エアウィンザー―馬体の殿堂(10)

優勝馬エアウィンザー(牡・4歳)

2018年12月1日(土曜日)

11Rチャレンジカップ(GⅢ)

阪神芝2000m(晴れ・良)

走破タイム:1分58秒3(3馬身差)

馬体重:508kg(±0kg)

 

M.デムーロ騎手騎乗

中竹和也厩舎所属

社台ファーム生産

単勝2番人気(2.7倍)

パドックロード評価:◎

 

第10回の選出馬は

GⅢチャレンジカップを制し

充実の4連勝を達成した

エアウィンザーです。

 

 

骨太でありながら

非常にすっきりとしたラインで

抜群の好仕上がりを見せていた

この時のエアウィンザー。

 

GⅠ路線でも通用しそうな

発達した全身の筋肉と

鋼のように張り詰めた皮膚に

充実を感じさせてくれました。

 

父キングカメハメハも

母エアメサイアも好馬体でしたが

同馬は父のボリュームを継承し

母の柔軟性を受け継いでいます。

 

生産が社台ファームでもあり

より骨太で幅に優っていますが

脚元のバンテージを見ると

やや繊細な脚をしていそうです。

 

これまで同馬は7-5-1-1と

抜群の安定感で

一度の馬券圏外も重賞

共同通信杯のみでした。

 

その勝ち馬はダービー2着で

大阪杯馬のスワーヴリチャードであり

まだ馬体が完成していなかった

同馬には手強すぎる相手でした。

 

 

またこの画像は5月27日(2018年)の

むらさき賞時の馬体ですが

やはり幅があって美しいツヤがあり

好馬体を誇っていました。

 

実はこの時の同馬の仕上がりから

このコラムで紹介しかけましたが

まだ先に重賞が獲れたときにと

ここまで温存していました。

 

この画像のころはまだお腹周りに

余裕が感じられたこともあり

勝負仕上げはまだ先だろうと

いう判断もありました。

 

そして今回の仕上がりです。

 

 

う~ん・・・素晴らしいですね。

 

お腹周りがすっきり絞れて

且つトモの張りが半端ではありません。

全体が締まってくるとこういう

変化が馬体から察せられます。

 

これは圧勝もあり得るのでは

と思っていたパドックでしたが

案の定その走りには誰も

ついて行けませんでした。

 

 

それにしても直線に入って

M.デムーロ騎手はしごきましたが

同馬での初重賞制覇へ

高い意気込みを感じました。

 

そして今回挙げたいことが

管理する中竹和也調教師で

師の仕上げはきっちりする中にも

柔軟性を保っていることです。

 

かなり競走馬の理想形で

どの管理馬にも無理がないので

気性面でも落ち着いていて

パドックでもそれが目を引きました。

 

角居調教師が一時的に不在で

多くの管理馬を任されましたが

サートゥルナーリアでGⅠを勝つなど

素晴らしい実績を挙げました。

 

これから管理馬の質が上がれば

更に注目も高まるところで

益々目が離せない厩舎の

今後の活躍にも期待です。

 

そしてこのレースのはしくれの

パドックロードの印ですが・・・

 

 

◎1着→〇4着→▲6着→☆11着でした。

 

これは好仕上がりコメントが

必要だったなと思います。

このあたりきちんと経験を踏まえ

改良していきたいと思います。

 

バランスが良くて張りがあって

お腹が絞れていてツヤもあり

張り詰めた皮膚からは柔軟性と

ツヤの良さも感じられる好馬体。

 

まさに殿堂入りの馬体でした。

 

充実の4歳牡馬・エアウィンザー。

これから更に強敵と当たる

同馬の活躍が楽しみです。

 

*殿堂馬選出ルールは

馬体の殿堂―序章から

第9回選出馬は

アーモンドアイ―馬体の殿堂(9)

第11回選出馬は

サトノジェネシス―馬体の殿堂(11)

をご覧ください。