簡単に穴馬を狙う方法

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、馬券ファンが最も知りたいと思われる

簡単に穴馬を狙う方法

についてお話したいと思います。

 

好配当の使者となる穴馬ですが、

それだけに簡単に選ぶのは難しいところです。

そもそも穴が開くかどうかは

始まってみないと誰にも分からない事なのですが、

とりあえず穴馬のピックアップに困らない為には

何らかの基準が必要です。

 

そこで今回、

はしくれが良く使っている

穴馬を狙う為の、非常に分かりやすい条件

についてお話したいと思います。




ところで皆さんは、

新馬戦

というものをご覧になった事がありますか?

新馬戦とは文字通り、

デビューを迎えた馬達が走るレースの事です。

 

どんなスターホースであっても、

必ずデビュー戦を通ります。

その為、この新馬戦は

競馬ファンに非常に人気が有ります。

 

なぜなら、

未来のスターホースの初戦に、

立ち会えるかもしれないからです。

 

やがて成長して、ダービーを勝つ馬に・・・。

そういう馬を追いかけるのは、

競馬の至福の楽しみの一つであります。

 

ですが、

いざ、馬券の予想となると、

データ党には非常に難しいレース

になると言わざるを得ません。

 

なぜならこれは、

予想する為のファクターが

あまりにも限られているからです。

 

 

では、どのように予想すべきか。

ここではしくれならパドックを選択するでしょう。

 

はしくれ自身の調べでは、

はしくれの新馬戦でのパドックの勝率は、約5割です。

相馬眼が上達すればこの選択も可能でしょうが、

相馬眼の鍛錬には

それなりに時間がかかります。

 

また、競馬ライターは職業上、

締切に追われています。

 

直前までパドックを見て、

買い目を決定するのは不可能です。

個人的に観戦しているレースなら良いのですが、

新聞記者を始めとする多くの競馬予想のプロは、

データを使った競馬予想に頼らざるを得ないのが実状です。

実はこれが、馬券の急所になります。

 

ここからが本題です。

この方法は決して、新馬戦を狙う方法ではありません。

狙いはむしろその逆。

実績の有る馬が多い、

上位クラスのレースで威力を発揮する方法です。

それは例えば重賞レースでも構いません。

結論はこうです。

 

芝コースしか使って来なかった馬の、ダート(砂)コースの初戦

もしくはその逆の、

ダートしか使って来なかった馬の、芝の初戦

 

これを狙うという方法です。

簡単な方法ですが、

これは意外なほど好配当をもたらす事があります。

 

最近ではアウォーディー

芝→ダートのパターンで覚醒しましたが、

今でこそダートでは常に1~2番人気の同馬も

ダートの初戦では7番人気と

伏兵の評価に過ぎませんでした。

 

同馬がそうであったように、

こういったコース替わりの初戦から

人気が有るというのは稀です。

 

また、この初戦を知る為には

競馬新聞の馬柱の下方、

この赤枠で囲った部分を見れば

一発で解決できます。

(画像は、芝レースのものになります。)

 

 

競馬予想というものは、

実績や過去のデータから予想するのが定石です。

ですから、実績がない馬は敬遠される傾向が有ります。

競馬新聞の新馬戦が当たらないのには

こういった背景が有ります。

 

コース替わりは予想家にとって、

新馬戦みたいなものなのです。

ですからこれを逆手に取って、

馬券に組み込むのです。

 

また、馬にはコース適性がありますから、

芝馬の方が速いとか、

ダート馬の方が遅いとかは一概には言えません。

そういった固定概念を壊す意味も含めて、

この方法を紹介します。

 

それでは、

皆様の更なる馬券の収支改善を願って。

今回はこの辺で。

失礼致します。




KLANは使える?

皆さんこんにちは、はしくれです。

突然ですが皆さんは、先日お話した

無料競馬予想ツール

の事、覚えていらっしゃいますか?

 

そう、はしくれも愛用している、KLANの事です。

実は先日アップした画面には

ちょっとした馬券のヒントが隠れていたのですが

お気付きでしたか・・・?

 

桜花賞では馬券に手が届かなかったはしくれですが、

実はこの時公開したNZT(ニュージーランドトロフィー)

のレースで、見事穴馬が飛び込んで

複勝・ワイドが的中しているという事実があります。

 

この画面ですね。

 

 

このレースは予想の公開をしていませんので

買い目は不明でした。

ただ、印的には○ー▲の厚い印のところで

2-3着の複勝・ワイドの的中が有りました。

配当としましては、

複勝2点(490円・260円)と、

ワイド1点(1500円)という、中々の配当となっていました。

ちなみに着順はこちらです。

 

 

さすがに1着馬を当てるのは至難の業でしたが、

この人気薄の4番の激走は、

すでにデータで示されていた通りです。

 

予想で一番難しい事は、

どのようにデータを扱えば良いのか

という事ですが、

これは結論から言ってしまえば、

「突出したデータを見つけ出す」

事につきます。

 

それは、あやふやな情報や、

今一比較して差が無いものではなく、

あまりにも顕著な情報を探し出すのです。

 

それはパドックであれば最高の仕上げの馬ですし、

枠番であれば他の追随を許さない確率

戦歴ならどの前哨戦を使う馬が強いのか

などという事になります。

 

その好例として今回、

枠番では以下のような顕著な例が示されていました。

 

 

以上のように、

2枠の馬券圏内である3着以内の確率は

他を圧倒する50%を叩き出しています。

 

これほど顕著な例であれば、

まず無視はできません。

1着回数は少ないですが、

3着までなら十分です。

こうなると馬券は複勝やワイドが有効と判断できます。

 

データはこのように顕著なものを探す

というのが的中の近道ですね。

(といっても、探すのは地道な作業ですが・・・)

 

私たち予想のプロはこのように

予想の核となる情報を求めています。

そしてその情報源は、いくつか有った方が良いです。

 

そういった情報を集めて

信頼性を比較して、

どんどんと炙りだしていく・・・。

予想とはそういうものです。

 

ですから、

皆さんも有効なツールを使用して、

ぜひ情報の幅、比較の幅を広げて下さい。

それが収支改善への、

着実なステップアップとなります。

(KLANのレビューページはこちらなります。下記画像はリンクです。)



桜花賞の予想結果

こんにちは、はしくれです。

 

今日は阪神競馬場で桜花賞が行われました。

雨の影響は有りましたが、

馬場も少し回復して

大きな歓声に包まれながら各馬出走となりました。

果たしてはしくれの予想の結果は・・・?

まずは、レースの映像をご覧ください。

 

 

 

・・・・・・。

これは驚きの結果になってしまいました。

はしくれ・・・完敗です!!

参考にして下さった皆さん、

誠に申し訳ございませんでした!!(:ー;)泣

 

一着はレーヌミノル・・・。

穴馬の快勝でした。

はしくれの馬券は全て外れで、

すってんころりんの結果でありました・・・。

今一度はしくれの予想を記しますと

◎ソウルスターリング(14番、3着)

○アドマイヤミヤビ(15番、12着)

▲ミスパンテール(16番、16着)

△アエロリット(12番、5着)

でございました。

買い目は○単勝100円、馬連◎ー○300円、ワイド◎ー▲△各100円

合計600円でした。

以下、着順画像です。

対抗に推したアドマイヤミヤビまでの着順ですが、

このような結果となっています。

残念な結果となってしまいましたが、

ここで落ち込んではいられません。

収支改善の為には、ここでの復習が大事です。

折れた心を繋ぎとめつつ、

今回の予想の良かったところから

まずは見ていきましょう。

 

良かったところ・・・。

ルメール騎手はやはり乗る馬を間違えなかった

・ソウルスターリングを軸に、ワイド馬券も組んだ事

・ソウルスターリング自身は、馬券圏内に入った

 

この3点は良かった点であります。

では、良くなかったところを挙げていきましょう。

 

良くなかったところ・・・。

馬場の影響を軽んじた

時計勝負にならなかった

レーヌミノルの脚質転換を見過ごした

 

主にこの3点です。

特に、馬場が渋って展開が変わり、

時計理論で突き詰めるには無理があった

事は、失敗と言わざるを得ません。

この理論は非常に役に立つのですが、

高速決着でない時には脆さがあります。

では、

今レースで桜と咲いたレーヌミノルの激走

を読むことはできなかったのか?

と言えば、

結論から言って可能でした。

 

その為にはまず、

前走フィリーズレビューで

レーヌミノルが脚質転換した

事実を見抜かなければなりませんでした。

 

短距離馬だと思い込んでいたはしくれは、

この点を見過ごしましたが、前走で

普段前に行く馬が中団待機で結果を出した

という点を、大いに評価すべきでした。

これは明らかに、

距離が伸びるこれからの競馬を意識した乗り方

だったからです。

この馬に対する固定概念が、それを邪魔しました。

これは大きな反省点です。

これで次回に向けてすぐにできる改善点が見えてきました。

 

それから、人気に推されたソウルスターリングですが、

この馬自身は重馬場でも行ける馬だと思いました。

それはこの、パドック画像からも明らかです。

馬体がやや細化していますが、

お尻の筋肉は半端ではありません。

こういうタイプは重馬場が苦にはなりません。

それよりも、単純にペースが落ちた事

これが問題でした。

 

上滑りする馬場では、高速決着は望めません。

この馬自身の馬場の得手・不得手よりも、

レースの流れを考えるべきでしたね。

 

以上の反省点をまとめます

①馬場悪化でレース時計がかかれば、高速決着時の論理は使えない。

②実績馬の脚質転換に注意して、固定概念に縛られない。

この2点です。

 

①は天気を知る事で、大分解決できます。

②は東スポなど、競馬新聞の馬柱で確認できます。

 

次回は皐月賞になりますが、

今度はもっと精度を上げて予想に取り組んで参ります。

このブログを読んで馬券を検討下さった皆様、

誠にありがとうございました。

また、レーヌミノルの関係者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。

 

桜花賞の結果:計-600円。

*動画はYouTube、画像はJRAホームページより参照。