お小遣いで競馬を楽しむ①

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

突然ですが皆さんは、

どれくらいの金額で

馬券を買っていますか?

 

はしくれはプロの競馬ライターですが、

馬券を買うときの額は

そんなに多く有りません。

 

これは、

一つのレースで勝負するよりは、いくつかのレースを楽しみたいから

なのですが、

時には1レース100円の事すらあります。

 

そこで今日は、

「お小遣いで競馬を楽しむ」

と題しまして、

競馬が少額でも楽しめる

ことに重点を置いてお話したいと思います。

 

大金を賭けたり、一レースにバーンと張る方

には向かないお話で有る事を、先にお断りしておきます。




さて、皆さんはお小遣いをどれくらいお持ちでしょうか。

はしくれのお小遣いは月に1万円程度と質素ですので、

馬券代は1レース2~6百円が普通です。

多いときでもせいぜい千~2千円、

ハメを外しても3千円が限度といったところです。

 

よく、場内に落ちている馬券を見つけて、

「単勝10000円」

などと印刷された馬券を見つけると、

正直、軽い恐怖感を覚える程です。

 

そのはしくれがいつも馬券を買う際に注意している事は、

そういった金額に加えて、

①本命馬を選び抜く事

②相手を絞る事

③買い目を絞る事

この三つを重視しています。

 

以前、競馬で勝つには

「4~5点くらいが理想の点数」

と書かれた本を読んだ事がありますが、

まさに長く続けて行くにつけ、

楽しむならばそれくらいが適当

と思うようになりました。

 

そして、これらを実現する馬券戦法は何かというと、

◎の単複&◎からの流し馬券(特に馬連・ワイド)が基本

だとはしくれは思います。

 

これは、

「競馬は個人的な本命馬を応援するスポーツである」

という、はしくれの個人的な哲学と一致するのですが、

それは競馬の収支を上達させる上でも、

理に適っていると思うのです。

 

どんな経験でも言える事ですが、競馬でも

的中・不的中に関わらず、結果は必ず出ます

その時、自分の中で

「これが一番良い」

と決めた馬が、どんな競馬をしたのかすら忘れてしまったら、

その後の馬券の収支改善には生かされないのです。

 

その為、ボックス馬券なども使いはしますが、

やはりレースとなったらまずは本命馬、

自分の最も応援する馬を凝視しますので、

単複や流し馬券を使うのが筋になります。

 

見るべき馬が複数居る、という状況は、

集中力を欠き、

競馬が持つ独特の参加感が薄れ、

醍醐味が無くなってしまう

事に繋がると思います。

 

その為、上記のような方法を使う事で、

少ないリスクで、

次第に馬を選ぶ力が付いてきて、

予想の精度も上げていく

段取りを得るのです。

 

競馬を楽しむには、

まずこの「予想の精度」を上げる事が、

何よりも重要でしょう。

 

今回は、

お小遣いで競馬を楽しむときの心構え

についてお話致しました。

次回はその実践について、

お話したいとお思います。




競馬ブログの不思議について・・・。

皆さんこんにちは、はしくれです。

当ブログを立ち上げてから一週間が経ち、

自分のようなブログを書くプロが、どれくらい居るのだろう・・・。

と思い、競馬のブログランキングなどを見て回りました。

 

そしてはしくれは、

「不思議なブログが一杯だな・・・」

と感じました。

今日はその事についてお話したいと思います。




この様々な競馬ブログたちですが、

何が「不思議」なのかと言うと、

個人的な予想を披露するにせよ

競馬コラムを展開するにせよ、

すぐに有料のメルマガ登録を促すサイトが非常に多い

のです。

 

ただでさえ、何者かも分からない相手の予想を、

お金を出してまで買う人がそんなに居るのかなあ・・・。

と思ってしまいました。

 

もちろん、それで結果が出るなら構いませんが、

実績や内容もきちんと提示されない内から、

いきなり登録にお金がかかるなんて・・・と。

 

はしくれは実際に別の無料ブログの予想家として、

ちゃんとしたクライアントから報酬を得て予想を配信していますが、

年間の収支はややマイナス、

回収率も86%と、正直100%の回収には至っていません。

 

ただ、馬券というものは初めから控除される税金があり、

それらが100円の内20%は有る事を考えると、

80%を超える回収率というのは、決して低い数字とも言い切れません。

控除が無ければ賭け金は返って来ている計算ですから・・・。

 

特にスポーツ紙の予想家の方々で、

90%以上の回収率がある方がごく少数なのは当然ですし、

回収率が100%に至らなくても、

予想の仕方や厩舎情報などの独自情報を、

150円ほどの僅かな金額できちんと提示してくれているわけです。

 

そこに行くと、

結果を出せているかも分からないブログに、

高いお金を払うのはもったいないなあ・・・

と思ってしまいます。

 

もちろん、

中には100%を超える回収率を達成している方もいらっしゃるでしょうし、

まだ3月ですが、一応はしくれもその部分に入ります。

それでも競馬歴19年(馬券を買えない未成年時代4年を含めて)の中で、

年間収支は未だ、プラスを達成できていないのが実情です。

 

勝てている方は間違いなく居ます(馬券の収入で裁判になった例も有ります)が、

やみくもに情報料を払ったからといって、勝てるという甘い世界では無い

と思うのです。

ですから、

いきなりメルマガに勧誘してくるブログが存在するというのは不思議ですし、

会員を募集するにしても、まず内容や運営実績を開示するべきだと強く思います。

 

ですので、当ブログは予想結果を必ず公開していますし、

今後もその姿勢に変わりはありません。

またもし、当ブログで有料のメルマガ情報を配信する場合があっても、

どのような内容での募集なのかとか、

実際の実績を開示していく事を義務付けたいと思います。

 

はしくれはこの19年、

競馬をやって来た中で、

馬券収支は確実に改善され、

より楽しめるようにもなりました。

それは、馬券以外の事でも、です。

 

これから先も当ブログは、

競馬の収支を少しでも改善したい、競馬を心から楽しみたい、

と思う方に役立つブログで有りたいと思います。

ですから、上記のような感想を書かせて頂きました。

甘い話に皆様が惑わされませんよう・・・。

 

そして、当ブログはこれからも、

個人の競馬ライフや、競馬界を楽しく盛り上げて行けるようなコラムの執筆

にも取り組んでいきたいと思いますので、

どうぞ皆さんこれからも、

よろしくお願い申し上げます。



競馬をどうやって楽しむか?⑥

皆さんこんにちは、はしくれです。

今回は、

前回の応援馬券を見事的中させ、

払い戻しに向かったところ

からのスタートです。




着順が確定し、馬券の的中を確かめたら、

いよいよ払戻しの時間です。

 

 

確定を知らせる音楽が鳴り、

場内の至る所で払戻金を知らせる映像が流れます。

 

 

見ると、

「単勝320円」と「複勝130円」が的中している

のが分かります。

(それと、3着同着の複勝170円も。)

 

この確定時の金額の表示は、

「100円に対していくらの払戻しがあるか」

が表示されています。

これは馬券の最低発売額が、一点につき100円で有る為です。

 

レーシングプログラムの下欄に的中金額を書いておき、

払戻しに行きましょう。

 

 

払戻しが可能な発券機は、

発券機の清算ボタンの左側に「払戻中」という表示が有りますのでご確認を。

以前は払戻し専用の機械が設置して有りましたが、

現在は発券と払戻しが両方できる機械が主流です。

 

 

また、払戻しが可能な発券機の設置されている壁の上には、

黄色いペイントが施されていますので、目印にすると良いでしょう。

 

 

先程馬券を購入する際にはまずお金を投入しましたが、

今度はまず当たり馬券を、右上の「的中券入口」に挿入します。

応援する馬達のゴールは先程確認しましたが、

馬券購入者のゴールはここです。

 

馬券が機械に吸い取られると、

間も無く的中金額が画面に表示されます。

ここで次のレースのマークシートを入れれば、

払戻し金を使って購入する事もできますが、

ここは初めての的中という設定ですので、

「清算」ボタンを押します。

 

これで、

あなたの応援馬券が、配当として支払われました。

再び、おめでとうございます!

 

これで、

ビギナーの方がすぐに競馬を楽しむ為の方法

の解説は一段落となります。

 

大体の競馬ファンがこのような行動を取っていますが、

特に分かれるのはこの後の行動です。

すぐさま次のレースのパドックに行くのか、

それともご飯を食べに行くのか。

または、ターフィーショップにグッズを買いに行く人もいます。

 

 

ちなみにインターネットでもショップ展開をしていますので、

よろしければこちらもご覧ください。



また、各インフォメーションでは馬券のコピーも扱っていて、

一枚10円でコピーする事も可能です。

的中馬券は換金するとなくなってしまうので、

記念にしたい方向けのサービスですね。

前文の状況では既に換金した後なので、サービスの利用はできませんが・・・。

 

とにかく、

競馬場はとても広く、様々なイベントやショップが充実

していますので、

是非色々と見て回る事を、はしくれはおススメ致します!