金運を上げる方法とは?即効でできるのがコレ☆

 

運さえ有れば・・・

運が無かった・・・

こう言っては馬券を外し、

競馬場を後にしていたはしくれ。

以前はいつも外れた事を、運のせいにしていました。

 

この状況に陥ると、

運がもっと落ちるばかりか、

競馬に対する真摯な気持ちもなくなってしまいます。

 

また、運にも色々ありますが、

競馬につながる運というのは、

一言で言えば金運です。

 

ですから、

運がないと嘆くよりも、

金運を上げる方法があれば、それを実践すれば良いのです。

 

そんな方法があるのなら、皆とっくにやっているよ

という声も聞こえて来そうですが、

本当にはしくれが実践して、

効果を実感した方法があるとしたら、どうでしょう・・・?

 

金運を上げる方法と言えば、

巷に溢れる情報の中に、

いかがわしいものも多いのですが・・・。

 

そこで今回は、

いつも当ブログをご覧下さる皆さんのために、

はしくれとっておきの、

簡単にできて、いかがわしくない

「金運を上げる方法」

について、お話ししたいと思います。

 

ところで皆さんは金運を上げるために、

どんな方法を実践していますか?

 

黄色い財布を持つ事ですか?

それとも特別なおまじないをする事でしょうか・・・?

 

はしくれが今日お伝えする方法は至ってシンプルな方法です。

たったこれだけの事を実践するだけで、不思議と効果の有る方法です・・・。

 

それでは早速、その方法をお伝えしてしまいましょう。

 

その方法とは・・・

 

 

「真ん中のトイレで用を足す」

事です。

 

 

美しいトイレですね。

男性用のトイレですが、

これは東京競馬場のトイレです。

 

え?そんな事はどうでも良いから、話の内容が知りたいですって?

すみません、話を戻します。

 

これはどういう事かと言いますと、

トイレの便器の数を数えて、真ん中にあたる便器で用を足す

という方法です。

 

え?それだけ?

と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、

本当にこれだけなのです。

 

なんではしくれがこの方法を大事にしているかと言いますと、

事の発端は数年前の箱根旅行で立ち寄った小田原で、

偶々立ち寄った本屋さんにあった、一冊の本がきっかけです。

 

実はこの本が何の本だったのか、

何気なく手に取ったので良く覚えていないのですが、

占い師のゲッターズ飯田さんが書かれた本

だったというのは記憶しています。

 

その本に書かれていたのですが、

ゲッターズ飯田さんも、実践してすぐに効果が出た

という、金運を即効で上げる方法という事でしたので、

別に何のリスクも無いし、やってみようと、

はしくれもすぐに実践してみました。

 

そんな経緯で軽い気持ちでいざ実践してみると・・・。

 

 

いきなりその週の競馬で的中、

更に昇給の決定まであり、

え??嘘でしょ?

と思うほどの効果がすぐに現れました。

 

これには本当に驚きました。

こんな即効性があるオカルトチックな話は初めてで、

興奮して仕事の仲間に早速話してみたのですが・・・。

ここからが人間の面白いところです。

 

なんと5人に話しましたが、

皆すごく怪訝な顔で、

半分馬鹿にした感じで、軽くあしらわれてしまいました。

 

本当に効果が有って話した内容だったので、

ちょっとびっくりしましたが、

ムキになるのもおかしい話。

結局この事ははしくれの心に閉まっておく事にしたのです。

 

その中で特に仲の良かった一人に後で

「やってみた?」

と訊ねましたが、

案の定「やってない」という返事。

リスクが無いのにやらないなんて、

正直理解できませんでした。

 

この結果で思い出したのは、

最初話した仲間の一人が、

「日本人はやっぱり端でしょ」

と言った言葉です。

 

これは、

日本人なら端っこで用を足すのが普通でしょ

という意味ですが、

今考えてもこの発言は全く意味が分かりません。

特にはしくれの場合は、

それまで単に、空いているところで用を済ませていたに過ぎませんので・・・。

 

とにかくこんなラッキーがすぐに来たのは驚きでしたが、

継続性があるかどうかが気になるところでした。

 

ですが、これについても未だに疑う余地はありません。

 

もちろんはしくれ自身、予想力向上に努めていますが、

競馬の年間収支についても確実に改善されましたし、

何より給料については何と、2回も上がりました。

子宝にも恵まれましたし、

本当に不思議です。

 

更に、これ以外でも小さなラッキーが数多くありましたので、

この方法に出会ってからは、驚きの連続でした。

 

今考えてもこの時から、

妙に金運が上がりました。

ですから真ん中で用を足している人がいると、

その人が終わるのを待ってから用を足す始末です(^^;)

 

 

余談ですが、

この「真ん中で用を足す」のはお金持ちに多いそうです。

王道を歩む人は端を嫌がる傾向があるとか・・・。

これを根拠とは言えないでしょうが、

何かあるのだと思います。

 

実際はしくれの知人にも、

有名企業の元役員の方が居り、

その方にトイレのどこで用を足すかと訊ねてみたら、

「端は使わないなあ」

という事でした。

 

「日本人は端でしょ」と言った仲間が、

いつも「給料が少ない」とぼやいているのは今も変わらず、

トイレに足を踏み入れるたび、この事を思います・・・。

 

絶対的な即効性や継続効果を保証はできませんが・・・。

 

少なくともはしくれは、影響を受けています。

ですので皆さんは日本人でも、

ぜひ試してみて下さいね☆

 

それでは今回は

金運を上げる方法、即効性のある方法

についてお話しました。

 

これが皆さんのお役に立って、

明るい未来を築くための一助になります事を・・・

はしくれは心から、願っています。




オルフェーヴルの奇跡の裏で

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、「運命」

についての後編、

「運命の力」

についてお話したいと思います。




この話は今から5年前

当時日本の最強馬だったオルフェーヴル(馬番12)

が残してくれた、「運命」の物語です。

まずはこの画像をご覧下さい・・・。

 

 

このレースは競馬ファンの間では語り草になっている、

オルフェーブルの伝説的な一戦です。

 

通常、このようなレースをした馬が

再びレースに戻る事はまずありません。

それが再びレースに戻り、追い込んでくるという光景は

余程の実力馬だからこそ有り得た光景です。

 

ですが、今日はしくれがお伝えしたいのは

このオルフェーヴルの奇跡では有りません。

ここでお伝えしたいのは、このレースの勝ち馬

ギュスターヴクライ

の方なのです。

 

皆さんは、上の動画を見てどんな印象を受けたでしょう。

当時のはしくれがそうだったのですが、

オルフェーヴルの特異な強さばかりが際立って

勝ち馬に目が行かなかったのではないですか?

 

それは自然な事であり

事実この後もオルフェーヴルは無敵の強さを誇りました。

ですが、当のギュスターヴクライはと言うと・・・。

この後一度も勝つことなく、怪我を発症。

引退を余儀無くされます。

 

 

・・・見ての通り、この日は曇天でした。

馬場も少し、渋っていました。

渋った馬場で、一度も馬券圏外に飛んだことが無いギュスターヴクライにとって、

走り易い馬場だった事は確かです。

でも、一番の要因は「仕上がっていた」

これに尽きます。

 

実ははしくれはこの日

馬券を外しました。

なぜなら、ギュスターヴクライを買わなかったから。

 

今でははっきり分かるのですが、

この日最も仕上がっていたのは

間違いなくギュスターヴクライでした。

それを思い知るのは、このレースのすぐ後の事です。

 

実は、はしくれには相馬眼の師匠が居ます。

それは妻です。

5年経った今でもはっきり覚えているのは、

この時妻は、オルフェーヴルには一切目もくれなかった事です。

 

自信を持ってギュスターヴクライの単勝を買っていました。

単に好配等を狙うとか、そういう次元じゃないのです。

 

はしくれは何度となく疑惑の視線を投げかけましたが、

見ての通り、軍配は妻に上がりました。

その妻がレース前、言っていたのです。

「この馬、最高に仕上がってる」と。

 

根拠として、この証言が弱い事は承知しています。

ですが、事実勝ったのはギュスターヴクライなのです。

 

少し相馬眼がある方ならお分かり頂けると思いますが、

もう一度このギュスターヴクライのリンク画像を見て下さい。

写真には、まさにこの日のギュスターヴクライの写真が使われています。

どうです?きれいでしょう?

 

この仕上げこそ、

一つの最高の仕上げの雛形

でもあるのです。

特にツヤ

 

これは余程状態の良い馬にしか、

出ないようなフワフワのツヤです。

ぜひ、今後の参考にして下さい。

 

 

この日、

オルフェーヴルが勝つ事に期待する人は大勢いました。

また、オルフェーヴルの負け方を語り草にする人も大勢いました。

でも、勝ったギュスターヴクライを正しく評価できた人は殆ど居ないと思います。

そして、ギュスターヴクライの名前も、

オルフェーヴルの栄光の影に消されて、忘れられようとしています。

 

でも、決してこの馬は運だけで勝ったのでは有りません。

仕上がっていたからこそ、運命が見方したのです。

それが、雨をもたらし、最強馬を退け、ゴールへの道を開いた。

そういう運命を引き寄せたのだと、はしくれは信じています。

 

運命が見方すると、これほどまでに強力に

その馬を勝たせようとします。

これが運命の力であり、

携わる人に同時に利益をもたらす事も、

最後にお伝えして、お別れしたいと思います。




運命を信じますか

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日のタイトルは占いブログのタイトルみたいですが、

これはれっきとした競馬ブログです。

 

・・・・・・ところで皆さんは、

「運命」という言葉に

どのような感想をお持ちでしょうか。

 

抗えないもの?

立ち向かうもの?

変えていくもの?

 

そんなものは無い!

と仰る方もいらっしゃると思います。

 

でも、はしくれは

「運命」を信じています。

 

今日はその「運命」について、

お話したいと思います。




それでは早速ですが、

はしくれが「運命」をどう捉えているかというと・・・

 

「変えられないもの」

です。

 

運命と書いて

「さだめ」

と読む場合がありますが、

これがはしくれの観念には一番近いと思います。

 

こういう宗教的な話題は、

本来押し付けになりやすく

はしくれの好きな分野ではありません。

まして皆さんの解釈が、

はしくれと同じである必要も全くないと思っています。

 

ですが、今回敢えてお話させて頂きたいのは

競馬の収支改善

という視点から見ると、

この「運命論」は、非常に有効である

と、

はしくれ自身が思ったからに他なりません。

 

それでは、その意図を説明したいと思います。

 

 

運が無かった・・・。

 

この言葉に代表されるように、

理想が叶わなかった敗戦は、しばしば運のせいにされる

事があります。

 

でもこれは言い換えれば勝者の側を

「才能ではなく、運が良いから勝てた」

と言っているのと同義です。

 

この時に言われる「運」とは、

おもに天運を指す事が多く、

実際には実力が勝っていても

その事を軽視した発言として放たれる事が多いです。

 

かくいうはしくれも

馬を見る目「相馬眼」がまだ拙かった頃、

何度この言葉を口にしてきたか分かりません。

 

自分の買った馬の方が仕上がっていた

自分の馬には不利が有った

 

いつもこんな事を言っていました。

ですが、

この「運命」の見方が変わったおかげで、

はしくれはようやくすんなりと、

結果を受け入れられるようになりました。

 

その見方とは・・・。

一番仕上がりが良かった馬にだけ、運命が見方する

という考え方です。

 

この考え方に徹するようになってから、

はしくれの相馬眼は飛躍的に向上しました。

 

 

一番仕上がりが良かった馬にだけ、運命が見方する

これはつまり、逆転の発想です。

 

運が良かったから勝てたのではなく、

仕上げてきたから運命が味方した。

 

こう考えれば、

自分の買った馬が来なかったときは

仕上がっていなかったんだな

と諦めがつくし

逆に的中できた時には

仕上がりを見抜けていたようだ

と、

自信に変える事ができます。

 

また、この見方が出来る様になると、

自分が今まで好きではなかったタイプの馬や、

苦手だったタイプの馬が、

嫌いでも苦手でもなくなります。

 

なぜなら、そういう記憶に残る馬は、

結果から学びやすいからです。

もしそのタイプが勝つ事が多いなら、

次から狙えばいいわけですから。

 

もちろん、百発百中とは行きませんが、

結果から学ぶ姿勢に変える事で、

大きな成果が生まれます。

特に顕著だったのは、

穴馬を当てる確率が、上がった事です。

 

 

これは最初不思議でしたが、

考えてみると

当たり前の事だと気付きます。

 

なぜなら、

そもそも穴馬とは、運が良いからです。

 

なぜかというと、

実力が無いと見なされてハンデが軽かったり

実力が無いと見なされてマークが薄かったり

人気馬が背負うはずのプレッシャーが無かったり

と、非常にレースがしやすいからです。

 

もし穴馬が最初から

これだけの恩恵を受けていると知っていれば

仕上がりが良かった時点で

来ないほうが不自然だと思いませんか?

 

そして、そういう馬は大抵

どんな不利が有っても来るし、

そもそも不利を受けにくいものなのです。

時には、他馬の不利が有利に働くパターンさえも有ります。

 

それくらい、仕上がっている馬は

何が有っても来ます。

 

だから、来ないという事は

仕上がっていなかった

ただそれだけの事なのです。

 

それを運のせいにして腐るより、

仕上がりの良い馬を見抜きましょう。

そうすれば、

今度はあなたに

運が見方するようになります。

 

次回は、

実際に運が味方した例

について、

お話したいと思います。