相馬眼を持つ人間が新馬戦をやるとどうなるか

 

「パドックは無意味」

 

という発言が

様々な騎手から聞かれますが

これまでも述べている通りに

それは見を見る眼がないだけです。

 

見る眼がない人にとって無意味と

いうことは決して間違いではなく

本当に使えないのですから

むしろ素直な発言でしょう。

 

ですがこれを受けて一部のファンが

「騎手でも分からないから不要」だと

見る眼もないのに発言するのは

非論理的と言わざるを得ません。

 

騎手は馬に乗るのはプロでも

馬を見る眼はプロとは限らないので

それを自身で暴露したに過ぎず

この言葉に乗るのは軽率です。

 

しかしそんな騎手をもってしても

パドックが役に立つレースがあり

そういうレースで使ってみるのは

良いのではという言葉もあります。

パドックは意味ない!?

 

それが6月から始まっている

新馬戦の舞台になるのですが

相馬眼を持った人間が

これをやったらどのようになってくるのか・・・。

 

知りたくはありませんか?

 

ということでパドックのプロとして

実績をこれまで積み上げてきた

はしくれの新馬戦の実績を

お披露目したいと思います。

 

☆2020年6月度配信新馬戦全21レース

 

通常はしくれは新馬戦での

配信を行っておりませんが

騎手たちの発言に発奮して

いずれやってみたいと思っていました。

 

元々新馬戦は得意舞台で

新馬戦は、パドックで。

にも記しましたが

それだけに秘匿性が高いため

配信には迷いもありました。

 

ですが新馬戦が始まってすぐ

眼も慣れていない6月を選び

会員さまを証人にするべく

配信をすることに致しました。

 

6月13日は私事により

配信がかないませんでしたが

その他の日は新馬戦を必ず

配信して実績を出しました。

 

その結果をどうぞご覧ください。

 

6月6日(土曜日)

〇3着→◎4着→▲5着→☆6着

◎2着→〇5着→▲7着→☆9着

6月7日(日曜日)

◎1着→▲2着→☆3着→〇11着

▲1着→☆2着→◎3着→〇5着

〇1着→☆3着→▲5着→◎11着

6月14日(日曜日)

◎3着→〇5着→☆8着→▲9着

☆1着→◎2着→▲3着→〇4着

◎2着→☆5着→〇6着→▲7着

6月20日(土曜日)

〇1着→▲4着→◎6着→☆11着

〇1着→◎3着→▲5着→☆8着

◎1着→〇2着→▲3着→☆15着

6月21日(日曜日)

◎1着→〇3着→☆6着→〇8着

◎1着→〇2着→▲5着→☆9着

◎2着→☆3着→〇4着→▲11着

6月27日(土曜日)

◎1着→▲2着→☆3着→〇4着

◎1着→〇3着→▲5着→☆8着

◎2着→▲11着→〇12着→☆15着

6月28日(日曜日)

▲1着→◎2着→〇3着→☆6着

〇2着→◎3着→▲5着→☆7着

☆2着→◎4着→▲5着→☆8着

◎2着→〇3着→▲6着→☆12着

 

はしくれは普段から4頭のみ

印を配信していますが

3着以内独占は6回と

新馬戦では3割近いです。

 

2頭以上の馬券対象には

14レース=66,66%で

◎〇どちらかの複勝率は

20レース=95,23%

を記録しました。

 

これははしくれの配信中でも

高い数字を示しているもので

某騎手の言うとおり新馬戦は

更に相馬眼が役に立ちます。

 

因みに3着以内独占の

6レースで3連単を獲れば

69,800円の額が

払戻しの合計になります。

 

これは4頭ボックスの馬券を

3連単で買っているとしても

14,400円(6レース分)ですから

55,400円の利益です。

 

また21レース全てのレースで

3連単をボックスで買っていても

まだ19,400円の

利益が手元に残っているわけです。

 

それどころか3連複にしても

きちんと利益が出ていますから

そうそう口外できない予想と

お分かりいただけると思います。

 

またこの年は無観客開催で

現地配信が不可能な年でしたし

モニター観戦で数字を挙げた

事実も見逃せないところです。

 

はしくれはこれまでも事あるごと

モニターでも相馬眼は活きる

断言して本にも書きましたが

実際に結果を残しています。

 

因みにはしくれは2頭以上の

複勝圏率が通算でも

50%を超えていますが

新馬戦ではこれが更に上がります。

 

そういう相馬眼を鍛えている

人間にとってこの新馬戦は

ドル箱状態とも言えるような

レースにすることも可能なのです。

 

☆本音を言いますが・・・

 

ですからお気づきかもしれませんが

はしくれは利益を守るためにも

新馬戦の配信はこれまでも

殆ど行ってきませんでした。

 

6月度の終了時点で

今後も配信が未定なことを

会員さまに伝えたほどですし

それには明確なわけがあります。

 

はしくれが現在配信中の

パドックロードはより高難度な

特別戦を中心に予想を

届けることに集中しています。

 

このコンテンツが相馬を鍛える

実際的な役割となるため

鍛えたあとの方々の利益を

守る必要があるからなのです。

 

もちろんはしくれ自身も利益を

確保する狙いがあるわけですが

それくらいデータがない舞台では

パドック派は優位に立てるのです。

 

ですから現在見る眼がなくても

競馬予想を続けていく限り

パドックが無意味などということは

絶対にないと言い切れるのです。

 

「見る眼がないから使えない」のだと

発言するのは構わないですが

パドックが無意味などということは

言わないでいただきたいところです。

 

これは何も騎手たちには限らず

同調する予想家も同じです。

そもそもファンにとって不利益な

発言をすること自体が疑問です。

 

☆ですから・・・

 

以上のようにパドックを愛する

はしくれにとっては新馬戦ほど

平均して高い数字が出せる

レースはないと言えるところです。

 

データが全くなくても見る眼が

あれば馬券は当てることができて

それもライヴ観戦ではなくても

きちんと楽しむことができます。

 

はしくれのパドックの見方の

極意は既に公開しましたから

何度でもご覧になって相馬を

鍛え抜いてお役立てください。

パドックの見方、お教えします!

 

人の意見を聞きかじったような

コラムとは中身が違いますから

実績のあるプロの見方として

安心してどうぞご覧ください。

 

またこれからもはしくれは高みを

目指してパドックに取り組みます。

もっと素晴らしい結果を求めて

毎レース精進あるのみです。

 

*パドック狂・はしくれの配信

パドック速報・はしくれの「パドックロード」開幕!

はしくれの相馬理論の結晶

「シークレットオブパドック」