クイーンカップ2018結果&パドック解説やります☆

 

 

1週目のパドックでテトラドラクマに惚れたはしくれ。

当ブログ予想本命のツヅミモンは4番手評価でした。

本当に今年の3歳世代の馬には良い馬が多く、

牡馬・牝馬を問わず毎回目移りしてしまいます・・・。

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

小倉の降雪で4日間開催となったこの週末ですが、

3日目の今日東京では、GⅢクイーンカップが開催されました。

 

久々の気持ちの良い晴天の中で優勝したのは、

今日誕生日の田辺騎手が騎乗した、3番人気のテトラドラクマでした。

 

タイムも1分33秒7と優秀な走破時計で、

桜花賞の主役候補に一気に名乗りを上げました。

前回の共同通信杯の回顧でも実施致しましたが、

今回は「豪華版パドック診断」を実施致しますので、ぜひご覧下さい。

 

それではまずは当ブログ予想からご覧いただき、

その結果とレースの回顧、

そして最後にパドック診断へと移って参りたいと思います。

 

<クイーンカップ2018予想>

◎ツヅミモン

○マウレア

▲フィニフティ

買い目・・・単勝◎100円、ワイドボックス各100円。計400円。

 

それでは結果です。

 

<クイーンカップ2018結果>

優勝馬・・・テトラドラクマ

2着馬・・・▲フィニフティ

3着馬・・・アルーシャ

(◎ツヅミモン12着、○マウレア5着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした!(><;)

 

はしくれの◎ツヅミモンは12着・・・。

それでは早速、レースを回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

内枠で6番テトラドラクマが好スタートを決めます。

対して5番のソシアルクラブが出遅れ、

外枠の16番マルターズルーメンも下がります。

 

 

序盤は好スタートを切ったテトラドラクマが先手を主張し、

2番手には9番のアルーシャ、

3番手にツヅミモンやマウレアが続きます。

後方では出遅れた2頭が追走していくのも見えます。

 

 

最初の600m通過は34秒6でしたが、

これは想像以上にハイペースとなってしまいました。

予想ではスローペース濃厚とお伝えしていましたが、

完全にペースの把握を間違えてしまいました。

申し訳ございません。

 

逃げると思ったツヅミモンより更に前に行く2頭が、

ペースを緩める気配も見せないまま4コーナーを回ります。

 

 

ここでも先頭は赤丸で囲ったテトラドラクマです。

最内の馬場が生きているという予想は当たっていましたが、

まさにインをずっとぴったり田辺騎手が譲らずに進んでいます。

2番手のアルーシャにしてもポジションが下がりませんし、

逆に◎ツヅミモンは後退してしまいました。

1番人気馬マウレアにも伸びがありません。

 

坂を上がって独走状態となったテトラドラクマですが、

中団からただ一頭、フィニフティが突っ込んできます。

このフィニフティが前を行くアルーシャを交わし去り、

更に前を追いましたが大勢は決していました。

 

 

最初から最後まで速いペースで逃げ切ったテトラドラクマが快勝。

勝ちタイム1分33秒7は非常に優秀な時計です。

前走フェアリーステークスでは人気に応えられませんでしたが、

今日はその仕上がり通りの完璧な内容でした。

2着には良く追い込んだフィニフティが入線し、

3着には粘り切ったアルーシャが入着しました。

 

予想の反省点としてはやはりペースと展開ですが、

まさかテトラドラクマが逃げて競馬をするとは思いませんでした。

逃げて競馬をした事など一度もない馬でしたし、

安田記念のロゴタイプのようなインを突いた逃げでした。

行く馬が少ない事は想定されていましたが、

それでもハイペースで逃げ切るとは正直驚きました。

 

ただ、展開は分からずともパドックを見た感じで言えば・・・。

この馬なら逃げ切れるとはしくれは感じていました。

はしくれのパドック速報・「パドックロード」での予想は以下の通りです。

 

 

今回は◎の仕上がりが特に良かった事から、短評も入れてみました。

◎1着→○3着→▲4着→☆12着で2着こそ抜けてしまいましたが、

順列的にも正しい評価をする事ができました。

当ブログ予想とは全く違う予想でしたね(^^;)

やはり得意とする相馬眼の方が、どうしても結果が出ます・・・。

 

それでは、はしくれが見たクイーンカップのパドック診断を、

以下に写真を交えて実施したいと思います。

 

 

まず、優勝馬テトラドラクマですが・・・。

う~ん。目をつぶっていますね(^^;)

それは置いておくとして、素晴らしい仕上がりでした。

見て下さい、この無駄の無い馬体と張り。そしてこの季節にも関わらず輝くツヤ。

眩しい、眩し過ぎます!

これはもう、「学校一のアイドル」並みの仕上がりですね。

100%を通り越して、110%といったところでしょうか。

 

この馬は牝馬特有の線の細さが目立たないタイプで、

どっしりとした中にも柔軟性を備えています。

そのため多少のハイペースでもスタミナ切れをしにくいタイプで、

「前に行っても粘れる」と思った点はここに有ります。

切れ味よりも持続力に良いものがあるタイプですね。

ただ、柔軟性もありますから瞬発力も有りそうです。

小西調教師、よくぞここまで仕上げて下さいました。

 

ただ、今回が本当に良く仕上がっていただけに、

好時計の反動よりも次走の仕上がりが気になります。

近年ここから桜花賞へのぶっつけも多いですし・・・。

一度仕上げてもう一度ピークに持ってこられるかが鍵でしょう。

ただまだ間隔がありますから、この点では有利ですね。

次走もパドックが重要ですが、既に非常に楽しみにしています。

 

 

そして2着のフィニフティです。

これは予想時もお伝えしたとおり、藤原厩舎の管理馬ですが、

やはりきっちり走れる体に仕上がっていました。

本当に悔しいのは最初4番手はこの馬でしたが、

体の大きいツヅミモンを上位にとってしまいました。

 

ただ、パドックの1周目から目を引く一頭でもありましたし、

馬体は小柄ではありますが、バランスの取れた好馬体です。

まだこの時期の牝馬らしく線の細さが目立ちますが、

張り・ツヤ共に合格点で非常に悩んだ一頭でした。

今回の走りを見ればただ一頭差して来ましたし、

現状これがマックスの仕上がりだったのだと思います。

今日はとにかく「相手が悪かった」という他はありません。

 

また、この馬は前走では先行して勝利していますが、

今回のような差しも行ける事は馬体からも察せられます。

腹回りが切れ長でスラっとしたタイプですので、

瞬発力には自信を持って良い体型でしょう。

いわゆる「牝馬の切れ」を武器にできるタイプです。

今回上がり最速馬は出遅れたソシアルクラブですから、

実質的にはコンマ1秒差の35秒0で中団から差して来た、

同馬の末脚が一番切れたとはしくれは思います。

 

 

そして3着のアルーシャです。

この馬は写真が上手く撮影できなかったのですが、

422kgに見えないしっかりとした体型です。

今日はアバラがうっすら浮き出るほどに無駄が無かったですから、

ここを目標に仕上げられた事が窺い知れました。

管理するのは関東のトップトレーナーである藤沢調教師ですが、

師は最近馬体の作りが変わって来たように感じます。

 

それというのもアルーシャを始め、

きっちりと馬体を絞って臨む事が多くなったからです。

これは外厩制度の確立とも無関係では無さそうですが、

堀調教師をはじめとする腕利きの調教師が増えましたから、

緩めの仕上げで臨む事が難しくなっているのかも知れません。

 

とにかくアルーシャは小柄ですが、

フィニフティとは対照的に小柄に見えない馬でもあります。

事実はしくれはこの回顧を作成するまで馬体重を知らず、

450kgはあると思っていたので衝撃を受けました。

太めか細めの判断の際に時々見る事はありますが、

基本的に相馬眼があれば馬体重は不要なのです。

ただ、この事実から察するに、

同馬は小柄に見えた時は要注意かもしれません。

 

 

そして4着のオハナです。

今回のパドック診断は豪華版という事で、

こうなったら上位馬は徹底的に紹介したいと思います。

このオハナは可愛い名前の通りに小柄の可憐な馬で、

江戸の庄屋でまじめに働く奉公娘(?)という感じです。

 

今回は広い東京コースが舞台でしたので、

最後はスタミナ的に少しつらかったかなと思います。

伸びない外を回った事も影響したと思いますし、

ゆっくりと成長を促してあげてほしいと思います。

 

小柄な馬は仕上がりやすいのが特徴でもありますが、

この馬は現時点では完璧な仕上がりでした。

馬体が増えてバランスが崩れる事は良くある事ですので、

この辺りが成長後の同馬を見るポイントになるでしょう。

 

 

そして5着のマウレアです。

同馬は今回1番人気に応える事ができませんでしたが、

ご覧の通りややバランスを欠いて筋肉の張りも今ひとつです。

実際この点がどうしても良くは思えず、速報でも無印と致しました。

 

正直大敗もあるのではないかと危惧したほどでありますが、

それでも5着に入るのだから本当に大したものです。

毛ヅヤも冴えず、お尻も小さく本当によく5着に持ち応えました。

正直6着のハトホルの方が出来は良かったと思います。

 

と、勢いで書いてしまったので、

ここで6着ハトホルについてもご覧いただく事にしましょう。

 

 

どうでしょう。中々良いと思いませんか?

実ははしくれが選ばなかった穴馬の中では、

一番怖い存在だったのがこのハトホルです。

浮き出た筋肉、バランスの良い体つき、厚めの馬体・・・。

 

名前の意味はJRAサイトによると、

「安産、子孫繁栄を司る古代エジプト神話の女神」

だそうですが、

はしくれは「鳩が豆を掘ってる」ものだと思っていました。

 

すみません、話を元に戻しますが、

走りに関して言えば瞬発力タイプでは無いと思います。

スタミナというか持久力がありそうな体つきです。

 

 

そして最後に当ブログ予想◎のツヅミモンです。

どうでしょう。この馬格。さすがに小さい牝馬に混じって532kgは目立ちます。

次に馬格があるのが勝ったテトラドラクマの462kg(その差70kg!)ですから、

いかにこの馬が目立つ存在かがお分かり頂けると思います。

 

ただ、4番手評価としたのは、

これでも何だか小さく感じる仕上がりだったからで、

毛ヅヤも冴えず今一調子に疑問があったのは事実です。

ただ、これだけ大きな馬格でありながらバランスが崩れておらず、

前走の反動も考えればまだ見限れないと思います。

 

この馬とフィニフティとハトホルで散々悩み、

ツヅミモン、フィニフティ、ハトホル、ツヅミモン、フィニフティ、ハトホル・・・。

と、呪文のように頭の中で唱えていたはしくれでした。

 

それでは・・・。

 

今回のクイーンカップは好メンバーが集結しましたが、

テトラドラクマを除いてはまだ完成途上と言ったところです。

まだまだ3歳になったばかりの可憐な乙女たちですから、

成長を見守りながら応援したいところですね。

桜花賞を見据えた大事な一戦となっていますが、

ぜひ、本番のパドックに臨む際は上記もご参考になさってください。

 

そして今週、今年最初のGⅠフェブラリーステークスが開催されます。

こちらも今週同様「パドックロード」にて速報を配信致しますので、

はしくれの相馬眼にご興味がおありでしたらぜひ、お試しなさって下さい。

筋肉もりもりのダートGⅠ馬を見るのが、今から非常に待ち遠しいです!!

 

*優勝馬テトラドラクマの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝いを申し上げます。




共同通信杯2018結果・優勝馬はオウケンムーン

 

絶対的な存在として1番人気に推されたグレイル。

東京競馬場には多くのファンがつめかけ、同馬の走りに注目しました。

最後の直線では同馬の末脚爆発に期待が集まりましたが・・・。

優勝したのは好位で競馬を進めたオウケンムーンでした。

 

大手メディアによりますと敗因は「不明」という事ですが、

武豊騎手・野中調教師ともにショックだったと思います。

かくいうはしくれもパドックでは一番だと思っただけに・・・。

そんな今年の共同通信杯2018になりましたが、

しっかりと復習を怠らずにして参りましょう☆

 

それではまず、はしくれの予想です。

 

<共同通信杯2018予想>

◎グレイル

買い目・・・単勝200円、複勝200円。計400円。

 

このような予想でした。

そして結果は・・・。

 

共同通信杯2018結果

優勝馬・・・オウケンムーン

2着馬・・・サトノソルタス

3着馬・・・エイムアンドエイド

(◎グレイル7着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎グレイルは7着・・・。

非常に残念な結果となってしまいました。

それでは早速、波乱となったレースを回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

内枠2番のカフジバンガードがやや後手を踏んでいますが、

大体各馬揃ったスタートとなりました。

ここから逃げ馬コスモイグナーツが早々先手を主張しますが、

他に競り合う馬もなく、単騎逃げが叶いました。

 

序盤はこのコスモイグナーツが2番手を離しにかかりますが、

東スポ杯と同様に、やや行き過ぎたかなと思います。

制御の難しい馬のようで、このあたり若さが目立ちますね。

離れた2番手にエイムアンドエイドが続いていきます。

 

 

前半の1000mの通過は60秒2というタイムで、

これはそんなに速い通過時計とは言い難いです。

特に2~3番手あたりからはスローは間違いないと思います。

こうなるとある程度前のポジションが欲しいところです。

 

隊列変わらず先頭コスモイグナーツ、

2番手エイムアンドエイドで4コーナーを迎えます。

◎グレイルは直線外に出して虎視眈々でした。

 

 

赤丸をつけたのが優勝馬オウケンムーンです。

3番手以下が実質スローでインが伸びる馬場でしたから、

北村騎手のレース運びは相当冷静だったと思います。

グレイルはその左3頭目にポジションを取っています。

 

ここは馬場があまり伸びない所ではあったのですが、

末脚に良いところがある同馬の力を信じたのでしょう、

武騎手はここからまっすぐ末脚を伸ばそうとしています。

ですが、無常にも追い込んでくる気配はありませんでした。

 

 

結局、完璧に立ち回ったオウケンムーンが優勝でしたが、

最後鋭く中を割ってサトノソルタスが追い込んで来ました。

3着争いは微妙でしたが、

ハナ差でエイムアンドエイドが粘り抜いています。

 

結果としては波乱の結果で場内も静まってしまいましたが、

競馬としては展開・馬場・位置取りの3要素からも、

オウケンムーンの優勝には極めて納得が行きます。

ただ、問題はグレイルが殆ど競馬をしていない事でした。

 

 

はしくれのパドックロードでは以上の印で配信しました。

○2着→▲4着→◎7着→☆9着で、

▲ゴーフォザサミットが3着かと思ったのですが・・・。

 

・・・と、問題はそこではありません。

優勝馬オウケンムーンが買えなかった事もさる事ながら、

◎グレイルが馬体についても問題が無かった事です。

 

 

さて、どうでしょう。

はしくれとしては特に悪い点は見当たりません。

このあたりきっと、野中調教師も同じ感想だと思います。

それだけに「気持ちの悪い敗戦」という言葉が出たのでしょうが、

はしくれも全くこれと同じ意見です。

 

はしくれは同世代のダノンプレミアムもこの目で確認していますが、

この馬と比べても引けを取らないくらいに感じました。

事実速報の短評では「◎○抜けています」の評価を下したほどです。

やはり馬体からも敗因は「不明」と言うしかありません。

 

ただ、今回初めてこの目で馬体を確認できましたが、

本当にダービーを見据えられる一頭だと思います。

絞れた体、浮き出た筋肉、この季節でも悪くないツヤ・・・。

今回の敗戦だけでは到底見限れません。

 

そして、このグレイルに匹敵するほど仕上がりの良い馬が居まして・・・。

それが最後2着に食い込んだサトノソルタスでした。

 

 

う~ん・・・素晴らしい!(・・;)

今こうして写真で見ても出来の良さが伝わってきます。

これは先々実に楽しみな存在が現れました。

堀厩舎の管理馬にしてはゆったりとした腹袋であり、

このあたりも大物感がたっぷりと漂っています。

 

実はこのサトノソルタスとグレイルで散々悩んで、

配信に踏み切りましたが結果は上記の通りでした。

ですがサトノソルタス自体はポジションも後ろでしたし、

ペースを考慮すれば相当に価値ある2着だと思います。

それにしても今年の3歳世代は良い馬が凄く多いです。

 

 

そしてお待たせしました、優勝馬オウケンムーンです。

改めて写真で見ると中々の好馬体ですね。

この馬は上記2頭から離れた3番手候補の一角でした。

ではなぜこの馬を切ったのかと言うと・・・。

小さな馬格と未成熟さからです。

 

やはり馬格に恵まれた馬が多いこの世代の中にあって、

同馬は牡馬としては小柄な、458kgです。

-10kgは気になりませんでしたが、まだ馬体には緩さもあります。

ただこれだけ好仕上がりの上記2頭を凌ぐ勝利は、

はしくれの相馬眼の認識を改めさせられます。

正直、この馬を3番手に取れなかった事は後悔しています。

 

 

そして3着のエイムアンドエイドです。

この馬は写真で見てもあまり見栄えはしませんが、

-8kgでも太め残りで、緩さもまだ気になりました。

この馬はミナリク騎手が非常に上手く捌きましたし、

パドックとしては非常に選びづらい一頭でありました。

 

それでも長い東京の直線を前々で粘り込むのですから、

ペースが遅くなったとはいえ、先々が楽しみです。

春を迎えて絞れてきたら、より存在感を増すかもしれません。

血統的にも長く活躍を見せてくれた両親でもありますから、

息の長い活躍を期待したいところです。

 

と、いう事で・・・。

 

結局馬体から見てもグレイルの敗因はよく分かりませんが、

前走での差し切りの反動かもしれません。

実際タイムフライヤーはGⅠを勝つほどの馬ですから、

かなり披露が溜まっていたとしても不思議はありませんので・・・。

 

その馬にとって限界を超える走りだと次が不発になるのは、

キタサンブラックが昨年の宝塚記念で証明しています。

この時も敗因不明で随分騒がれたものですし、

グレイルはまだ3歳ですから見限るのは早計でしょう。

 

体勢を立て直されて次走は末脚爆発のシーンを今度こそ見たいですね!

 

*優勝馬クリンチャーの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に、心よりお祝いを申し上げます。

*クイーンカップの無料予想はこちらからご覧ください。




京都記念2018結果・優勝馬はクリンチャー

 

圧倒的な一番人気に支持されたレイデオロ。

GⅠ馬4頭の中でも特に注目を集めましたが、

豪華メンバーの間を割って優勝をさらったのは、

菊花賞を2着としていた4番人気のクリンチャーでした。

 

一体どんな京都記念になったのか。

まずははしくれの予想からご覧いただき、

結果の発表後に回顧して参りましょう。

 

<京都記念2018予想>

◎レイデオロ

○クロコスミア

買い目・・・◎・○単勝各100円、複勝○100円、馬連◎ー○100円、計400円。

 

それでは結果です。

 

<京都記念2018結果>

優勝馬・・・クリンチャー

2着馬・・・アルアイン

3着馬・・・◎レイデオロ

(○クロコスミア8着)

 

はしくれ・・・完敗です!

予想を参考にして下さった皆さん、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎レイデオロは3着・・・。

早速レースを回顧して参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・。

 

 

やや挟まれるような形でレイデオロが出遅れますが、

外枠のアクションスターを除けば大体五分のスタートでした。

インからはプリメラアスール、

外からは、○クロコスミアが先頭を窺います。

 

重馬場でプリメラアスールは脚を取られたような動きで、

そうこうする内クロコスミアが単騎で前へと押し進めます。

後続もそこまで離れた展開にはなりませんでしたが、

モズカッチャンはやや後ろからの競馬を選択しました。

 

 

最初の1000m通過は63秒0。

重馬場ではありましたが、これは明らかに遅いペースです。

行く馬が居ない事は事前に把握できていましたので、

おそらくどの騎手にとっても想定の範囲内だったでしょう。

 

先頭のクロコスミアがそのまま馬群を引っ張る形で、

勝負どころの3コーナー~4コーナーの下りにかけても、

殆ど隊列が変わらないまま直線を迎えます。

ですが、直線を迎えてすぐにクロコスミアは失速してしまいます。

 

 

ここでは勝ち馬クリンチャーに赤丸をつけましたが、

ご覧のとおり馬場の3部~4部どころを通っています。

最内には後方で待機していたモズカッチャンが鋭く切れ込み、

レイデオロはクリンチャーの外を追い込んでいます。

 

そして、一旦は内からモズカッチャンが抜け出したかに見えましたが、

すぐさま中を割ってクリンチャーが力強く抜け出してきました。

レイデオロは切れ味を殺がれ、

外から変わってアルアインが勢いよく追い込んできます。

 

 

最後はクリンチャーがGⅠ馬3頭を従えてゴール。

菊花賞の無念を晴らす素晴らしい金星でした。

 

この結果を受けてはしくれがまず、なるほどと思ったのは、

馬場が菊花賞ほどではないにせよ、

相当ダメージを受けていたなという実感があった事です。

上位2頭は極悪馬場の菊花賞での経験が生きた感じで、

その点ではレイデオロは良く頑張ったと思います。

 

こういう馬場状態の時は、

逃げた馬や内を突いた馬が伸びにくいのが特徴で、

連戦コンビを組んで来たクリンチャーと藤岡騎手には、

この事が追い風でした。

 

ただ、予想時の反省をしなければならない点は、

インが潰れて外差し馬場へと変貌していた事でして、

この点の把握が甘かったなと反省しています。

 

因みに、「パドックロード」での印は以下の通りでした。

 

 

▲1着→◎3着→○4着→☆8着ですね。

当ブログ予想では対抗だったクロコスミアを、

仕上がりの差から☆に落としました。

何とか2頭が3着以内に入線してくれましたね。

 

やはり優勝馬クリンチャーは良い出来にありましたが、

もう少し絞れてくるともっと走れると思います。

ですがその状態でも金星を上げましたので、

この馬の成長力は確かだと思います。

 

2着馬アルアインはまだ太いところがありましたが、

今回を叩いた上積みが次走望めると思います。

毛ヅヤもまだまだ一息でしたし、8分の仕上がりでした。

 

レイデオロもまだ緩さがあり、

いかにもドバイの前哨戦としての仕上げに見えました。

ただ、馬体のバランスとしてはやはり一番目を引く馬体でしたし、

これで次走はかなり良い状態で臨めると思います。

 

モズカッチャンは典型的な叩き良化型ですね。

毛ヅヤも冴えませんでしたし緩さも残っていました。

ですが、お腹周りが絞れていたのが非常に好感でした。

以前はぼてっとしていましたので、これはかなり良い傾向でしょう。

 

クロコスミアも悪くはない仕上がりにありました。

ただ、今回は仕上がりよりも展開と馬場に泣きました。

得意の重馬場でスローペースと条件が揃ったと見ていましたが、

荒れ馬場とインコースの影響が勝った感じです。

このあたりが詰められると予想家として一皮剥けられると思いますので、

今後も気をつけたいと思います。

 

このレースのパドックの総括としましては、

やはり「仕上がり8分の馬の争いだった」という事です。

4頭目のGⅠ馬ディアドラに関しては6分でしたし、

この一戦で勝負付けが済んだとは言い難いです。

この事は覚えておいて損はないかと思います。

 

さて・・・。

断然1番人気のダービー馬レイデオロは敗れましたが、

馬場と展開を考えれば悲観すべきではないと思います。

重馬場の予想はいつも難しいものですが、

この一戦をバネに再度挑戦したいと思います。

 

そして、今回もはしくれを応援くださった皆さん、誠にありがとうございました。

これからも的中を目指して精進致して参りますので、

どうぞお付き合い下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

*優勝馬クリンチャーの関係者の皆様、及び馬券的中者の皆様に心よりお祝い申し上げます。

*クイーンカップ2018の無料予想はこちらからご覧ください。