競馬予想家を上手に使う方法

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、

はしくれのような競馬予想家を上手に使う方法

について、お話したいと思います。

 

皆さんはいつも、競馬の予想をご自分でしていらっしゃいますか?

 

競馬が好き、馬券が好き、お金が好き、

色んな好きがありますが、

競馬の楽しみ、「好き」の中には、

自分で予想をする時間が好き

というものもあると思います。

 

好きな事ですから、

当然自分でやりたい

という方が多い事かと思いますが、

忙しくてそれどころじゃない

とか、

当たれば何でも良い

という競馬好きの方もいらっしゃいます。

 

はしくれ達プロの競馬予想家は、

前者の方、後者の方に関わらず、

何にせよ

馬券の的中のお手伝いをする為に居る

事は確かです。

 

そこで、

競馬予想家を上手に使うための方法

について今日はお話したいと思います。




競馬予想家はプロの予想家なのに、なぜ外れるの?

とお思いの方は多いはずです。

これははっきり言ってしまえば、

競馬が難しいから、という他はありません。

 

プロでありながら予想が外れると、

時にひどいバッシングを受けますが、

これの有る無しがプロとアマの違いを分ける境目と言えます。

 

 

確かに、お金を払って高いレストランで食事をしたのに、

まずい料理を食べさせられたら誰でも怒るに違い有りません。

 

当たらない予想というのは、まさにこのまずい料理なのですが

実はこのまずい、という感覚が

馬券を買われる皆さんにとって、

非常に重要な感覚になるのです。

 

どういうことかと言いますと、

予想家の出す予想には、当たり外れが有り

それを見極める事が重要

という事です。

 

同じシェフでも、料理の得意不得意はあるわけですが、

食べる側の味覚はそうそう変わるものではありません。

ですから、

このシェフはどういう料理がまずくて、

どういう料理が上手いのか

これを見極めれば良いわけです。

 

こう言うと、外れ予想の批判を回避していると言われてしまうのですが、

はしくれが言いたいのはそうではなくて、

予想家を踏み台にして、皆さんには的中を手に入れて頂きたい、

という事です。

 

気に入った予想家を見つけたら、

まずは、

今回は当たりそうか

を気にしてみて下さい。

この意識が有るか無いかで、

結果は大分違ってきます。

 

これは、はしくれ自身の体験談を例に取るのが早いと思います。

 

 

はしくれには、尊敬するある予想家の方が居ました。

居ました、と言うのは、昨年その方が亡くなってしまったからです。

その方のお名前は、清水成駿(しみず・せいしゅん)さんと言います。

 

GⅠレースともなれば、東スポの一面を飾っていた方なのですが、

コアな競馬ファンの方なら、ご存知の方も多いと思います。

この方の予想のおかげで、

はしくれは昔、万馬券を獲った事がありました。

 

その時はもう、びっくりです。

本当に当たったのですから。

プロの予想家なのだから当たれば当然のはずなのですが、

この時は自分でも意外なほどびっくりしてしまいました。

 

それで、この方の予想とはしくれが

「普段どのように付き合っていたか」なのですが、

はしくれはいつもこの方の記事の、

ある事に注目をしていました。

それは、

論理に矛盾が見つからない時と、

☆印の馬が好調の時期は、予想が当りやすい

という事でした。

 

これは意外なほど正確で、

レースがどうのこうのではなく、

こういう時の成駿さんは確かに当たる

という、はしくれの中での一つの理論になっていました。

 

ですから、

自分で予想をしなくても、当たり外れを予期する事が可能

になる訳です。

そして未だにはしくれは、

この方の予想で取らせていただいた万馬券が、過去の最高配当

であります。

 

そして、この時にはもう一つポイントが有りまして、

それは、

買い目は自分でカスタマイズした

という事です。

 

成駿さんの予想を見て、

はしくれが当たるときには、

本命の◎よりも、☆とか▲の方が先着するという事が良く有りました。

印どおりにワン・ツー・スリーと決まる事は稀です。

そこで、買い目は自分でアレンジして、

印を組み替え、

馬単の予想を勝手に三連単に変更して買ってみました。

それが大正解で、

配当が5~6倍くらい違う配当(百円で3万6千円)をしっかり手に入れたのです。

 

このように、

その予想家のクセや当たり時を知っていれば、かなり役に立つ

のですが、

あまりこの事実は知られていないように思います。

 

そしてこれは、今になって考えれば、客観性の論理で説明が付きます。

 

予想家本人はいつも通り予想しているつもりでも、

他人から見れば、あれ?なんかいつもと違うな

という感覚はすぐに分かります。

 

これは客観性を持つ他人だから分かるのですが、

予想家本人が気づくのは、かなり厳しいものが有ります。

 

 

ですから、このブログを読んで下さる皆さんには、

ぜひ、はしくれのクセを見抜いて、的中に繋げて頂きたいのです。

あれ?今回のはしくれは、なんかいつもと違うな、とか

今回のはしくれは何か矛盾しているぞ?

という時には、迷わず捨てていただいて構いません。

 

あくまで予想家は、皆さんの的中のための踏み台

に過ぎませんし、

ひとつの予想ツール

と言っても過言ではないでしょう。

 

ですから、どうかはしくれの予想を、

冷静な目で見つめて下さい。

その上で、

使えそうなら使ってみる

このスタンスが重要です。

 

いかがでしたでしょうか。

最後にはしくれがはっきりお伝えしたいのは、

プロの予想だからと言って、丸乗りするのが得策とは言えない

という事です。

 

なぜなら

皆さん自身の中に眠る、的中の予感を鍛える事

こそが、

本当に収支改善に役立つ、最も重要なスキル

になるのですから・・・。

 

どうかこの事を覚えて頂き、

これからもはしくれの予想を、

皆さんの収支改善にお役立て頂ければ幸いです。




簡単に穴馬を狙う方法

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

今日は、馬券ファンが最も知りたいと思われる

簡単に穴馬を狙う方法

についてお話したいと思います。

 

好配当の使者となる穴馬ですが、

それだけに簡単に選ぶのは難しいところです。

そもそも穴が開くかどうかは

始まってみないと誰にも分からない事なのですが、

とりあえず穴馬のピックアップに困らない為には

何らかの基準が必要です。

 

そこで今回、

はしくれが良く使っている

穴馬を狙う為の、非常に分かりやすい条件

についてお話したいと思います。




ところで皆さんは、

新馬戦

というものをご覧になった事がありますか?

新馬戦とは文字通り、

デビューを迎えた馬達が走るレースの事です。

 

どんなスターホースであっても、

必ずデビュー戦を通ります。

その為、この新馬戦は

競馬ファンに非常に人気が有ります。

 

なぜなら、

未来のスターホースの初戦に、

立ち会えるかもしれないからです。

 

やがて成長して、ダービーを勝つ馬に・・・。

そういう馬を追いかけるのは、

競馬の至福の楽しみの一つであります。

 

ですが、

いざ、馬券の予想となると、

データ党には非常に難しいレース

になると言わざるを得ません。

 

なぜならこれは、

予想する為のファクターが

あまりにも限られているからです。

 

 

では、どのように予想すべきか。

ここではしくれならパドックを選択するでしょう。

 

はしくれ自身の調べでは、

はしくれの新馬戦でのパドックの勝率は、約5割です。

相馬眼が上達すればこの選択も可能でしょうが、

相馬眼の鍛錬には

それなりに時間がかかります。

 

また、競馬ライターは職業上、

締切に追われています。

 

直前までパドックを見て、

買い目を決定するのは不可能です。

個人的に観戦しているレースなら良いのですが、

新聞記者を始めとする多くの競馬予想のプロは、

データを使った競馬予想に頼らざるを得ないのが実状です。

実はこれが、馬券の急所になります。

 

ここからが本題です。

この方法は決して、新馬戦を狙う方法ではありません。

狙いはむしろその逆。

実績の有る馬が多い、

上位クラスのレースで威力を発揮する方法です。

それは例えば重賞レースでも構いません。

結論はこうです。

 

芝コースしか使って来なかった馬の、ダート(砂)コースの初戦

もしくはその逆の、

ダートしか使って来なかった馬の、芝の初戦

 

これを狙うという方法です。

簡単な方法ですが、

これは意外なほど好配当をもたらす事があります。

 

最近ではアウォーディー

芝→ダートのパターンで覚醒しましたが、

今でこそダートでは常に1~2番人気の同馬も

ダートの初戦では7番人気と

伏兵の評価に過ぎませんでした。

 

同馬がそうであったように、

こういったコース替わりの初戦から

人気が有るというのは稀です。

 

また、この初戦を知る為には

競馬新聞の馬柱の下方、

この赤枠で囲った部分を見れば

一発で解決できます。

(画像は、芝レースのものになります。)

 

 

競馬予想というものは、

実績や過去のデータから予想するのが定石です。

ですから、実績がない馬は敬遠される傾向が有ります。

競馬新聞の新馬戦が当たらないのには

こういった背景が有ります。

 

コース替わりは予想家にとって、

新馬戦みたいなものなのです。

ですからこれを逆手に取って、

馬券に組み込むのです。

 

また、馬にはコース適性がありますから、

芝馬の方が速いとか、

ダート馬の方が遅いとかは一概には言えません。

そういった固定概念を壊す意味も含めて、

この方法を紹介します。

 

それでは、

皆様の更なる馬券の収支改善を願って。

今回はこの辺で。

失礼致します。




的中に必要な感覚とは・・・?

 

皆さんこんにちは、はしくれです。

突然ですが皆さんは、

馬券を買うときにどんなスタイルで予想をしますか?

 

新聞派?

それとも、パドック派?

 

はしくれのように両方使う人もいれば、

JRAのホームページで出馬表を見て

名前や誕生日で馬券を買う方も、いらっしゃるかと思います。

 

ただ、

真剣に馬券の収支改善に取り組む私達にとって、

どんな形で取り組むにせよ

それで的中を目指すのが、競馬

でありましょう。

 

とはいえ、いくら真剣に予想をしたところで、

やみくもにやっていては、

的中は近づきません。

なにか少しでも的中を引き寄せる実感を得たいものです。

 

そこで、競馬で的中させる為に必要な感覚とは何なのか?

それは、どんなふうに自分と関わっているのか?

という事を、今回は突き詰めてみたいと思います。

 

 

競馬で的中を引き寄せる為の、ある一つの感覚・・・

 

競馬で的中を引き寄せる為には、

とても重要な感覚があります。

その感覚は何かというと、

「5感」の内の「触覚」です。

 

・・・・・・?

と思われた方もいらっしゃるかと思いますが、

はしくれは予想をするとき、

何よりもこれを重んじています。

 

「触覚」というのは、

言い換えるなら「手応え」です。

 

良く使われる言葉ですが、

この言葉の指すところは、

実際には何か・・・例えばりんごを手で掴んでいるのとは違う、

触れないものを触るイメージ

であるという事は、お分かり頂けると思います。

 

あくまでこの言葉の意味するところは、

実際に目では見えないもの・・・。

耳で聞けないものへ対する

「感覚」なのです。





それは例えば、

あの犬は僕が好きだな、とか

あいつとは馬が合わないな、とか

そういう事を感じる感覚と似ています。

 

これらは5感に入りませんが、

かといって6感とも言えません。

では一体何にあたるのか?

はしくれは考えました。

そして、出た答えがこれです。

ああ、これは・・・「触覚」だな、と。

 

 

これははしくれが、

競馬を長年続けてきたから持てた感覚ではありません。

 

なぜならこれは、

生まれつき持っている感覚

だからです。

 

はしくれは子育てをしているので良くわかるのですが、

子どもはまだ良く目が見えないときから、

何かを掴もうとしたり、

何かを触ってみようとするものです。

 

この暗闇で何かを掴もうとする感覚。

 

これこそが、

当たるかどうかも分からない予想の

精度を引き上げる感覚に繋がります。

 

ですから普段は敢えて意識する事がないのですが、

予想をする時には、

その予想が触覚的に正しいかどうか、

手応えがあるかどうか

という事をぜひ意識してやってみて下さい。

 

なにか当たりに触れているような感触

これを研ぎ澄ますのです。

そして、的中するときはこんな感じ、という経験を、

自分の中に増やすのです。

 

抽象的な話になってしまうのが残念ですが、

この感覚に具体感を持たせる為にも

触覚を意識してみて下さい。

 

新聞を使うにせよ、

パドックを使うにせよ、

馬券を選ぶ時でさえ

はしくれは確実に、この感覚に頼っています。

 

そして、生まれたての赤ん坊のように、

謙虚に、素直に手応えを探る事が、

競馬の収支改善に確実に役立ってきます。

 

これが育ってくれば、

当たらない気がしたのに買った、

当たりそうなのに見送った

というミスを確実に減らす事ができます。

 

まずは日常の中で

「自分が何を感じたか」

意識するところから始めて下さい。

 

その内なる感触が、的中と結びついている事を

必ずや実感できる時が訪れると

はしくれは信じています。