菊花賞2018予想・本命はエポカドーロ

 

ダービー馬不在。

 

神戸新聞杯も制した

ワグネリアンが天皇賞秋に向かい

混戦ムードが高まっている

菊花賞2018。

 

昨年のような不良馬場には

なりそうにない天気予報ですが

予想の軸をどこに置くか

非常に悩む一戦です。

 

そんな一戦にはしくれがこれと

決めたのがエポカドーロですが

同馬を本命に推すにあたって

最重視した点があります。

 

その点も踏まえてこのあとの予想を

お伝えして参りますので

まずは予想印と買い目の

公開に参りましょう。

 

<菊花賞2018予想・印&買い目>

◎エポカドーロ

〇エタリオウ

▲ジェネラーレウーノ

☆ブラストワンピース

買い目・・・ワイドボックス各100円、計600円。

 

 

本命◎はエポカドーロです。

 

今回予想をするにあたって

最重視したのは「上昇度」です。

 

出走メンバーの中でとりわけ

前哨戦から伸びそうなのが

様々な不利が重なっていた

前走を消化した同馬です。

 

その前走・神戸新聞杯では

実績のない休み明けに加えて

仕上がり途上の馬体に出遅れ

初の阪神にスローペースなど

かなり厳しい状況が同馬を

支配していた一戦でした。

 

そんな中ワグネリアンを含めた

メンバー相手に4着でしたし

京都コースは2度経験して

優勝も果たしています。

 

直前の調教も動きは良く見え

馬体の減りも見られませんし

前走より身が入った印象で

枠も内目で悪くないです。

 

内枠の好走馬に合致する

4角5番手以内の脚質と

皐月賞で見せた立ち回りの上手さを

考慮しての本命です。

 

 

対抗〇にはエタリオウです。

 

同馬はダービーの時点では

ステイヤーの体型でしたが

神戸新聞杯では馬体を増やして

中距離型になりました。

 

まだ成長過程にある馬で

馬体が定まっていないのですが

それだけにどう転ぶかは

パドックを見るまで分かりません。

 

その点は比較も大事なので

まだ何とも言えませんが

差し馬で中枠9番を引くなど

運も悪くないと思います。

 

ダービー馬ワグネリアンと同厩の

友道調教師の管理馬ですし

この1冠をこの馬でという

想いも強いと思います。

 

2着が多く勝ち切れませんが

その反面堅実でもあります。

昨年優勝のデムーロ騎手の

連続騎乗も追い風でしょう。

 

 

単穴▲にはジェネラーレウーノです。

 

同馬は初めて見たときから

好馬体が印象的でしたが

美しいラインを保ったままで

夏を越して成長してきました。

 

3000mもこなせる体型で

持続力も優れていますが

3番手評価としたのには

ある理由が関係します。

 

それが

マンハッタンカフェ以来

関東馬が負け続けている

という

遠征や調整の難しさを

物語る結果です。

 

ですが同馬は1週前から

栗東に滞在しており

これが当たれば2~3番手から

粘り切るシーンもありそうです。

 

それが現実にできるような

好調教も見せていますし

セントライト記念勝ち馬としては

キタサンブラックの優勝もあります。

 

このキタサンブラックが優勝した時と

同じ2枠4番ですし

枠も味方につけた今回

1冠奪取も有り得るでしょう。

 

 

最後☆はブラストワンピースです。

 

同馬は前走で古馬混合のGⅢ

新潟記念を快勝しました。

 

いかな54kgとはいえ

古馬相手に豪快に突き抜けた走りは

パドックでの好馬体通りの

圧倒的なパフォーマンスでした。

 

筋肉質でかなり全体に

重量感のある馬体をしており

あまり長距離戦に向いている

タイプとは思えません。

 

ただ

当日が良馬場予想で

他馬も大型馬が多いですし

2400m戦でもきっちり

勝ち切った実績があります。

 

京都3000mの舞台は

直線の長い外回りですし

爆発力のあるこの馬の

末脚は無視できません。

 

ペースが上がれば上がるほどに

浮上の目もあるでしょうし

広いコースで伸び伸び競馬を

してほしいと思います。

 

ということで・・・

 

最後の1冠菊花賞は

ダービー馬不在となりましたが

粒ぞろいのメンバーが揃った

楽しみな一戦です。

 

勝つのは皐月賞馬か

それとも重賞未勝利馬か―

 

いずれ劣らぬ才能を

この目に焼き付けたいと思います。

 

*プロのパドック予想をあなたに。

パドックロード(2018)10月度会員募集中!

富士ステークス◎1着→☆3着→〇4着→▲7着。

重賞本命◎8連勝中!菊花賞も配信☆