2017府中牝馬ステークス予想・ヴィブロスの取捨は・・・?

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、土曜日に東京競馬場で開催される、

GⅡ府中牝馬ステークスの予想

をお伝え致します。

 

降雨の影響が心配されますが、

当日未明の天気予報では、

雨は上がって曇りの予報。

今の東京の芝状態なら、良~やや重で行われそうです。

 

馬場状態の心配はそれほどないと見ています。

各馬能力の発揮に大きな影響はなさそうです。

 

それでは早速出馬表と、

はしくれの予想をご覧下さい。

 

 

<2017 府中牝馬ステークス予想 印&買い目>

◎ヴィブロス

○クロコスミア

▲アドマイヤリード

☆クインズミラーグロ

買い目・・・◎&○単勝各100円、◎~▲ワイドボックス各100円、◎ー☆ワイド100円、計600円。




本命◎はこの馬にしました。

この馬は今年に入ってまだ3戦目と、

他馬に比べてかなりフレッシュな状態です。

 

今回は休み明けとなりますが、

その成績は1-0-0-2で、

馬券圏外の2回にしても、はっきり理由があります。

 

その2回の内1回は未勝利脱出直後の重賞挑戦、

もう1回は強豪牡馬との一戦で5着と明白で、

メンバーレベルの下がるここなら、

このデータは当てはまらないと見ます。

 

鞍上にも名手を確保し、万全の態勢で臨む今回。

調教も動けていますし、状態の良さが伝えられています。

左芝も2戦2勝で、更なる上昇に期待です。

 

対抗○にはクロコスミアです。

同馬は前走・WASJで、

後続を突き放す快勝劇を演じてきました。

 

その中身も逃げて上がり最速、

2着に下したゲッカコウも次走で勝ち上がるなど、

メンバーレベルも高い中での2馬身半差は強い競馬でした。

 

今回も同馬が逃げてペースを作れそうで、

自分の競馬に徹する事ができそうなのが好感です。

岩田騎手はあまり逃げのイメージがありませんが、

実際は上手です。

直線では多いに観衆を沸かせてくれるでしょう。

 

▲にはアドマイヤリードです。

同馬は前走・クイーンステークスで1番人気を背負って6着。

やや負け過ぎの感もありますが、

コース形態が向かなかった事も否めません。

 

実際ここ5戦の内、

馬場の広い京都と東京では3連勝中と勢いもあり、

ヴィクトリアマイルを勝った東京なら、

巻き返す可能性は高いと思います。

 

1800mの距離も6戦して4連対と相性の良い方で、

例え馬場が渋っても重馬場も得意です。

乗り替わりも気にならないタイプで、

最後の末脚が脅威です。

 

最後に☆はこの馬です。

同馬は今年、全てのレースで3着以内を確保していますが、

そのどれもが惜敗で、勝ち星に恵まれていません。

 

ですがそのレース振りは、

時に先行、時に追い込みと、

違う戦法でレースをしても最後は必ず追い込んでいます。

 

こういう事が可能なのは同馬が充実している証拠で、

出遅れなければ名手の騎乗で、

見せ場以上も有り得るでしょう。

前走からのハンデ減もポイントです。

 

買い目は先週の反省を生かして単勝の2点買いと、人気が割れている事を考え、ワイドで的中を狙います。

 

雨が降ると気温がぐっと下がってくるこの季節ですが、

皆さんも観戦する際には、風邪など引かぬようお気をつけ下さい。

次回はGⅠ秋華賞の予想をお届けする予定です、

そちらもどうぞお楽しみになさって下さい。

 

それでは皆さんの土曜競馬が楽しいものになりますように・・・

グッドラック☆

 




 

2017毎日王冠結果・ベストパドック賞は・・・☆

皆さんこんにちは、はしくれです。

先週の週末は豪華3日間開催でしたが、

皆さんの馬券の調子はいかがでしたでしょうか。

 

その3日間開催の中で、

最後の回顧となる毎日王冠の結果と、

はしくれも驚いたベストパドック賞の馬を、

今回は特別な形で取り上げたいと思います。

ぜひ、ご覧になって下さい。

 

それでは早速はしくれの、

毎日王冠の予想からまずはお伝えしたいと思います。

予想は以下の通りでした。

 

<2017 毎日王冠予想 印&買い目>

◎ソウルスターリング

○グレーターロンドン

▲リアルスティール

☆マカヒキ

△サトノアラジン

×ヤングマンパワー

買い目・・・馬連流し◎ー○▲☆△×各100円、複勝×100円、計600円。

 

それでは結果です。

 

 

はしくれ・・・完敗です!!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)




はしくれの本命◎ソウルスターリングは8着・・・。

 

この3日間の重賞開催ではひとつも当てる事ができず、

本当に情けない結果となってしまいました。

後悔も沢山ありますが、

その毎日王冠の結果を、

しっかり振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

アストラエンブレムがやや出負けした感はありますが、

その他は特に問題なく、各馬スタートしました。

 

3番のダイワキャグニーが先手を主張する構えでしたが、

ここで最内からペースを窺い、

1番人気の◎ソウルスターリングがハナに立ちました。

はしくれの推し馬である×ヤングマンパワーは3番手に控えます。

 

道中はこの3頭が先陣を形成し、

少し縦に長い展開でレースが進んでいきます。

1000m通過は60秒丁度で、

良馬場でこの時計なら決して速くはありません。

4コーナーを迎えるときも、まだ3頭が先団でした。

 

 

ここからスタンドに居たはしくれは、

大観衆の中でヤングマンパワーに声援を送ります。

「ソウルスターリングと一緒に上がってきてくれ」

という思いで見つめていました。

しかし・・・。

 

直線坂下では既にソウルスターリングの手応えが怪しくなりました。

ですがヤングマンパワーの手応えはまだ、かなり残っているようでした。

殆ど絶叫状態でしたが、周囲の声援はそれ以上。

このレースへの注目度が分かる状況でした。

 

 

ここから、長い直線の攻防が始まりましたが、

最後はやはり切れ味勝負。

馬場も外側が伸びる事もあり、

差し馬が台頭します。

特に後方に居た▲リアルスティールと、

△サトノアラジンの勢いは、目を見張るものがありました。

 

 

この2頭が競り合うように馬場の3分どころを突き抜けてゴール。

軍配はリアルスティールにクビ差で挙がりました。

そこから1馬身半差の3着に○グレーターロンドンが入り、

内で限界まで粘ったダイワキャグニーが4着でした。

 

×ヤングマンパワーも人気以上に頑張ってくれ、

このメンバーが相手だった事もあり、

はしくれの目頭は熱くなりました。

 

さて、こうして大興奮の毎日王冠観戦劇となりましたが、

馬券の方がさっぱり当たらず、

皆さんのお役に立てず、

大変申し訳ございませんでした。

 

この3日間、はしくれと共に戦って下さった皆さんの為にも、

このままただ回顧だけで終わる訳には行きません。

 

ですので、

パドックが一番得意なはしくれが、

今回選んだベストパドック賞を発表し、

その画像を自由に使って頂いて構わないという特典を、

今回に限り設けました。

ぜひ、その素晴らしい馬体を収めた写真にご注目下さい。

 

それでは早速、毎日王冠に現れた

素晴らしい優駿に登場してもらいましょう。

 

今回のベストパドック賞は・・・!

 

 

サトノアラジン号です☆☆☆

 

「え・・・2着なのに・・・??」

と思われた方もいらっしゃるでしょうが、

それは別の問題です。

今回、パドックで最も輝いていたのは、

間違いなくこのサトノアラジンでした。

 

見てください、この筋肉の張りと均整の取れた好馬体を。

そしてフワフワと全身をまとう、オーラのようなツヤを。

これほど完成された仕上げには、そうそうお目にかかれません。

 

残念なことですが、

はしくれは正直同馬を見てすぐに、

自身の予想が外れる事を意識しました。

 

因みに、同馬はなぜ2着だったのかというと、

リアルスティールも仕上がっていた事と、

体形的な距離適性、

鞍上のパフォーマンスが差になっていると考えています。

 

上位馬の仕上がりは本番にかなり近い状態で、

毎日王冠というレースが、

いかに目標にされているかを実感した一戦でした。

 

因みにパドックの仕上がりと短評を、ランキング形式で発表すると・・・

 

1位サトノアラジン(100%の仕上がり)

2位リアルスティール(95%の仕上がり)

3位マカヒキ(89%の仕上がり)

4位グレーターロンドン(88%の仕上がり)

5位ソウルスターリング(80%の仕上がり)

 

でした。

そしてこの仕上がりを見てはしくれが思ったことは、

サトノアラジンが今後のレースでもう一度ピークに持ってこれるのかという不安と、

ソウルスターリングが例え100%でも及ばなかったのでは、

という事です。

 

伸びしろを考えたとき、

勝ち馬リアルスティールはまだもう一段見込みがありますし、

グレーターロンドンも更に良化が見込めます。

また、マカヒキも6着でしたが、

4kgほど絞れてくれば更に走っておかしくないです。

 

ただ、

今回のサトノアラジンは目一杯仕上げてきましたし、

ピークを2度作ると言うのは並大抵ではありません。

 

またソウルスターリングは、

形は出来ていたのですが、中身が伴っていない事が非常に気になりました。

馬体の迫力も強豪牡馬には及ばない感じでしたし、

これから2週間で仕上げるのはかなり厳しいと言えそうです。

 

ソウルスターリングはもっと言えば、

夏を越しての成長も、あまり感じられませんでした。

レースで凡走してしまったのも、

このあたりが原因の可能性が有ります。

特にレース展開も、前にそんなに厳しい流れでもなかっただけに・・・。

 

と、いう事で今回は、

様々な感想が浮かびましたが、

サトノアラジンの素晴らしい仕上がりに驚いたはしくれでした。

 

GⅠ戦でもそうそうこれだけ仕上がっている馬はいません。

凱旋門賞は残念でしたが、

やはり池江調教師はとても優秀なトレーナーだと改めて敬意を表します。

 

さて、このサトノアラジンの画像ですが・・・。

著作権に関してははしくれが所有しますが、

引用元さえ明記して下されば、自由に使って頂いて結構です。

ご自由にプリントしたり、

手を加えて使って頂いても構いませんし、

ご連絡を頂く必要も有りません。

 

意外と競走馬の写真というのは、

手に入らないものですので、

ささやかながら日頃のご愛顧に感謝して、

お使い下されば幸いです。

 

 

また、今回はせっかくですので、

騎手が乗っていないバージョンも特別にご提供致します。

著作権に関しましては先述の写真の通りです。

名馬といえども仕上がりには毎回差がありますので、

どうぞピーク時のサトノアラジンをご堪能下さい。

 

最後に、

これを持ってパドックに臨む方へ、はしくれからお願いがあります。

このような理想的な仕上げは本当に稀なもので、

ましてサトノアラジンほどの名馬でさえも稀な事です。

下級条件の馬たちの中に同様の仕上がりを探すのは、

相当に困難な事と言えます。

 

ですから、これはあくまで理想の状態として考えて欲しいのです。

良い仕上がりの馬というのは、

その馬なりに優れた仕上がりになるものですから・・・。

ぜひ、この点はご理解頂き、ひとつの雛形としてご活用下さい。

 

それでは、長くなりましたが、

今回の回顧は以上になります。

はしくれも皆さんと共に、

馬券の収支改善を目指して日々精進致します。

 

これからも的中を目指して努力して参りますので、

どうぞ当ブログを末永くご愛読下さいますよう、

心からよろしくお願い申し上げます。

 




2017京都大賞典結果・優勝馬は・・・。

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は月曜日に開催された

GⅡ京都大賞典の結果

について、お伝えしたいと思います。

 

早速ですがはしくれの予想は、

以下の通りでした・・・。

 

<2017 京都大賞典予想 印&買い目>

◎シュヴァルグラン

○スマートレイアー

▲サウンズオブアース

☆ミッキーロケット

買い目・・・馬連流し◎ー○▲☆各100円、3連複軸一頭流し◎ー○▲☆各100円、計600円。

 

それでは結果をご覧頂きましょう。

こちらです・・・。

 

 

はしくれ・・・外れです!!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)




はしくれの本命◎シュヴァルグランは3着・・・。

この3日間、祈るような気持ちで臨みましたが及ばず・・・

・・・残念ですが早速、レースを振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

大きな出遅れも無く、大体揃ったスタートになりました。

 

 

陽射しを受けてターフも鮮やか、

☆ミッキーロケットは中々の好発進です。

先手を主張したのは10番のラストインパクトでありました。

 

隊列はやや縦長で、

人気馬が後方に構える形で徐々に落ち着いてきます。

1000m通過はほぼ1分丁度、

それほど速い時計では有りません。

 

 

内で構える8番トーセンバジルですが、

先週のレッツゴードンキといい、

岩田騎手のインを突く走りがここでも粘走を生み出します・・・。

 

4コーナーに入る前に◎シュヴァルグランが一旦ポジションを押し上げますが、

仕掛けを待つように息を入れ、

直線へと向かいます。

 

 

最後の直線、京都の外回りです。

長い直線をシュヴァルグラン(赤丸)が追い込んできます。

かなり勢いは良い感じですが、

内からトーセンバジルが抜け出しを図ります。

 

○スマートレイアーはインを狙って動けず、

▲サウンズオブアースは手応えが有りません。

ですが、そこは武豊騎手。

スマートレイアーは進路が開くと、

すぐにインに切れ込んで来ました。

 

 

やはり芝は内目が伸びて、

外を回ったシュヴァルグランは届かず3着。

トーセンバジルが2着に残し、

スマートレイアーが見事な切れ味で勝利をものにしました。

 

やはりスマートレイアーは予想時にもお伝えしたとおり、

中長距離でこそ末脚が生きるタイプと言えましょう。

内で溜めた武豊騎手もお見事でしたし、

7歳馬の落ち着きも折り合いに貢献しました。

 

2着のトーセンバジルも前で良く粘りましたし、

この馬のスタミナ面は強みだと思います。

シュヴァルグランについては外を回ってこの差ですから、

力は見せたと思います。

 

☆ミッキーロケットは4着。

現時点では展開や馬場の助けが欲しいところです。

▲サウンズオブアースは、どうしたのでしょうか・・・

13着敗退です。

何事も無ければ良いのですが・・・。

 

因みに今回はスローペースでしたが、

最後の4ハロンが全て11秒台のラップ構成で、

スマートレイアーは唯一の33秒台を計時と、

切れに切れた印象でした。

 

インで溜めた2頭のワンツーで、

位置取りの差は大きかったと思います。

やはり、岩田騎手のイン強襲は無警戒にはできません。

ただ、かなり早い段階からインを取るのは完全に予想外で、

この点、予想が至らなかったと反省致しております。

 

更に今回、はしくれの失敗点は、

買い目にもありました。

 

このところの重賞予想で連敗を喫していたため、

焦りから3連複に手を出してしまいました。

単勝を上手く扱えなかったばかりか、

普段使わない馬券種に手を出して失敗する始末。

皆さんには本当にご迷惑をお掛けし、反省致しております。

 

自分の競馬を見失うとあっという間に転落しますが、

競馬の怖さを知りながら、

また敗戦を重ねてしまいました。

予想家として至らない点が多くありました事を、

重ねてお詫び申し上げます。

 

明日は毎日王冠の結果と回顧を予定しておりますが、

反省だけでは毎回読んで下さる皆さんに申し訳なく思っております。

その為、ささやかながらパドックを見る際に、

お役に立つ情報を発信したいと思いますので、

そちらもどうぞご一読下さいますよう、

よろしくお願い申し上げます。

 

*勝利されたスマートレイアーの関係者の方々、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝い申し上げます。誠におめでとうございました。