競馬に笑いを!珍名馬50選☆大特集

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

毎週必死に予想して、

回収率の向上を果たそうとするのは大事ですが、

当ブログの主旨である

「競馬の収支改善」は、

そもそも競馬を楽しむために掲げたテーマであります。

 

真面目にやる事は大事ですが、

それだけではパンクしてしまいます。

そこで今日は競馬を楽しむために、

普段の息抜きも兼ねて、

はしくれ厳選50頭の「珍名馬」たちを紹介したいと思います。

 

馬名の横には名前に対するリアクションを記載しましたので、

ぜひ肩の力を抜いて、

ごゆっくり、お楽しみください。

 

~はしくれ厳選50頭、珍名馬たちを紹介~

 

バルタンセージ(バルタン星人?)

エエカゲンニセイジ(乗り突っ込み?)

ルリイロノチキュウ(やっぱり青色。)

サヨウナラ(また、来週!)

オレハマッテルゼ(10時に渋谷で!)

コンニチワ(もう来たの!?)

モシモシ(はい、なんでしょう。)

モットヒカリヲ(はい、ドクター!)

ブルドッグボス(コワモテか。)

オナラブルリーダー(屁っこきか。)

パンツオンファイア(パンツに火が付いた!)

イナズマレオ(逆さに読むと・・・?)

・キンタマーニ(牝馬なのに・・・。)

ナンデヤネン(そう言われても・・・。)

ベストマッチョ(結果にコミット。)

ハシッテホシーノ(そうしてほし~の。)

ハシルヨミテテ(5時から待ってた。)

ウソデショ(いえ、本当です。)

オジジアン(お爺庵。)

シゲルネギ(そろそろ収穫。)

カラシレンコン(お爺の好物。)

ズンダモチ(おいしく食べよう。)

ピカピカ(歯磨き完了!)

ネコタイショウ(縁側大将。)

ネコパンチ(ケンカになった。)

ウサギノパンチ(ウサギの反撃。)

バイガエシ(やっぱりこうなる。)

ハヤブサナンデダロ(鳥も困惑。)

チチブヨマツリ(夜はお祭り。)

・マツリダゴッホ(ゴッホも誘おう。)

・マツリダワッショイ(弾けるゴッホ。)

・シシャモムスメ(アイドル来たー!)

ウマザイル(男も来たー!)

イヤダイヤダ(お祭り終了。)

ティコティコタック(あれ、今何時?)

ネルトスグアサ(深酒したわあ・・・。)

オキテスグメシ(半分お残し。)

カアチャンコワイ(食べますからっ!)

カカアデンカ(オール電化。)

オヤジノハナミチ(漢の花道。)

エキマエ(通勤混雑。)

スシトレイン(臨時列車が!?)

カジキ(まぐろが中に!?)

ピーナツ(つまみも用意。)

ドスコイサーファー(ボードはしまって。)

アユツリオヤジ(棹もしまって。)

ヒダルマ(緊急停止!!)

モハー(もはあ~。)

ゴクロウサマ(毎日、本当に・・・)

ドンダケー(ここまで~!)




・・・いかがでしたか?

珍名馬はその名前をただ眺めても面白いのですが、

せっかくなのでドラマ仕立てのリアクションを入れてみました。

お楽しみ頂けましたら幸いです。

 

因みに、

はしくれが一番思い出に残っている珍名馬はと言いますと、

2006年にGⅠ高松宮記念を制した、オレハマッテルゼ

であります。

 

馬主は小田切有一さんで、

ウソデショとかサヨウナラとかも、この方の所有馬です。

独特の語感とユーモアのセンスで、

今尚多くの珍名馬たちを世に送り出しています。

 

珍名をつける事には賛否両論ありますが、

このオレハマッテルゼには、

個人的なエピソードがあります。

 

それはまさに2006年の高松宮記念。

はしくれはこの時1番人気のシンボリグラン、

2番人気のラインクラフト、

3番人気のシーイズトウショウの馬券を買っていました。

 

人気サイドだった事もあり、

かなりの期待をしていたはしくれ。

直線も良い感じで各馬走ってくれたのですが、

ゴールに最初に飛び込んだのは、まさかのオレハマッテルゼでした。

 

まさかの珍名馬の差し切りに苦笑いをしながら、

この時、

「俺は待ってないぜ~・・・」

と、つい声を上げてしまいました。

 

すると、前に居たおじさんが、

こちらを振り向いて笑ったのです。

この時、このおじさんに妙な親近感というか、

連帯感を覚えた事を、

今でもはしくれは鮮明に記憶しています。

 

競馬は個人戦ですし、

負けると落ち込んで帰りたくなる事もしばしばですが、

この時は何か笑う事で、

救われた気がしました。

 

そして冷静になってみれば、

オレハマッテルゼは強かったなあ・・・

と思えた自分が居ました。

 

きっと前に居たおじさんも、

馬券は外れていたのだと思います。

そんな雰囲気を察しましたが、

空気はとても穏やかでした。

 

珍名馬にはそんな、

場を和ます力があります。

愛すべき名前というのは、

やはり必要でしょう。

 

そしてこんな馬たちが居るからこそ、

はしくれは今も心から、競馬を楽しめているのです。

その感謝の気持ちを込めて、

今こそオレハマッテルゼに言いたい。

 

「競馬暦20年だけど、今もまだ競馬に・・・

オレ、はまってるゼ・・・」

と。




 

競馬をどうやって楽しむか?⑥

皆さんこんにちは、はしくれです。

今回は、

前回の応援馬券を見事的中させ、

払い戻しに向かったところ

からのスタートです。




着順が確定し、馬券の的中を確かめたら、

いよいよ払戻しの時間です。

 

 

確定を知らせる音楽が鳴り、

場内の至る所で払戻金を知らせる映像が流れます。

 

 

見ると、

「単勝320円」と「複勝130円」が的中している

のが分かります。

(それと、3着同着の複勝170円も。)

 

この確定時の金額の表示は、

「100円に対していくらの払戻しがあるか」

が表示されています。

これは馬券の最低発売額が、一点につき100円で有る為です。

 

レーシングプログラムの下欄に的中金額を書いておき、

払戻しに行きましょう。

 

 

払戻しが可能な発券機は、

発券機の清算ボタンの左側に「払戻中」という表示が有りますのでご確認を。

以前は払戻し専用の機械が設置して有りましたが、

現在は発券と払戻しが両方できる機械が主流です。

 

 

また、払戻しが可能な発券機の設置されている壁の上には、

黄色いペイントが施されていますので、目印にすると良いでしょう。

 

 

先程馬券を購入する際にはまずお金を投入しましたが、

今度はまず当たり馬券を、右上の「的中券入口」に挿入します。

応援する馬達のゴールは先程確認しましたが、

馬券購入者のゴールはここです。

 

馬券が機械に吸い取られると、

間も無く的中金額が画面に表示されます。

ここで次のレースのマークシートを入れれば、

払戻し金を使って購入する事もできますが、

ここは初めての的中という設定ですので、

「清算」ボタンを押します。

 

これで、

あなたの応援馬券が、配当として支払われました。

再び、おめでとうございます!

 

これで、

ビギナーの方がすぐに競馬を楽しむ為の方法

の解説は一段落となります。

 

大体の競馬ファンがこのような行動を取っていますが、

特に分かれるのはこの後の行動です。

すぐさま次のレースのパドックに行くのか、

それともご飯を食べに行くのか。

または、ターフィーショップにグッズを買いに行く人もいます。

 

 

ちなみにインターネットでもショップ展開をしていますので、

よろしければこちらもご覧ください。



また、各インフォメーションでは馬券のコピーも扱っていて、

一枚10円でコピーする事も可能です。

的中馬券は換金するとなくなってしまうので、

記念にしたい方向けのサービスですね。

前文の状況では既に換金した後なので、サービスの利用はできませんが・・・。

 

とにかく、

競馬場はとても広く、様々なイベントやショップが充実

していますので、

是非色々と見て回る事を、はしくれはおススメ致します!




 

競馬をどうやって楽しむか?⑤

皆さんこんにちは、はしくれです。

今回は馬券を買ってからの続き、

おススメの観戦スポット

について、お話したいと思います。




さあ、馬券を手にして発走が迫ったら、

まずは外に出ましょう!

競馬場のスタンドからは、

広い空と遠くの景色が広がっています。

 

特に東京競馬場は、西側(外に出て右手)に、

天気が良ければ富士山を望む事ができます。

日本一の競馬場から、

日本一の富士山が見えるとは、

何と素晴らしい光景でしょう。

 

その富士山に近づくように、

スタンドの外を歩いて、

まずはゴール前を目指しましょう。

 

なんと言っても最初は、

雌雄を決するゴールの瞬間をこの目に焼き付けたい

ところです。

 

ゴールを目指すには、

コース内に立つゴール板を目がけて進んで下さい。

 

 

これですね。

この場所のスタンド観覧席は大抵混んでいますので、

もし座席を確保される時は、

早めの行動が吉でしょう。

 

ここでは、立ち見を想定していますが、

空いていれば座っての観戦も非常に良いものです。

 

そして、

東京競馬場にあるターフヴィジョンに目をやりますが、

これは普段まず見ない大きさで、

それ自体が見ものです。

 

このヴィジョンにレース映像が映し出されると、

その迫力に圧倒されます。

まるで、

画面の中に吸い込まれるような引力

を、感じずには居られません。

 

そして発走が近づくと、

テンポの良い音楽が鳴り、

いよいよ発走となります。

 

ファンファーレがなり、

馬達がゲートに収まりました。

どきどきするあなた・・・。

するとすかさず、

「スタートしましたー!」

という、

競馬ファンにはお馴染みのフレーズ

レースが幕を開けます。

 

ここで、

自分の応援していた馬は何番だっけ・・・と、

握り締めた馬券を確かめる人もいます。

短距離戦なら約1分、長距離戦なら3分程、

僅かの時間が永遠に感じられるときです。

 

さあ、レースも中盤を迎え、

徐々に進出を開始する各馬が、

3コーナーから名物の大欅(けやき)を回って、

いよいよ最後の4コーナーへと差し掛かって参りました!

ここからが勝負どころ!

 

あなたの応援する馬が、

騎手と一体になって東京コースの坂を駆け上がってきます!

ゴール板はまだ遠く、今はヴィジョンに視線が釘付けです!

隣の馬との競り合いはもつれにもつれ、

いよいよ肉眼ではっきりと捉える事ができました!

ここで応援馬券に書かれたとおり、声を出して叫びます!

「がんばれ!」

 

ドドドッ、ドドドッ!

ターフを蹴り上げる蹄の音が胸の鼓動に重なります。

周りの人も、スタンドの上階からも、声援は飛んできます。

恥ずかしい事はありません、必死に応援しましょう。

「がんばれー!!」

 

・・・勝負は写真判定にもつれ込みました。

ゴール前にいたあなたなら、その結果が分かっているかもしれません。

 

着順掲示板に中々表示されない1着、2着に気を揉みつつも、

期待感を拭う事ができません。

3着でも的中の応援馬券ですが、せっかくなら勝っていて欲しい・・・。

そんな思いが頭を過ぎります。

 

そして・・・あ、たった今、着順掲示板に数字が表示されました!

結果は・・・。

あなたの馬の番号が一番上に表示されています!あなたの馬の勝利です!

おめでとうございます!

 

いかがでしたか?

途中からドキュメントタッチで説明致しましたが、

臨場感を味わって頂けたら幸いです。

 

やはり、

接戦時のゴールほど、緊迫するシーンは有りません。

この緊張感は競馬の醍醐味です。

 

このゴール前の他にも、

観戦スポットは多々有りますが、

最初の経験としてはこれが一番だと、はしくれは思います。

これを一度経験してしまったら、もう後には戻れなくなりますよ!

 

(・・・次回は、「馬券の払戻し」についてお話したいと思います。)