンを勝っていますが

実績的には確実に賞金を加算したいところで

仕上がりもその分ライバルよりも期待が持てます。

中山向きの馬体ですし一発を警戒です。

 

▲にはワグネリアンです。

同馬はその発達したトモが何よりの武器ですが

馬体のバランス的にも中距離が得意だと思います。

ワグネリアン快勝!東京スポーツ杯2歳S2017結果

 

あまり器用なタイプには見えない体つきですが

外差しも効いてきている今ならチャンスはありそうです。

何より坂を得意にしていて力比べは望むところで

急坂の中山では期待のかかるところでしょう。

 

中団から下がらなければ末脚は随一ですから

その爆発力をもって上位入線を狙います。

 

他にもジャンダルムオブセッション

気になる馬ではありますが

実績と芝状態、枠から以上に決まりました。

 

あとは当日の馬体ですが

パドックロード」で速報配信致しますので

そちらもどうぞご利用下さい。

(チューリップ賞は3着独占でした☆)

 

それでは好メンバーが集った弥生賞を

思い切り楽しみましょう!