阪神ジュベナイルフィリーズ2018結果・優勝馬はダノンファンタジー

 

2歳女王。

 

世代のレベルを語るとき

頂点のレースの質が問われますが

阪神ジュベナイルフィリーズ2018は

総じて好メンバーの一戦でした。

 

数字の中身が濃い出走馬の

パドックでの仕上がりも上々で

時計面・馬体面両面で

納得の女王誕生となりました。

 

レースでは後方一気が決まり

鮮やかな勝利が見られましたが

そのレースを振り返る前にまずは

予想から振り返って参りましょう。

 

<阪神ジュベナイルフィリーズ2018予想・印&買い目>

◎ダノンファンタジー

〇シェーングランツ

買い目・・・単勝◎200円、馬連&ワイド◎ー〇各100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<阪神ジュベナイルフィリーズ2018結果>

優勝馬・・・ダノンファンタジー(◎)

2着馬・・・クロノジェネシス

3着馬・・・ビーチサンバ

(〇シェーングランツ4着)

払戻金・・・単勝260円×2=520円

 

はしくれ・・・的中です!

応援下さった皆さん、誠にありがとうございました(*^^*)☆

 

はしくれの本命◎ダノンファンタジーが優勝・・・!

 

それでは早速この一戦を

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

最内枠のベルスールが好スタートで

ダノンファンタジー(赤丸)はこの位置。

2番人気のクロノジェネシスは

最後方からのスタートとなります。

 

ここから好スタートを切った

ベルスールが先手を主張して

ダノンファンタジーは鞍上の

C.デムーロ騎手が位置を下げました。

 

そこそこ前が速くなりそうなのを

見越した部分も感じられましたし

且つせっかくの外枠を活かすため

内を避けているようにも見えました。

 

 

前半の800m通過は

47秒0のタイム

ダノンファンタジー(矢印)はやや

馬群の外を追走します。

 

タイムとしては例年並みか

少し速いという流れで

全体としてはミドルペース

隊列が組まれていきました。

 

距離ロスのあるポジションですが

外回りコースで直線勝負の様相です。

後ろにいたクロノジェネシスも

捲るように迫ってきました。

 

 

4コーナーを回ったところで

ダノンファンタジーはこの位置ですが

鞍上のデムーロ騎手には

まだ余裕が感じられます。

 

出遅れた上外を回らされた

クロノジェネシスが迫りますが

勢いで押すライバルにも

ダノンファンタジーは負けていません。

 

 

懸命に粘るメイショウショウブを

この2頭があっさり捉えにかかると

マッチレースの様相を呈し

激しい追い比べになりました。

 

一旦は勢いで上回った

クロノジェネシスが出そうでしたが

満を持して追い出された

ダノンファンタジーが抜かせずに駆け抜け・・・

 

 

見事2歳女王の座を

3連勝で射止めました。

 

レースを振り返って思うのは

上位人気馬がやはり強かったこと

前哨戦の時計面からも

納得の結果でした。

 

そしてはしくれの個人配信

パドックロードの配信結果は・・・

 

 

◎1着→☆2着→〇4着→▲15着でした。

 

それでは恒例の馬体診断

行って参りましょう。

 

 

まずは優勝馬ダノンファンタジーです。

 

同馬はまず確実に以前より

馬体の張りが良くなっていました。

 

このレースのパドックは本当に

好仕上がりの馬たちが多く

2歳牝馬のGⅠとしては

過去最高レベルのものでした。

 

そんな中でも同馬のトモには

一目見て張りが感じられ

牝馬特有の瞬発力を

十分発揮できると思いました。

 

胴体を見るとやや詰まっており

距離適性はマイルがベストで

これからどう対応していくか

楽しみなところです。

 

スローでも外から追い込める上に

ミドルでも更に切れた感じで

来年の桜花賞路線でもまず

活躍してくれると思います。

 

 

2着馬はクロノジェネシスです。

 

同馬はバランスに優れており

コースを選ばないタイプですが

やや小柄なところが気になって

☆という評価を下しました。

 

それでも高い柔軟性と

毛ヅヤの良さから代謝も良さそうで

ダノンファンタジーよりこちらの方が

距離の融通は利きそうでした。

 

今回は距離短縮のローテで

スタミナも活かせたと思いますが

何分出遅れたことが余力を

殺いでしまったかなと思います。

 

大外を回し強敵相手に

全く引けをとっていませんから

この馬も来春十分

主役を張れそうな器だと思います。

 

毎回時計も優秀ですし

馬格が出てくれば尚良いでしょう。

 

 

3着馬はビーチサンバです。

 

同馬は完成度が高い馬で

バランスにも好感が持てましたが

何分ツヤが前走時よりも

やや鈍って感じられました。

 

そのため5~6番手評価でしたが

筋肉量が多い馬体で

マイルの距離も向いているのと

坂も味方にできる馬体でした。

 

精神的にも落ち着きがあり

パドックでも静かに気合を入れ

淡々と歩く姿も非常に

好感が持てる仕上がりでした。

 

マイルが得意ではありそうですが

距離延長も良さそうですので

順調に行けば来春以降も

活躍できると思います。

 

 

ということで・・・

 

本当に質の高い2歳戦で

驚くばかりのパドックでしたが

せっかくですので最後にこちらも

診断したいと思います。

 

 

4着馬シェーングランツです。

 

この馬は前走時がピカピカの

好馬体を誇っていましたが

今回はその時よりは多少

ツヤも鈍った感じでした。

 

ですがゆとりのある全体と

張りのあるトモが好感でしたし

バランスの良さや柔軟性には

やはり目を見張るものがありました。

 

この馬も割と万能タイプで

距離はあまり気にならないのですが

どちらかと言えば長い距離より

マイルは向いていると思います。

 

遠征の影響もそんなに感じず

馬体減も気になりませんでしたし

むしろ枠順的に今回は

捌きにくかったかなと思います。

 

同馬を含め4着以下にも

非常に優れた素質馬が多く

目移りするパドックの中で

興奮していたはしくれでした。

 

ということで・・・

 

データ的な数字の中身が濃い

上位馬たちの好走でしたが

馬体面でも上位となると

このメンバーはかなり層が厚いです。

 

まだこの時期は将来のスターが

眠っていることもある時期ですが

このハイレベルな上位馬たちの春が

非常に楽しみなところです。

 

今年の3歳世代が十分

活躍を見せていますから

この世代のヒロインたちにもぜひ

熱戦を期待したいと思います。

 

そんなワクワク感が広がった

阪神ジュベナイルフィリーズ2018でした・・・☆

 

*はしくれの相馬眼はどんなもの?

パドックだけで勝つ

更新中です。