弥生賞2019結果・優勝馬はメイショウテンゲン

 

雨。

 

予想以上の雨量となり

芝重となった弥生賞2019。

結果は8番人気の伏兵

メイショウテンゲンの優勝でした。

 

時計がかかる馬場となりましたが

ラストドラフトが先手を取り切り

最後は差し馬勢の逆転で

波乱の結末となりました。

 

グレーの空を映し出すような

芦毛の馬体が弾みましたが

そんな弥生賞2019を

まずは予想から回顧しましょう。

 

<弥生賞2019予想・印&買い目>

本命◎・・・ラストドラフト

対抗〇・・・ニシノデイジー

単穴▲・・・ブレイキングドーン

特注☆・・・カントル

買い目=◎馬連流し各100円、計300円。

 

それでは結果です。

 

<弥生賞2019結果>

優勝馬・・・メイショウテンゲン

2着馬・・・シュヴァルツリーゼ

3着馬・・・ブレイキングドーン(▲)

(◎7着、〇4着、☆5着)

 

はしくれ・・・外れです!

 

予想を参考にして下さった皆様、誠に申し訳ございませんでした(><;)

 

はしくれの本命◎ラストドラフトは7着・・・

 

非常に残念な結果でしたが

受け止めるしかありません。

早速この一戦を最初から

振り返って参りましょう。

 

まず、スタートですが・・・

 

 

いきなり5番のシュヴァルツリーゼが

挟まれる形で後手を踏みます。

外枠のメイショウテンゲンもあまり

良いスタートではありません。

 

ここからラストドラフトが逃げて

各馬もポジションを探りますが

ヴァンケドミンゴが追いすがるように

2番手に出して行きました。

 

 

 

序盤はこの2頭が前に行き

カントルがすぐ後ろに控えますが

タフな馬場状態の中で

走りづらそうに見える馬もいました。

 

 

矢印で示したメイショウテンゲンは

ラストドラフトから3馬身差で

外を回って虎視眈々と

進出のチャンスを窺っています。

 

また

前半1000Mの通過は

61秒8のタイム

ミドルスローの流れを各馬が

懸命に駆け抜けていきます。

 

 

4コーナーを回って直線

横一線に各馬が押し寄せ

1番人気のラストドラフトは

馬群に飲み込まれてしまいます。

 

直線ではカントルと併せて

ニシノデイジーも踏ん張りますが

差してくるメイショウテンゲンらの

末脚が目立っていました。

 

 

最後はこのメイショウテンゲンが

鮮やかに抜け出して快勝。

母メイショウベルーガ譲りの

芦毛を弾ませてゴールしました。

 

この結果には驚きました。

 

重馬場は雨予報を見てから

懸念してはいた今回でしたが

それでも開幕2週目の馬場で

それほど傷みはありませんでした。

 

ラップタイムを見れば確かに

2ハロン目以降が遅いのですが

とは言えそれほどまでに遅いとも

言い切れない時計です。

 

ミドルスローでありながら最後は

後方の馬が届いていますし

前に行った各馬には苦しい

馬場状態にあったようです。

 

重馬場になるとペースが崩れて

差し馬台頭も有り得ますが

外を追い込んだ各馬が来たのは

この形に近い感じでした。

 

またメイショウテンゲンの母親は

メイショウベルーガでもありますから

今回のようなタフなレースでは

引き続き注目が必要でしょう。

 

そしてここからは当ブログ名物

馬体診断に参りますが

その前にパドックロードの印

ご覧いただきましょう。

 

 

▲3着→☆4着→〇5着→◎7着でした。

 

◎ラストドラフトは

非常に仕上がって見えたのですが・・・

手痛くやられてしまいましたが

上位馬の馬体を回顧致しましょう。

 

 

まずは優勝馬メイショウテンゲンです。

 

同馬はまだ成長途上にあり

緩さも見られる仕上がりでしたが

全体のバランスは優れていて

好感の持てる仕上がりでした。

 

今回の弥生賞2019は

仕上がりの良い馬が多く居ましたが

もう少し筋肉が浮いていれば

印を回せたかも知れません。

 

芦毛独特の太っぽく見える

馬体がどうかと思いましたが

マイナス8㎏ということもあり

これくらいでちょうど良かったようです。

 

会員様にはお役に立てず

非常に申し訳ございませんでした。

まだまだ修行が必要だなと

痛感したところです。

 

そしてこのメイショウテンゲンですが

馬体としては芦毛の母よりも

父のディープインパクトに近い

まとまりのある体型です。

 

タフで瞬発力もあるので

坂や重馬場も得意でしょうし

馬体も大型ではないため

競馬場を選びそうにありません。

 

これからも成長を見守りながら

見抜いていきたいと思いますし

人気薄の優勝馬だからと

フロック視するのは危険でしょう。

 

 

そして2着馬シュヴァルツリーゼです。

 

同馬はメイショウテンゲンとは

反対にプラス体重でしたが

これでもまだ線が細いくらいで

成長待ちかな?と思いました。

 

ただ骨格の包容力には

注目すべきものがあり

筋肉の張りもよく人気馬と比べ

この点遜色ありませんでした。

 

とにかくラストドラフトの仕上げに

惚れ惚れするものがありましたから

消去法で印を回すまでは

至らなかった存在です。

 

現時点でこれほど走れますから

これからももちろん期待できます。

堀厩舎らしいバランスの良さを

維持し続けてほしいと思います。

 

 

3着馬はブレイキングドーンです。

 

この馬は正直100パーセント

仕上がっていると思いましたが

バランス的にギリギリな感じで

▲の評価を下しました。

 

あまり見慣れないタイプで四角く

伸びやかさが見られないのですが

筋肉の張りやツヤに加えて

大きく見せるのが印象的でした。

 

捲る競馬を得意としますが

スパッとは切れなそうな馬体で

今回の3着という結果も

頷けるところです。

 

ただやはり重馬場は得意そうで

いかにもタフさが有る体型で

持久力が活かせる展開では

これからも注目が必要でしょう。

 

ということで・・・

 

とにかく本命のラストドラフトに

重点を置いた今回でしたが

馬場や展開に乗り替わりがあっても

7着というのはショックでした。

 

こういうときは次走以降に

答えを見つけたいと思いますが

相馬眼の向上を果たすため

結果を胸に刻んでいきます。

 

データ予想もパドック予想も

回顧と復習を繰り返して

少しでも上達するよう

これからも努めて参ります。

 

当ブログをご覧下さるあなたと

的中の喜びを分かち合えるよう

これからも精進致しますので

よろしくお願い申し上げます。

 

*3月度パドックロードは・・・

パドックロード(2019)3月度会員募集中!